オーガナイゼーションのメンバーを管理する

 管理者ダッシュボード からオーガナイゼーション (OrG) のメンバーを一括して管理できます。

  • OrG の各ワークスペースへのアクセスを管理します。
  • メンバーを解除して、ワークスペースへのアクセス権を取り消します。
  • OrG レベルでメンバーの権限種別を変更します。
  • メンバーのプロフィールを確認・編集します。
  • SSO の再バインディングメールを送信します。 


オーガナイゼーションのメンバー種別を変更します。

OrG オーナーはメンバーに OrG 内のワークスペースの管理権限を付与できます。OrG レベルでメンバー種別を変更するには、次の手順に従ってください。

  1. Slack Enterprise Grid にサインインし、 Manage organization  (オーガナイゼーションの管理) をクリックします。
  2. 管理者ダッシュボードの   Organization  (オーガナイゼーション) ページにアクセスします。
  3. Members   (メンバー) をクリックします。
  4. メンバーを検索したら、メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  5.    (歯車のアイコン) をクリックして、Make Org Owner  (OrGのオーナーに任命) または  Make an Org Admin  (OrGの管理者に任命) を選択します。

注: Slack の各メンバー種別と権限の詳細をお読みください。


メンバーのアカウントを解除する

メンバーのアカウントを OrG レベルで無効にすると、そのメンバーがアクセスできるすべてのワークスペース上で有効な全セッションが即座に終了します。

メンバーの解除をするときは、以下 2 種類のオプションから選択します。

オーガナイゼーション自体へのアクセス権を取り消す

  1. Slack Enterprise Grid にサインインし、 Manage organization  (オーガナイゼーションの管理) をクリックします。
  2. 管理者ダッシュボードの   Organization (オーガナイゼーション) ページにアクセスします。
  3.  Members  (メンバー) をクリックし、解除するメンバーを検索します。
  4. メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  5.    (歯車のアイコン) をクリックして、 Disable  (無効にする) を選択して、アカウントを無効にします。   

特定のワークスペースへのアクセス権だけを取り消す

  1. Slack Enterprise Grid にサインインし、 Manage organization  (オーガナイゼーションの管理) をクリックします。
  2. 管理者ダッシュボードの   Organization (オーガナイゼーション) ページにアクセスします。
  3.  Members  (メンバー) をクリックして、設定を変更するメンバーを検索します。
  4. メンバーの名前にマウスポインターを重ね、   (歯車のアイコン) をクリックします。
  5. ワークスペースを管理する選択してください

 

SSO の再バインドメールを送信する 

管理者ダッシュボードから、選択したメンバーに SSO の再バインドをリクエストするメールを送信することができます。そのメンバーが OrG へまたアクセスするには、ID プロバイダと再認証を実行する必要があります。

  1. Slack Enterprise Grid にサインインし、 Manage organization  (オーガナイゼーションの管理) をクリックします。
  2. 管理者ダッシュボードの   Organization (オーガナイゼーション) ページにアクセスします。
  3.  Members  (メンバー) をクリックして、SSO の再バインドのリクエストメールを送信するメンバーを検索します。
  4. メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  5.    (歯車のアイコン) をクリックして、Send SSO Rebind Email  (SSO 再バインドメールを送信する) を選択します。

次のステップ

メンバーは Slack から、Enterprise Grid と  自分の SSO アカウントを連携させる  よう依頼するメールを受け取ります。メンバーは、メールにある  Authenticate your account  (アカウントを認証する) ボタンを押すだけで、再設定プロセスを開始することができます。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • OrG のオーナー管理者 がこの機能にアクセスすることができます。
  •  Slack エンタープライズプラン のチームでご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事