Enterprise Grid のメンバーを管理する

管理者ダッシュボードなら、成長を続けるオーガナイゼーションも、メンバーすべてを一か所から管理することができます。

管理者ダッシュボードの機能:

  • メンバーのプロフィールを確認・編集できます。
  • OrG レベルでメンバーの種別と権限を変更できます。
  • メンバーを解除して、ワークスペースへのアクセス権を取り消せます。
  • SSO の再バインディングメールを送信する

 

プロフィールの表示と編集

OrG のオーナーと管理者は Enterprise Grid OrG 内のどのメンバーのプロフィールでも編集できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3.    (オーガナイゼーション) から「メンバー」をクリックします。
  4. メンバーを検索したら、メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  5. 右上の「プロフィールを編集」をクリックして変更を加えます。
  6. 「変更を保存する」をクリックします。


メンバーの種別を変更する

OrG のオーナーと管理者は、他のメンバーを OrG レベルまたはワークスペースレベルでの管理者に任命することができます。

OrG レベル

ワークスペースレベル

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. (オーガナイゼーション) から 「メンバー」クリックします。
  4. メンバーを検索したら、メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  5.   (3 つのドットアイコン) をクリックして、「OrG のオーナーに任命する」または「OrG の管理者に任命する」をクリックします。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3.   (オーガナイゼーション) から「ワークスペース」をクリックします。
  4. ワークスペース名をクリックします。 
  5. 「メンバー」を選択します。
  6. メンバー名の横の  (3 つのドットアイコン) をクリックして、「ワークスペースのオーナーに任命する」または「ワークスペースの管理者に任命する」をクリックします。

注意 :  メンバー種別に関しての詳細は  Slack メンバーの種別と権限  を確認してください。


メンバーのアカウントを解除する

メンバーのアカウントを解除すると、そのメンバーはアクセス可能なすべてのワークスペースから完全にログアウトされます。 メンバーの削除は、オーガナイゼーション全体からも、一部のワークスペースからも行うことができます:

OrG から削除

ワークスペースから削除

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. (オーガナイゼーション) から 「メンバー」 をクリックします。
  4. 解除したいメンバーを見つけて、そのメンバーの名前の横にある (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  5.  「無効にする」を選択します。  
  6. 「はい、このアカウントを解除します」をクリックして確定します。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. (オーガナイゼーション) から 「メンバー」 をクリックします。
  4. 削除したいメンバーを見つけて、そのメンバーの名前の横にある (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  5. ワークスペースを管理する選択してください
  6. ワークスペースにマウスポインターを重ねて、「ワークスペースから削除する」をクリックします。

注意 : ワークスペースからメンバーを削除すると、そのメンバーはワークスペースにアクセスできなくなりますが、OrG では引き続きアクティブな状態となります。

 

SSO の再バインドメールを送信する 

メンバーのセッションが終了したら、SSO 再バインディングメールを送信できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 管理者ダッシュボードの   Organization (オーガナイゼーション) ページにアクセスします。
  4.  Members  (メンバー) をクリックして、SSO の再バインドのリクエストメールを送信するメンバーを検索します。
  5. メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  6.   (3 つのドットアイコン) をクリックして、「SSO の再バインドメールを送信する」を選択します。


メンバーは Slack から SSO アカウントを Slack Enterprise Grid に連係させるためのメールを受け取ります。このメールの 「アカウントを認証する」をクリックするだけで、連係プロセスが始まります。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • OrG オーナーOrG 管理者
  • Enterprise Grid プランで利用できます。

関連記事

最近チェックした記事