オーガナイゼーションのメンバー種別と権限

Slack Enterprise Grid では、全てのメンバーに オーガナイゼーションレベル  の種別が割り当てられます。

ワークスペース レベル では、チームメンバー全員が適切なレベルの権限を持ち、オーガナイゼーション (OrG) のデータへアクセスできるよう、メンバー種別をさらに細かく調整することができます。


メンバー種別の概要

  • オーガナイゼーションレベル
    OrG のオーナー、OrG の管理者、メンバー、マルチチャンネルゲスト、シングルチャンネルゲスト
  • ワークスペースレベル
    オーガナイゼーションのメンバーもワークスペースレベルではワークスペースの オーナーや管理者に任命されることが可能です。 

Tip :  IDP グループ と 個々のワークスペースをつなげる  ことによって、オーガナイゼーションのメンバーシップ管理をさらにスムーズにします。🌴

注意 : ワークスペースレベルでのメンバー種別と権限についてより詳しく確認したい場合は、ヘルプセンターの  Slack メンバーの種別と権限  ページを参照してください。

 

オーガナイゼーションポリシー

  OrG
オーナー
OrG
管理者

ワークスペース 
のオーナー

ワークスペースの管理者 Member
ユーザー名のガイドラインの設定   ✦    ✦    
名前/ユーザー名のガイドラインの設定  ✓   ✦  ✦   
ユーザーメンション機能に
@を使うよう設定
 ✓   ✦  ✦   
デフォルトの Do Not Disturb
時間を設定
 ✓   ✦  ✦   
メッセージのカスタム保存ポリシーを設定  ✓   ✦  ✦
ファイルのカスタム保存ポリシーを設定  ✓         
#general に投稿できるメンバーを設定  ✓   ✦  ✦
ユーザーグループの作成・編集  ✓   ✦  ✦
編集/削除のポリシーを設定  ✦  ✦  
ファイルの外部共有ポリシーを設定  ✦  ✦  
ゲートウェイのポリシーを選択 ✓   ✦  ✦  
共有チャンネルを作成する  ✓   ✦  ✦  ✦ 


セキュリティとアクセス

  OrG
オーナー
OrG
管理者
ワークスペースのオーナー ワークスペースの管理者 Member
シングルサインオンの設定 ✓       
ユーザー名/メールアドレスの変更をユーザーに許可する ✓       
強制 2要素認証を有効
にする
✓       


その他管理項目

  OrG
オーナー
OrG
管理者
ワークスペースのオーナー ワークスペースの管理者 Member
IDP グループとワークスペースを連携  ✓       
メンバーのプロフィールと権限の管理  ✓       
メンバーのアカウントの解除      
ドメインのホワイトリストを管理  ✓         
ワークスペースを新規作成する  ✓   ✓       
ワークスペース の検索とアクセスを設定する  ✓     
ワークスペース間でチャンネルを移動する  ✷ ✓   ✓   
共有チャンネルの作成権限を管理する  ✓  ✓       
名前/URL/アイコンの選択  ✓      
Slack コール機能を有効にする  ✓      
ワークスペースの分析 を閲覧する    ✓  ✦   ✦
カスタム絵文字とローディングメッセージの選択  ✓ ✦   ✦   ✦
Slackbot のレスポンスの
ポリシーを設定
 ✓  ✦     ✦     


✷ OrG のオーナー/管理者が許可した場合にだけ利用可能。
✦ OrG のオーナー/管理者がワークスペースのメンバーでもある場合にだけ利用可能。

関連記事

最近チェックした記事