Enterprise Grid に共有チャンネルを作成する

Enterprise Grid 共有チャンネルは、オーガナイゼーション内の独立して存在するワークスペースを連携させることができる機能です。異なるグループに所属するメンバーが共同で作業をする際に共有チャンネルを使えば、メンバーのコミュニケーションが一箇所にまとまることでよりシームレスに、より効率良くなります。共有チャンネルは、OrG 内でチームがいくつも分かれてしまっている大規模な組織にとって、強力な味方です!共有チャンネルはコミュニケーションの強力な味方です!💥

Enterprise を利用していない? スタンダードプランやプラスプランのワークスペースでは、共有チャンネルを活用して他の企業の Slack ワークスペースとコミュニケーションをとることができます。ワークスペースで共有チャンネル (ベータ版) を作成する方法をご覧ください。 


使い方

  • Enterprise Grid 共有チャンネル  は、OrG 内の複数のワークスペースが共同で利用することができます。チャンネルの作成者は、誰がアクセスできるかを設定します。特定のワークスペースに限定することもできますし、OrG 内の全てのワークスペースがアクセスできるように設定することもできます。
  • Enterprise Grid 共有チャンネルを  非公開  にして、アクセス権があるワークスペースだけで、内密に作業することもできます。

💡注意 :  OrG のオーナーと管理者は、 共有チャンネルの作成権限を管理する  のページもぜひご参照ください。

共有チャンネルを作成する

権限のあるメンバーのみが、共有チャンネルを作成することができます。

操作手順 :

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2. Shared channels  (共有チャンネル) を選択し、 New Shared Channel  (新しい共有チャンネル) をクリックします。
  3. このチャンネルにアクセスできるメンバーを選択します。 共有パブリックチャンネル にすると、オーガナイゼーションのメンバーなら誰でもアクセス可能になりますが、共有プライベートチャンネル にすると、招待されたメンバーのみにアクセスが限定されます。
  4. このチャンネルを共有する相手を選択します。オーガナイゼーション内の全ワークスペースと共有することも、特定のワークスペースとだけ共有することもできます。
  5. 共有チャンネルに名前をつけます。チャンネルの簡単な説明を付け加えることもできます。
  6. Create Shared Channel  (共有チャンネルを作成する) をクリックして終了します。

Tip :  チャンネルが複数のワークスペースで共有されている場合、そのチャンネル名の横に    (共有チャンネル) アイコン が表示されます。


既存のチャンネルを変換する

権限のあるメンバーだけが、既存のチャンネルを共有チャンネルに変換することができます。 ワークスペースの #general チャンネル以外のすべてのチャンネルを変換できます。

操作手順 :

  1.   (歯車のアイコン) をクリックして  「チャンネル設定」   メニューを開きます。
  2.  Additional options...  (その他のオプション) をクリックします。
  3.  Convert this channel to a shared channel  (このチャンネルを共有チャンネルに変換する) を選択します。
  4. この共有チャンネルにアクセスできるメンバーを決めます。他のメンバーからチャンネルの目的がわかりやすいように、チャンネル名を変更したり、チャンネルの目的を追加することもできます。
  5.  Convert to Shared Channel  (共有チャンネルに変換する) をクリックして終了です。


共有チャンネルからのワークスペースの削除

権限のあるメンバーのみが、ワークスペースの共有チャンネルへのアクセス権を変更することができます。

  1.   (歯車のアイコン) をクリックして  「チャンネル設定」   メニューを開きます。
  2. その他のオプションをクリックします。
  3. このチャンネルの共有設定を選択します。
  4. 共有チャンネルから削除したいワークスペースを選択します。
  5. 変更を確認をクリックします。
  6.  Save Changes  (変更を保存する) をクリックして終了です。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • OrG オーナーOrG 管理者 は、ゲスト以外のメンバーにアクセス権を付与できます。
  • Slack Enterprise Grid で利用できます。

アプリとボット :   アプリやカスタムボットの中には共有チャンネルで利用できないものがあります。詳しくは、私たちまでお問い合わせください。喜んで対応いたします! 

関連記事

最近チェックした記事