Enterprise Grid に共有チャンネルを作成する

共有チャンネルは、Enterprise Grid の OrG で複数のワークスペースをつなぐ橋渡し役となります。Slack での共同作業を必要とする社内外のさまざまなグループにとって最適なタイプのチャンネルといえます。 

Enterprise Grid 以外のユーザーでも、 共有チャンネル (ベータ版) を使用して、他社の Slack ワークスペースとつながることができます! 


基本を確認する

  • 権限の制限
    共有チャンネルの作成、管理、変換には、OrG のオーナーまたは管理者からの許可が必要となります。 
  • チャンネルの共有
    Enterprise Grid OrG では、#general チャンネル 以外のどのチャンネルでも他のワークスペースと共有することができます。共有チャンネルの名前の横には  (共有チャンネルアイコン) が表示されます。 
  • アクセスの管理
    チャンネルの作成者が、チャンネル共有時にアクセス可能なメンバーを決めます。アクセス可能な範囲は、「OrG 内のすべてのワークスペース」か「特定のワークスペースのみ」のいずれかから選びます。
  • 表示対象の管理
    共有チャンネルは、プライベートとパブリックのどちらに設定することも可能です。 パブリック共有チャンネル にすると、OrG 内のメンバーなら誰でもアクセス可能になりますが、 プライベート共有チャンネル にすると、招待されたメンバーのみにアクセスが制限されます。

注意 : アプリやカスタムボットの中には共有チャンネルで利用できないものがあります。詳しくは、私たちまでお問い合わせください。


共有チャンネルを作成する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「共有チャンネル」を選択し、「新しい共有チャンネル」をクリックします。
  3. 共有チャンネルをパブリックにするか、プライベートにするかを決定します。
  4. このチャンネルを共有する範囲を選択します。オーガナイゼーション内の全ワークスペースと共有することも、特定のワークスペースとだけ共有することもできます。
  5. 共有チャンネルに名前をつけます。チャンネルの目的について簡単な説明を付け加えることもできます。
  6. 「共有チャンネルを作成する」をクリックして完了します。 


既存のチャンネルを変換する

既存のチャンネルを共有すると、あなたが選択したワークスペースのメンバーなら誰でもこのチャンネルを検索・参加することができるようになります。どのチャンネル (#general 以外) も、OrG の他のワークスペースと共有することができます。

  1.  (歯車のアイコン) をクリックして「チャンネル設定」メニューを開きます。
  2.  Additional options...  (その他のオプション) をクリックします。
  3. 「このチャンネルを他のワークスペースと共有する」を選択します。
  4. チャンネルにアクセスできるメンバーを決め、「変更を確認」を選択します。
  5. 「変更を保存する」をクリックして終了です。


共有チャンネルへのアクセスを削除する

組織の変化にともない、特定の共有チャンネルにアクセスを必要とするメンバーの顔ぶれも時と共に変化することでしょう。権限のあるメンバーは、ワークスペースの共有チャンネルへのアクセス権を以下の手順で変更することができます : 

  1.  (歯車のアイコン) をクリックして「チャンネル設定」メニューを開きます。
  2. その他のオプションをクリックします。
  3.  「このチャンネルの共有設定」を選択します。
  4. 共有チャンネルから削除したいワークスペースを選択します。
  5. 変更を確認をクリックします。
  6.  Save Changes  (変更を保存する) をクリックして終了です。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • OrG オーナーOrG 管理者 は、ゲスト以外のメンバーにアクセス権を付与できます。
  • Slack Enterprise Grid で利用できます。

関連記事

最近チェックした記事