Enterprise Grid でマルチワークスペースチャンネルを作成する

マルチワークスペースチャンネルは、Enterprise Grid オーガナイゼーションで複数のワークスペースをつなぐ橋渡し役となります。Slack 内でチームの枠を超えたコラボレーションを実現するために最適なタイプのチャンネルといえます。以下では、OrG オーナーや管理者、これらのチャンネル作成の権限をもつメンバー向けにチャンネルの詳細を紹介しています。

注意 : アプリやカスタムボットの中にはマルチワークスペースチャンネルで利用できないものがあります。詳しくはこちらまでお問い合わせください


マルチワークスペースチャンネルを理解する

まずは、マルチワークスペースチャンネルの作り方と管理方法、権限について、その基本を説明していきます。

チャンネルの種類を理解する

  • マルチワークスペースチャンネルは、パブリックとプライベートのどちらに設定することも可能です。 
  • これらのチャンネルは OrG 全体に設定できるため、オーガナイゼーション内のすべてのメンバーが見つけることができるほか、すべてのユーザーのデフォルトチャネルに設定することもできます。

権限を設定する 

他のワークスペースにチャンネルを追加する

  • #general チャンネル を除き、どのチャンネルでも OrG 内の他のワークスペースに追加できます。
  • 他のワークスペースからでもアクセスできるチャンネルには、名前の横に  (リンクされた円のアイコン) が表示されます。

チャンネルへのアクセスを管理する

チャンネルの表示対象を管理する

  • マルチワークスペースチャンネルは、パブリックとプライベートのどちらに設定することも可能です。
  • パブリックに設定すると、OrG 内のメンバーなら誰でも共有チャンネルにアクセスできるようになります。
  • プライベートに設定すると、その共有チャンネルに追加したメンバーのみがアクセスできるようになります。


マルチワークスペースチャンネルを作成する

Step 1 : 共有チャンネルにするチャンネルを選ぶ、またはチャンネルを新規作成する

  1. デスクトップで Slack を開きます。
  2. 既存のチャンネルに移動するか新しいチャンネルを作成します。


Step 2 : 他のワークスペースにチャンネルを追加する

  1.  (歯車のアイコン) をクリックして「チャンネル設定」メニューを開きます。
  2. 「その他のオプション」をクリックします。
  3. 「他のワークスペースに追加する」を選択します。
  4. チャンネルにアクセスできるメンバーを決め、「変更を確認」を選択します。
  5. 「変更を保存する」をクリックして終了です。


マルチワークスペースチャンネルへのアクセスを削除する

マルチワークスペースチャンネルを利用できるワークスペースを変更するには、以下の手順に従います。

  1.  (歯車のアイコン) をクリックして「チャンネル設定」メニューを開きます。
  2. 「その他のオプション」をクリックします。
  3. 「他のワークスペースに追加する」を選択します。
  4. チャンネルへのアクセスを削除したいワークスペースを選択します。
  5. 変更を確認をクリックします。
  6. 「変更を保存する」を選択して終了します。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • OrG オーナーOrG 管理者、場合によってはメンバー
  • Enterprise Grid プランで利用できます。

関連記事

最近チェックした記事