IDP グループとワークスペースを連携

もし ID プロバイダ (IDP) 上で作成したグループを Enterprise Grid に既に同期させている場合は、管理者ダッシュボードにそれらが表示されます。そこから、IDP 上のグループとオーガナイゼーション内のワークスペースを連携させておけば、プロビジョニングがとてもスムーズになります!

より大きなスケールで Slack を管理するメリット

  • IDP で、グループのメンバーを追加・削除した際に、オーガナイゼーション上のそのグループの全てのデフォルトワークスペースの情報が自動的に更新されます。 
  • IDP グループとオーガナイゼーションのワークスペースの連携が切断されると、そのグループの全メンバーのアクセス権が即座に無効になります。 


IDP グループを連携させる

  1. Slack Enterprise Grid にサインインし、 Manage organization (オーガナイゼーションの管理) をクリックします。
  2. 管理者ダッシュボードの    Organization  (オーガナイゼーション) ページにアクセスします。
  3. Workspaces (ワークスペース) をクリックして、編集するワークスペースを探します。
  4. ワークスペースの名前をクリックします。
  5.  IDP Groups  (IDP グループ) をクリックして、Connect IDP Groups (IDP グループを連携させる) をクリックします。
  6. グループを検索したら、 ワークスペースと連携させる をクリックします。複数のグループを選択して一度に追加することもできますし、1グループずつ追加することもできます。
  7.  「このグループの自動プロビジョニングを有効にする」 をクリックして自動プロビジョニングを有効化することができます。この設定により、IDP グループにメンバーが追加または削除されるたびに、対象のメンバーがワークスペースへ自動で追加または削除されるようになります。
  8. 最後に、 「ワークスペースと連携させる」をクリックします。

Tip : 既存のグループに対して自動プロビジョニングを有効にする場合には、対象のグループの右の
 (その他) アイコンをクリックし、その後 「自動プロビジョニングを有効にする」を選択します。


IDP グループとの連携を切断する

  1. Slack Enterprise Grid にサインインし、 Manage organization (オーガナイゼーションの管理) をクリックします。
  2. 管理者ダッシュボードの    Organization  (オーガナイゼーション) ページにアクセスします。
  3. 「ワークスペース」 をクリックして、編集するワークスペースを探します。 
  4. ワークスペースの名前をクリックします。
  5.  IDP Groups (IDP グループ) をクリックして、連携を切断したい IDP グループにマウスポインターを重ねます。
  6. 右側の   (歯車のアイコン) をクリックして、Disconnect from Workspace (ワークスペースから削除する) を選択します。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • オーガナイゼーションのオーナー管理者 がこの機能にアクセスすることができます。
  •  Slack エンタープライズプラン のチームでご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事