Enterprise Grid のワークスペース間でチャンネルを移動する

Enterprise Grid の OrG では、変化や成長に応じて OrG のオーナー/管理者やワークスペースのオーナー/管理者がチャンネルをワークスペース間で移動することができます。大きなワークスペースを分割したり、チャンネルを適切なワークスペースに転属させる時などに便利です。 


Discovery API のしくみ

チャンネルを移動すると、そのチャンネルにあるメッセージ (スレッドや絵文字リアクション含む)、ファイル、ピン留めアイテム、カスタム保存ポリシー、チャンネルのトピックや目的を含むすべてが Slack によって自動的に移動されます。移動を始める前に、次の詳細を確認してください。


チャンネルを移動できるメンバー

  • OrG のオーナーと管理者は、チャンネルを任意のワークスペースに移動できます。ただし、チャンネルの元のワークスペースの管理者権限も持っている必要があります。 
  • ワークスペースのオーナーと管理者は、チャンネルの移動元と移動先のワークスペースの管理者権限を持っている必要があります。


注意点

  • アプリやカスタムボット
    アプリやカスタムボットは、チャンネルを移動後に再度インストールしなければなりませんのでご注意ください。ですが、チャンネルにリストが投稿されるので、そこから、メンバーは再設定が必要なアイテムを簡単に確認することができます。
  • チャンネルの参加メンバーとアクセス
    もしそのチャンネルのメンバーが移動先のワークスペースにまだ参加していない場合は、 チャンネルへアクセスすることができなくなります。混乱を避けるためにも、チャンネルを移動する前に、そのチャンネルに参加するメンバーとゲストを 必ず新しいワークスペースに追加しておくようにしてください。
  • プライベートチャンネル 
    プライベートチャンネルも移動が可能ということは、ワークスペースのオーナーは、そのチャンネルに参加するメンバーでなくても、それを検索して見つけることが可能ということになります。ですが、そのプライベートチャンネルのコンテンツや参加メンバーを確認することはできませんのでご安心ください。

注意 : プライベートチャンネルは、チャンネル名と検索キーワードが完全に一致した場合のみ、検索結果に表示されます。そのため、プライベートチャンネルを別のワークスペースに移動する場合は、正しいチャンネル名を必ず確認してください。


他のワークスペース にチャンネルを移動する

OrG 内でチャンネルを別のワークスペースに移動するには、チャンネルを手動で選択する方法とリストをアップロードする方法があります。
 

チャンネルをマニュアルで選択

チャンネルリストをアップロード

  1.  Move Channels (チャンネルを移動する) のページ: my.slack.com/admin/channels にアクセスします。
  2. チャンネル名の左側にあるチェックボックスをクリックして、チャンネルを選択します。
  3.  Show selected (選択したアイテムを確認する) をクリックして、選択したチャンネルに間違いなければ、 Move to… (移動先を選択) をクリックします。
  4. ワークスペースをクリックしてチャンネルの移動先を選択します。
  5. 選択を確認します。変更が必要な場合は、   (キャンセルアイコン) をクリックします。
  6.  Confirm Move (移動する) をクリックすると、再度、移動を確認するメッセージが表示されるので、それを承認して終了します。 

移動が完了したら通知でお知らせします。 🚚
  1.  Move Channels (チャンネルを移動する) のページ: my.slack.com/admin/channels にアクセスします。
  2.  Select from CSV (CSVから選択) をクリックします。
  3. 「テンプレートをダウンロード」をクリックし、表示される手順に従います。 「チャンネルの一覧をダウンロード」 を選択して、ワークスペースのすべてのパブリックチャンネルを確認することもできます (プライベートチャンネルと共有チャンネルは対象に含まれません)。 
  4. CSV ファイルをドラッグ&ドロップするか、またはコンピューターからファイルを選択して、移動したいチャンネルのリストをアップロードします。
  5.  Show selected (選択したアイテムを確認する) をクリックして、選択したチャンネルに間違いなければ、 Move to… (移動先を選択) をクリックします。
  6. 選択を確認します。変更が必要な場合は、   (キャンセルアイコン) をクリックします。
  7.  Confirm Move (移動する) をクリックすると、再度、移動を確認するメッセージが表示されるので、それを承認して終了します。 

移動が完了したら通知でお知らせします。 🚚

注意 : 共有チャンネルや #general チャンネルは移動できません。


移行後に予想されること

OrG 内でチャンネルを移動しても、メンバーはシームレスにチャンネルを使い続けることができます。チャンネルの移動については、Slackbot がチャンネルのメンバーに送るダイレクトメッセージで次の追加情報を伝えます。

  • チャンネルがどのワークスペースに移動したか (非公開のワークスペース名を除く)。
  • 移動を行った管理者が追加した情報 (ワークスペースへのアクセスが必要になった時に誰に連絡すればいいか、など)。 
誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー/管理者と OrG のオーナー/管理者 
  • Enterprise Grid プランで利用できます。

関連記事

最近チェックした記事