メッセージのハイライト

Slack で 全未読 (All Unreads) 表示をオンにしている場合、ハイライト機能も同時に有効になるため、未読が大量にある場合でも探している情報が見つけやすくなります。

全未読 表示画面でも大事な会話を見逃さず、チャンネル内の重要なメッセージをあっという間に発見できちゃう!そんなハイライト機能を簡単に説明すると :

  • 全未読表示をオンにしている場合、自分用にパーソナライズされたメッセージのハイライトを確認できます。💡
  • 各ハイライトは自分だけのもので、自分が定期的に交流しているメンバー、チャンネル、アプリなどの情報に基づいて最適化されたものです。
  • 今後ハイライトされる内容をより良くしたい場合は、ハイライトがあなたのニーズにピッタリ合っている/合っていない時に、都度フィードバックを残すことで、この機能がその情報を基に改善されていきます。


全未読画面でのハイライト機能について

全未読 (AllUnreads) 表示画面で、ハイライトメッセージのトップ10がまとめて表示されます。ハイライトは一日を通して 10 分ごとにリフレッシュされ、スターしたアイテムを先頭に重要度の高さ順に表示されます。 

allunreads.png

フィードバックを残すには、右下の (OK) アイコンまたは (NG) アイコンをクリックしてください。サマリーからそのフィードバックを削除するには、 Dismiss (解除) をクリックしてください。

メモ :  メッセージのハイライトを確認するには、全未読機能をオンにしておく必要があります。詳しくは、「全ての未読メッセージを確認する」のページを参照してください。  


チャンネル内のハイライト

チャンネルのメッセージ履歴をスクロールすると、ハイライトは淡い黄色でマークされ、目につきやすくなっています。 

Screen_Shot_2017-06-12_at_8.38.38_PM.png

この機能のフィードバックを送りたい?ハイライトされたメッセージにマウスポインタ―を重ねると、短いアンケートが表示されます。  (OK)  または   (NG)  アイコンをクリックして、あなたにとって重要な事は何かを Slack が把握できるようご協力ください!

Screen_Shot_2017-06-12_at_11.14.27_AM.png

Tip : ハイライトは、見逃してしまった、まだ読んでいない内容のある チャンネルでのみ表示されます。既に読み終えたチャンネルでは、メッセージはハイライトされません。

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • すべてのメンバー が この機能にアクセスできます。 
  •  有料プラン のチームでご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事