Slack エンタープライズモビリティ管理のインストール

エンタープライズモビリティ管理 (EMM) — 別名モバイルデバイス管理 (MDM) — を使えば、組織の会社のアプリ、ネットワーク、デバイスの使用状況やモバイル機器からのアクセス状況のコントロールがしやすくなります。

あなたの会社でオーガナイゼーションのモバイルセキュリティ設定がオンにされている場合には、Slack Enterprise Grid のワークスペースへアクセスできるのは承認済のモバイル機器のみとなります。

 

お使いのデバイスのモバイルセキュリティ

あなたの会社で最近モバイルセキュリティをオンにされた場合、デバイスでの Slack エンタープライズモビリティ管理 (Slack for EMM) 設定方法の詳細を記載したメールと Slackbot メッセージが送信されます。

OS システム 要件 Slack for EMM (Slack エンタープライズモビリティ管理) の使用方法
iOS iOS 9 以降  Slack for EMM (Slack エンタープライズモビリティ管理) アプリをお使いのモバイルセキュリティプロバイダーのマーケットプレイスからインストールします。
Android Android 4.1 以降 仕事用プロファイルをオンにし、Slack for Android アプリを使用します。

* Slack for EMM (Slack エンタープライズモビリティ管理)は Windows Phone では使用できません。


メンバーへの影響

上記のセクションの手順に従うと、メンバーは 中断なしにワークスペースでの作業を続けることができます。 上記の手順を行わない場合には、 メンバーは 72時間以内に Slack for EMM を設定する必要があります。設定しない場合には、モバイル機器から自動でログアウト されます。

モバイル機器からロックアウトされましたか?もしそうなっても、ご心配なく!すぐに元の状態に戻り作業を再開できるよう手助けいたします。ご連絡ください! 😀

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • この機能はメンバー とゲスト を対象とすることができます。 
  • Slack Enterprise Grid で使用できます。

関連記事

最近チェックした記事