Slack 向け OneDrive

ファイルをクラウド上でホスト・管理するのに、Microsoft の OneDrive を使っている人は、Slack のためのアプリも試してみましょう。ファイルの作成、共有、検索をワークスペースで直接できるようになります。

アプリを始めるには

  • Slack メンバー 1 人あたり OneDrive アカウント 1 つが使えます。
  • Slack のための OneDrive アプリが使えるのは、Office 365 (SharePoint Online、OneDrive for Business、Office 365 Enterprise) とエンタープライズ以外の Microsoft アカウント (OneDrive、OneDrive Basic) です。
  • 現時点ではオンプレミスの SharePoint インストールや Microsoft National Cloud 環境でホストしている Office 365 プランには対応していません。これには Office 365 U.S. Government、Office 365 Germany、中国の 21Vianet が運営する Office 365 が含まれます。 


OneDrive を Slack に連携させる

OneDrive アプリを使うには、ワークスペースのメンバー全員がこのアプリを Slack に連携させる必要があります。これには次の 2 つの方法があります。

リンクを共有する

Slack App ディレクトリ

OneDrive のリンクを Slack で共有する

  1. メッセージフィールドに共有するファイルへのリンクをペーストし、Enter を押して送信します。
  2. ファイルの読み取りとインポートの許可を求めるメッセージが Slackbot からあなただけに表示されます。「はい」をクリックすると、次回からこの手順をスキップできます。
  3. Slack にファイルの読み取り権限を許可すると、ファイルの内容がプレビューに表示されます。
    unfurls_2x.png

Slack の App ディレクトリからアプリをインストールする

今すぐ共有したいファイルがなくても、OneDrive アプリを Slack に連携させることができます。手順は次のとおりです。 

  1. Slack の App ディレクトリから OneDrive のページにアクセスします。
  2.  Install  をクリックします。
  3. OneDrive のアカウントを認証する をクリックします。
  4. OneDrive にサインインして、 Accept (承認する) をクリックして Slack との連携を認証します。

ファイルを共有する準備ができたら、次のいずれか 1 つを行います。

  • Slack にファイルを直接ドラッグ&ドロップする
  • メッセージフィールドにファイルへのリンクをコピー&ペーストする
  • メッセージフィールドの横にある (プラス アイコン) をクリックしてアップロードする


OneDrive からファイルを共有する

  1. デスクトップで、チャンネルまたはダイレクトメッセージのメッセージフィールドの左側にある   (プラスアイコン) をクリックします。
  2. 「ファイルを選択…」の下の「クラウドサービス」にマウスポインターを重ね、「OneDrive」をクリックします。
  3. インポートするファイルを選択し、「選択」をクリックして共有します。

    メッセージを送信するとリンクしたファイルは展開され、ファイルの種類と元の場所が表示されます。

注: インポートされたファイルは Slack で検索可能になりますが、ワークスペースには保存されません (つまり、ストレージ領域を消費しません)。これらのファイルはずっと OneDrive 内にあります。

関連記事

最近チェックした記事