フリープランでのメッセージ、ファイルストレージとアプリの制限

Slack のフリープランは、メンバーを好きなだけ追加し、期限なしで使い続けることができますが、以下のいくつかの制限もあります。

  • メッセージの表示 — 閲覧と検索の範囲が、直近のメッセージ10,000件に制限されます。
  • ファイルストレージ
    ワークスペースのファイルストレージ上限である 5GB に達すると、新しいファイルのアップロード時に古いファイルがアーカイブされるようになります。
  • アプリ
    フリープランのワークスペースで利用できるサードパーティ製アプリやカスタムアプリの数は最大10 件となります。

Tip : 有料プランへアップグレードすると、メッセージ、ファイルストレージ、アプリの上限がなくなります。有料プランについての詳細はこちらを参照してください。

注意 : 削除されたメッセージやファイルはこれら上限に対してカウントされません。

 

メッセージの表示制限

Slack では、メンバーは制限なしにメッセージを送信することができますが、そのうち検索・閲覧できるのは直近のメッセージ10,000件のみとなります。

ワークスペースがメッセージの表示制限を超えてしまっても、大丈夫!メンバーは引き続きメッセージを送信できます。ただし、古いメッセージはアーカイブされます。ワークスペースを有料プランへアップグレードすると、アーカイブされたメッセージは再びすべて利用できるようになります。


「メッセージ」とは?

メッセージフィールドに入力され送信されたものを、1つのメッセージとして数えます。単語1つだけのメッセージ (あるいは絵文字1つだけ) も、500語が含まれ、段落もたくさんあるようなメッセージも同様に1つのメッセージとしてカウントされます。

リンク、ポスト、アップロードしたファイル、スレッドの返信、アーカイブしたチャンネルのメッセージ、ボットユーザーからのメッセージも、ワークスペースの合計送信済みメッセージ数に加算されます。

 

ファイルのストレージ容量制限

フリープランのワークスペースのファイルストレージ上限は 5 GBです。PDF、ドキュメント、画像、スクリーンショット、音声や動画ファイルなど、ダイレクトメッセージ、チャンネルやダイレクトメッセージにアップロードした内容はすべて この上限に対してカウントされます。

ワークスペースのストレージ上限に達した場合でも、引き続きファイルをアップロードすることはできますが、新しいファイルがアップロードできるよう、古いファイルがアーカイブされるようになります。アーカイブされたファイルは、チャンネルやダイレクトメッセージ、検索結果に表示されなくなります。

有料プランへアップグレードすれば、メッセージと同様に、アーカイブされたファイルもすぐに再び利用できるようになります。 アップグレード後のファイルストレージ上限は、ワークスペースのメンバー合計人数 (マルチチャンネルゲストを含む) により、以下のように決定されます。

  • スタンダードプラン — メンバー 1 人につき最大 10GB まで
  • プラスプラン — メンバー1人につき最大 20GB まで

注意 : アプリ(Google Drive や Dropbox など) 経由で共有されたファイルはこれらのファイルストレージ上限に対してカウントされません。

関連記事

最近チェックした記事