オーガナイゼーションへのワークスペース移行ガイド

社内の業務ですでに Slack を利用している場合は、お使いの Enterprise Grid にワークスペースを移すことができます。実際に移行させる際には、Slack のソリューションエンジニアがお手伝いをさせていただきますが、移行に関しての全体のイメージをつかんでいただけるよう、以下にポイントをまとめました。 

移行の準備

アカウントとアクセス権

メンバーのアカウントを見直して、メンバーが必要とするアクセスにはどのようなものがあるかをチェックします :

  • コネクターへのアクセス
    Slack ワークスペースの全メンバーが、ID プロバイダ (IDP) の Slack Enterprise Grid コネクターにアクセスできるようにします。
  • メールアドレス
    メールエイリアスの使用をメンバーに許可している場合は、移行中、メールアドレスが一致せず、アカウントが重複して作成されます。アカウントの照合用に、メンバーリストを .CSV 形式で メンバーページ (my.slack.com/admin) からダウンロードします。
  • メンバー種別と権限
    移行後も、各メンバーが適切なレベルでオーガナイゼーション (OrG) にアクセスできるようにします。その際、以下の点を考慮します :
    • OrG 内で、ひとりのメンバーに対して同時に複数の種別を割り当てることはできません。(1メンバー・1種別)  
    • ワークスペースから移行されたゲストメンバーには、通常、OrG 内でもゲストアカウントが割り当てられます。

注意 :  Slack ヘルプセンターの  OrG のメンバー種別と権限  のページから詳細を確認できます。


移行に関する設定

担当のソリューション エンジニアが、あなたのオーガナイゼーションにとって最適な設定を選ぶお手伝いをします :  
  • アカウントのプロビジョニングを OFF にする
    これにより、後でコネクタを無効にした際に、アカウントのプロビジョニングが解除されてしまうことを防ぎます。
  • メンバーのアクセスと認証
    移行プロセスの完了時に全メンバーが自動的にサインアウトするよう選択すると、メンバーが OrG内の自分のチームのワークスペースにアクセスする際に、シングルサインオンでのサインインが必要となります。
  • カスタムプロフィール項目の取り扱いを以下から選択してください :
    • チームのカスタムプロフィール項目をそのまま移行し、OrG のプロフィールにない項目は、新しくカスタムフィールドを作成して対応する。
    • ワークスペースと OrG のプロフィールで共通しているカスタムプロフィール項目のみ移行する。この場合、OrG のプロフィールに新しいカスタムフィールドは作成されません。
    • ワークスペースのカスタムプロフィール項目はいずれも移行しない。
  • 移行に関する通知方法を決める
    メール送信、Slackbot 通知、または両方の方法を使って、ワークスペースが OrG に加わったことをメンバーに知らせます。


移行中に関して

ワークスペースをオーガナイゼーションに移行する前に、ワークスペースのプライマリーオーナーから承認を得る必要があります。Slack からのメールまたは Slackbot からのメッセージによってリクエストが送信され、承認が確認され次第、移行プロセスが開始されます。次の点に留意してください。

  • 移行中、メンバーはワークスペースにアクセスできません
  • 大規模ワークススペースの場合、移行に数時間かかることがあります。混乱を避けるためにも、移行について十分周知しておいてください。

移行が終了すると、チームメンバー全員に対し、チームのワークスペースが オーガナイゼーションへ追加されたことを知らせるメールもしくは Slackbot 通知が届きます。

これで、移行完了です! 


移行後に予想されること

Enterprise オーガナイゼーションへの移行は非常にシームレスに行われます。ワークスペースが OrG に加わった後、メンバーは次のことを期待できます。

  • チャンネルと DM 履歴
    メンバーは、チャンネル、ダイレクトメッセージ (DM) の履歴、ファイル、アプリ、ボット、カスタム絵文字にアクセスできます。さらに、複数のワークスペースの同じチームメートによる DM の会話が1つにまとまるので大変便利です。

  • プロフィール
    OrG に移行するワークスペースに複数に参加していたメンバーのアカウントは、移行プロセス中、メールアドレスに基づいて1つに統合されます。 OrG に移行した最初のワークスペースのプロフィール情報が使用されますが、プロフィールは後からいつでも更新できます。

  • ユーザー名
    もし同じユーザー名が OrG の他のメンバーによって既に使われている場合、固有の番号 (例: @sara-007) がユーザー名の最後に追加されます。OrG のユーザー名に関するガイドラインによって変更が制限されていなければ、メンバーは他の名前へ変更することができます。そうでなければ、ユーザー名は IDP から引き出された情報をもって、プロビジョニングにより更新されます。

  • ワークスペースの設定
    OrG の設定とポリシーは個人のワークスペースの設定より優先されますが、ワークスペースのオーナー/管理者はポリシーと設定をさらに見直し、変更することができます。ヘルプセンターでは、オーガナイゼーションでの役割と権限について詳しく説明しています。

  • サインイン
    各ワークスペースのサインインページから、オーガナイゼーションのサインインページに切り替わります。
    • メンバー は IDP のコネクタを使ってサインインできます。
    • これまでシングルサインオンが必要なかったゲストの場合、オーガナイゼーションへの移行前にワークスペースへのアクセスに利用していたメールアドレスとパスワードをそのまま使って、引き続きサインインすることができます。

こんにちは! チームのワークスペースをオーガナイゼーションへ移行させることに関して、何かご質問がありましたら 私たちまでお気軽にご連絡ください。👋 

関連記事

最近チェックした記事