Enterprise Grid へワークスペースを移行する

このガイドでは、Enterprise Grid OrG へワークスペースを移動する方法を解説していきます。引っ越しは苦手?ご心配なく!カスタマーサクセスマネジャー (CSM) が移行をサポートします。✨

 

準備方法

👤 アカウントとアクセス権

まず最初に、メンバーのアカウントを確認し、OrG 内でそれぞれに必要となるアクセスのタイプを以下から検討します: 

  • コネクタへのアクセス
    チームメンバー全員が、ID プロバイダ (IDP) の Enterprise Grid コネクタへアクセスできるようにします。 
  • メールアドレスを確認する
    Slack は、メールアドレスに基づきメンバーのアカウントを一致させています。メンバーがメールエイリアスを使用する場合には、アカウントが一致せず、重複するアカウントが作成されます。メールアドレスを確認するには、.CSV 形式のリストを メンバーページ (my.slack.com/admin) からダウンロードしてください。
  • メンバーの種別と権限
    各メンバーが適切なレベルでアクセスできるよう、OrG への移行前に設定します。メンバーに一度に割り当てられるメンバー種別は1つだけですので注意しましょう。また、ゲストアカウントについても検討します。(OrG 内でゲストアカウントを割り当てるべきかどうか?など。)  

⚙⚙️設定と環境設定

次に、担当の CSM が、オーガナイゼーションに最適な設定を選ぶお手伝いをします : 

  • アカウントのプロビジョニング
    アカウントのプロビジョニングをオフにすると、後でコネクタを無効にした際に、アカウントのプロビジョニングが解除されてしまうことを防ぎます。 
  • メンバーのアクセス
    移行プロセスの完了時に全メンバーがサインアウトするよう選択すると、メンバーが OrG にアクセスする際に、シングルサインオン (SSO) でのサインインが必要となります。 
  • カスタムプロフィールフィールド
    カスタムプロフィールフィールドの取り扱い方法を決めます。以下の3つのオプションがあります : 
    • ワークスペースのカスタムフィールドをそのまま移行し、OrG のプロフィールにないフィールドは、新しくカスタムフィールドを作成して対応する。
    • ワークスペースと OrG のプロフィールで共通しているカスタムフィールドを移行する。この場合、OrG のプロフィールに新しいカスタムフィールドは作成されません。 
    • ワークスペースのカスタムフィールドを OrG に移行しない。 


移行開始にあたっての注意点

移行を開始する前に、ワークスペースのプライマリーオーナーからの承認が必要となります。Slack からプライマリーオーナーに対して承認をリクエストするメールと Slackbot メッセージが送信されます。承認されたら、移行を開始することができます。 

その際、ワークスペースのメンバーは以下の点を考慮する必要があります : 

  • 移行中には、ワークスペースが一時的に利用できない旨を知らせるメッセージがワークスペースのメンバーに表示されます。ワークスペースのオーナーと管理者に限り、 「移行ステータスを確認する」をクリックして移行の完了スケジュールを閲覧することができます。 
  • 規模の大きいワークススペースの場合、移行に数時間かかることがあります。混乱を避けるためにも、移行についてメンバーに事前に知らせておいてください。
  • ワークスペースが OrG に移行した時点で、メンバーにはメールと Slackbot メッセージによる通知が届きます。


⏳アクティブ状態または予定されている移行を表示する

OrG オーナーと OrG 管理者は、OrG の管理者ダッシュボードでアクティブ状態または予定されている移行を閲覧することができます。手順は以下の通りです : 

  1. Slack Enterprise Grid にサインインし、 Manage organization  (オーガナイゼーションの管理) をクリックします。
  2.  「オーガナイゼーション」 >  「移行」の順にクリックします。
  3. 内容を表示したい移行にマウスポインターを重ね、「移行ステータスを確認する」をクリックして詳細を表示します。 


移行の完了後

🌻 メンバーへの影響

Enterprise Grid OrG への移行プロセスは、ワークスペースのメンバーにとってシームレスなものです。移行後には以下のような変更があります : 

  • メッセージ履歴、ファイル、アプリ、絵文字
    メンバーは、チャンネル、ダイレクトメッセージ (DM) の履歴、ファイル、アプリ、ボット、カスタム絵文字へアクセスできるようになります。複数のワークスペースのダイレクトメッセージがひとつに統合されます。
  • プロフィール
    移行プロセス中に、メンバーのプロフィールの詳細はメールアドレスに基づいて統合されます。OrG に最初に移行されたワークスペースのプロフィール詳細が使用されます。移行後に、メンバーはいつでも プロフィールを 更新 することができます。
  • ワークスペースの設定
    OrG の設定とポリシーはワークスペースの設定より優先されますが、ワークスペースのオーナー/管理者は移行後にポリシーと設定を見直し、変更することができます。詳しくは、オーガナイゼーションの種別と権限ページを参照してください。
  • ワークスペースへのアクセス
    デフォルトの設定では、移行されたワークスペースについては ワークスペースへのアクセス設定 は「リクエスト制」となっています。OrG の全メンバーが ワークスペースを見つける ことができますが、参加するためにはまず招待が必要となります。
  • メンバーのアクセス
    以前のワークスペースの URL は OrG のサインインページにリダイレクトするようになります。
    • メンバーは IDP のコネクタを使ってサインインできます。 
    • ゲストは SSO を使ってサインインできます。もしくは、メールアドレスとパスワードを使ってワークスペースにサインインすることもできます。
このガイドの対象
  • OrG オーナー は、Slack のカスタマーサクセスマネージャーの協力のもと、ワークスペースを Enterprise Grid OrG へ移行することができます。
  •  Enterprise Grid プランで利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事