参加・退出メッセージを管理する

Slack では、誰がチャンネルに参加・退出したかを他のメンバーに知らせるためにメッセージが表示されるようになっています。

join_or_leave.png


参加・退出メッセージの仕組み

デフォルトの設定では、参加・退出メッセージは全てチャンネルに表示されます。このメッセージは、Slack で共同作業している小さなグループにとっては便利な機能ですが、大規模なグループでは少しうるさく感じられるかもしれないので、非表示にしておく方が良いかもしれません。ワークスペースのオーナーがこの機能をオフにすると、メッセージの表示/非表示が以下のようになります:

👀  メッセージが表示される場合  

  • ユーザーがパブリック/プライベートチャンネルに招待された時 
  • メンバーの誰かがプライベートチャンネルから退出した時

🙈 メッセージは表示されません

  • 誰かがメンバー数が20人以上のパブリックチャンネルに参加した時 
  • メンバーの誰かがパブリックチャンネルから退出した時 


環境設定を管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 「参加・退出メッセージ」項目までスクロールダウンしたら 「開く」をクリックします
  4. 「メンバーがチャンネルに参加したり退出した際に、メッセージを表示する」の横のボックスにチェックを付けるか外します。 
  5. 「保存」 をクリックします

注意 : Enterprise Grid プランでは、環境設定を選択することができません。デフォルトの設定が OrG のすべてのワークスペースに適用されます。 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー管理者のみがこの機能にアクセスすることができます。
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事