参加・退出メッセージを管理する

Slack では、誰がチャンネルに参加・退出したかを他のメンバーに知らせるためにメッセージが表示されるようになっています。 

join_or_leave


参加・退出メッセージの仕組み

デフォルトの設定では、参加・退出メッセージは全てチャンネルに表示されます。このメッセージは、Slack で共同作業している小さなグループにとっては便利な機能ですが、大規模なグループでは少しうるさく感じられるかもしれないので、非表示にしておく方が良いかもしれません。ワークスペースのオーナーがこの機能をオフにすると、メッセージの表示/非表示が以下のようになります:

👀  メッセージが表示される場合  

  • ユーザーがパブリック/プライベートチャンネルに招待された時 
  • メンバーの誰かがプライベートチャンネルから退出した時

🙈 メッセージは表示されません

  • 誰かがメンバー数が20人以上のパブリックチャンネルに参加した時 
  • メンバーの誰かがパブリックチャンネルから退出した時 


設定を変更する

メッセージを 非表示

全てのメッセージを表示

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
    workspace_menu
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 「参加・退出メッセージ」項目までスクロールダウンしたら 「開く」をクリックします
  4. メンバーがチャンネルに参加したり退出した際に、メッセージを表示する」のチェックを外します。 
  5. 「保存」 をクリックします
  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
    workspace_menu
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 「参加・退出メッセージ」項目まで スクロールダウンしたら「開く」をクリックします
  4. メンバーがチャンネルに参加したり退出した際に、メッセージを表示する」にチェックを入れます。 
  5. 「保存」 をクリックして終了です。

注意 : Slack Enterprise Grid をご利用の場合は、参加・退出メッセージは表示されません。これは、大規模なグループでは、このメッセージが表示されすぎて集中の妨げとなってしまう可能性があるからです。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー管理者のみがこの機能にアクセスすることができます。
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事