プラン・製品・機能

どの Slack プランが自分のチームに合っているかが分からない場合は、こちらのページをぜひ参考にしてみてください。ここでは、Slack for Teams (チーム用 Slack) で利用可能な機能について紹介しています。これよりも大規模なレベルをご希望の場合は、Slack Enterprise Grid をチェックしてみて下さい。

 

チーム用 Slack

Slack for Teams (チーム用 Slack) は、小規模~中規模の企業やチームで、一つの Slack ワークスペースしか必要でない場合に最適です。無料の Slack で限られた数の機能を利用することもできますが、もっとたくさんの機能を活用していきたいという皆様のために、Slack では二つの有料プランもご提供しております。

Screen_Shot_2017-06-26_at_11.16.41_AM.png

注意 :  現在 Slack では米国ドルに加え、英国ポンド、ユーロ、日本円建てでの価格にも対応しています。 有料プランへのアップグレードの方法はこちらをご覧ください。 

 

プランと機能を比較

沢山のオプションから自分のチームにピッタリのプランを選びましょう。チームのメンバー以外にもゲストとしてアクセスを許可したり、シングルサインオンでメンバーの認証を行ったり、 プラスデータエクスポートにアクセスしたり、 通話や画面共有を行ったりなど、あなたのニーズに合ったプランをご用意しております。 

  無料 スタンダード プラス
検索可能なメッセージ チームの直近のコミュニケーション10,000件 無制限 無制限
アプリとサービス 10 点のサードパーティまたはカスタムインテグレーション 無制限 無制限
シングルチャンネルゲスト  
マルチチャンネルゲスト  
G Suite SSO  
SAMLベースの SSO    
2要素認証 (2FA) ワークスペース全体で2FAを必須にする事も可能 ワークスペース全体で2FAを必須にする事も可能
メッセージとファイルの保存期間を設定する  
すべてのメッセージのプラスデータエクスポート    
ユーザーグループ  
OneLogin、Okta、Ping とのリアルタイムアクティブディレクトリ同期   ✓  ✓ 
メンバーのプロビジョニングとデプロビジョニング     ✓ 
音声通話とビデオ通話 一対一のみ 参加者最大15名 参加者最大15名
画面の共有   ✓  ✓ 
チャンネル内の上位検索結果   ✓  ✓ 
チャンネルのレコメンド   ✓  ✓ 
メッセージのハイライト   ✓ 
分析ツール 制限付き ✓ 
ファイルストレージ ワークスペース全体で 5GB メンバーごとに 10GB メンバーごとに 20GB
サポート 🙋🏽 ✓  プライオリティサポート 年中無休・24時間体制で4時間のレスポンスタイムを誇るサポート
アップタイム ✓  ✓  99.99%のアップタイムを保証するサービス品質保証契約

 


エンタープライズ用 Slack

Slack Enterprise Grid では、大企業が全社にわたって 複数の Slack ワークスペース を連携させることができます。 

個々のプロジェクトグループや部門が別々のワークスペースで独立して作業を行うことができると同時に、企業のグリッド(ネットワーク網)の一部として、オーガナイゼーション全体での検索や、ダイレクトメッセージ、共有チャンネルなどを通して一体となって取り組むことが可能になります。

Slack Enterprise Grid では、Slack のプラスプランの機能すべてと、エンタープライズレベルのオーガナイゼーションを意識して構築された以下のような機能を活用することができます :

  • データ損失防止 (Data Loss Prevention=DLP)、eDiscovery、そしてオフラインのバックアッププロバイダーとのインテグレーションに対応。
  • 年中無休・24時間体制で2時間のレスポンスタイムを誇るサポート。
  • セキュリティ、コンプライアンス、請求、インテグレーションを1つのビューで管理。
  • メンバーあたりのストレージ容量は 1 TB (1,000 GB)

Slack Enterprise Grid の料金は、連携させたいメンバーの数によって異なります。

💡 ぜひヘルプセンターにて Enterprise Grid に関する記事を参照してください。 

分からない点がある? ぜひ当社の営業チームまでお問い合わせください。あなたのオーガナイゼーションに Slack Enterprise Grid が向いているかどうか一緒に検討させていただきます!👍🏽

関連記事

最近チェックした記事