Slack コールのトラブルシューティング

Slack の通話機能で問題が発生したときに備えて (そのようなことが起こらないように願っていますが!)、接続、音声、ビデオのエラーに関するトラブルシューティング手順をまとめました。

ヘルプ: いつでもサポートいたします。いつでもお気軽にお電話ください (ただ挨拶するだけでもかまいません!)。

 

接続エラー 

接続の問題には、通話への接続とサーバーへの接続の2つの問題がよくあります。2つの問題のうちのいずれかが起こった場合は、助けになるかもしれないヒントがいくつかあります。 

Tip: 接続の問題が起こった場合は、ファイアウォールが最も一般的な原因です。🔥

通話接続エラー

Slack での通話が開始できない場合は、ネットワークがポート22466へのアウトバウンド UDP 接続を許可するように設定されていて、*.slack-core.com がホワイトリストに登録されているかを確認してください(または IT 管理者に問い合わせて確認してもらいましょう)。 

注: Slack のサーバーは、ホスト環境 Amazon Web Services (AWS) 内で動的に再割当てされるため、ユーザーに提供する固定 IP アドレスのリストはありません。

帯域幅の要件

以下は、最適なパフォーマンスを得るための帯域幅の要件のリストです。 

通話タイプ DL 速度 UL 速度 
音声通話  200 kbps  100 kbps
 ビデオ通話* (1対1)  600 kbps  600 kbps
 ビデオ通話* (参加人数: 3人)  2 Mbps  600 kbps
 ビデオ通話* (参加人数: 5人以上)  4 Mbps  600 kbps

*画面共有も以上と同じ要件になります。

サーバー接続エラー 

Slack から電話をかけようとしたときにサーバーに接続できない場合は、ブラウザで  slack.com を開きます。

slack.com が読み込まれない場合は、ポート443へのアウトバウンド TCP 接続がネットワークで許可されているか確認してください。これで問題が解決するはずです。👌

slack.com が読み込まれても、通話できない場合は、Slack までお問い合わせください。さらに問題を調査します。🕵

音声エラー 

相手の声が聞こえなければ、電話をするのが難しくなります。通話中、音声の問題が発生した場合は、各参加者に以下のヒントを伝えてください。 

  • Slack アプリを再起動したら、電話をかけ直してみます。
  • 音声がミュートされていないか、適切な入力と出力のデバイスが選択されているか、デバイスのシステム環境設定を確認します。
  • デスクトップで Slack を使用している場合は、通話ウィンドウの   (歯車) アイコンをクリックして、通話の音声設定を確認してください。適切な入力と出力のデバイスが選択されていることを確認します。
  • Google Chrome で Slack を使用している場合は、Chrome を終了してブラウザを再起動してから、Slack を再起動します。

 

ビデオエラー 

ビデオまたは画面の共有で問題が発生しましたか?Slack を再起動して問題が解決したか確認してみてください。問題が解決しない場合は、以下のセクションを確認します。

ビデオ接続エラー

ビデオ通話中、映像と音声がずれたり、フリーズしたり、接続が切れたりする場合は、以下を確認してみてください。

  • インターネット接続は安定していますか?
  • 速度テストを実行して、デバイスの帯域幅が音声通話の要件を満たすかどうかを再度確認します。

映像が表示されない

通話中、ビデオが表示されない場合は、つぎのことを試してみてください。

  • 外部カメラをご利用ですか?その場合は、通話を開始する前にカメラのケーブルを接続します。通話の開始後に接続すると、ビデオが表示されません。
  • 通話の開始前にカメラを接続したけれども、問題が解決しない場合は、通話ウィンドウの   (歯車) アイコンをクリックして、「ビデオ設定」を調べて、適切なカメラが選択されていることを確認します。
  • まだ問題が解決しませんか?その場合は、上の同じ手順 ☝️ に従って、別のカメラを手動で選択してから、目的のカメラに再び切り替えます。 

CPU 使用率が高い

ビデオ通話をしている時にコンピューターの動きが遅くなるなと感じたら、CPU 使用率が高くなっている可能性があります。参加人数の多い通話では、必要がない限りはビデオを使わず音声のみで会話し、必要のある時だけビデオ通話に切り替えることをお勧めします。 

関連記事

最近チェックした記事