Slack の音声通話とビデオ通話のセキュリティ

Slack の通話機能のセキュリティに関する説明をお探しなら、ここがその場所です!

Slack の音声・ビデオ通話では、オーディオとビデオデータの圧縮に Opus と VP8 を使用しています。また通話データの保全と機密情報保護を目的として、全てのトラフィックは、暗号化して送信されます。さらに、メディアストリーミング時にはDTLSを使用し、メディアサーバーとの通信時にはHTTPSを使用しています。さらに、メディアストリーミング時には DTLS を使用し、メディアサーバーとの通信時には HTTPS を使用しています。

通話の一部のメタデータは Slack に保存されます。 

  • 通話の名前
  • Slack 内の通話の発信場所 (チャンネルまたはダイレクトメッセージか)
  • 通話を始めたメンバーと参加者
  • 一般的なパフォーマンスメトリックス (遅延、ジッタなど) 
  • 通話の開始時刻と終了時刻、メンバーの通話への参加時刻と退出時刻

注: 通話のログまたはコピーが Slack に記録・保管されることはありません。Slack の音声・ビデオ通話機能は、Slack のその他機能と同じセキュリティプログラムに該当します。詳しくは、セキュリティ方針にアクセスしてください。

Tip:  Slack のセキュリティや電話のかけ方についてのご質問がある場合は、いつでもご連絡ください。ぜひご意見をお聞かせください! 

関連記事

最近チェックした記事