Slack へのキーチェーンアクセスを許可する

キーチェーンアクセスは macOS 用のパスワード管理システムです。Slack はキーチェーンアクセスを使って、ユーザーがサインインしたワークスペースとアクセストークンを保存します。

Slack へのキーチェーンアクセスを許可するには、macOS から許可するかどうかを尋ねられたら、「許可する」または「常に許可する」 (メッセージの表示頻度が少なくなります) をクリックします。

注: 「拒否する」をクリックしても、Slack は起動しますが、キーチェーンに依存する機能が使えなくなることがあります。

💡 キーチェーンアクセスの詳細については、Apple のサポートセンターを参照してください。 

関連記事

最近チェックした記事