Slack って何?

チームのメンバーが連携しながら仕事を進める場。それがビジネスコラボレーションハブの「Slack」です。プロジェクトの立ち上げから予算についての話し合いまで、どんなテーマでも Slack を活用できます。


主な機能

💬 会話の場を整える

  • Slack では、チャンネルが仕事を進める場所になります。チャンネルはチーム、プロジェクト、オフィスごとに作成でき、ワークスペースや OrG のメンバーは必要に応じてチャンネルに出入りできます。

🔎 履歴を検索する

  • パブリックチャンネルでメッセージやファイルを共有すると、Slack 全体で情報の透明な流れが生まれます。検索機能を使って情報を絞り込み、必要なものを見つけることもできますメッセージやファイルの検索方法をご覧ください。

👥 外部のパートナーとコミュニケーションを取る

🤖 アプリとインテグレーション

  • アプリやインテグレーションは、既存のワークフローを Slack に連係できるツールです。Slack App ディレクトリ には、Slack で使えるアプリがたくさん揃っています。

🔐 セキュリティ

  • セキュリティは Slack にとって重要な課題です。ユーザーのデータは、私たちのデータと同様に大切に保護しています。セキュリティ機能の詳細をご覧ください。


Slack ワークスペース

ワークスペースは、チャンネルで構成される共有ハブです。チームのメンバーはここでお互いにやり取りしながら仕事を進めていきます。中小企業は、ひとつのワークスペースを共有するのが一般的です。

大企業は、内部でつながった複数のワークスペースからなる Enterprise Grid オーガナイゼーションを利用できます。社内通知や全社員に関わるその他の情報は、ワークスペース全体のチャンネルで共有します。

チーム

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースの作成、権限の設定、チームの管理者の任命は、ワークスペースのオーナーが行います。Slack のワークスペースは、次のメンバーから構成されます。

👑  ワークスペースのオーナー

🤖  ワークスペースの管理者

👥  メンバー

🙋  Guests / ゲスト

OrG のオーナーと管理者は、オーガナイゼーション (接続されたすべてのワークスペース) 全体の権限とポリシーを設定します。ワークスペースのオーナーと管理者は、個別のワークスペースの運営を管理します。Enterprise Grid の OrG は、次のメンバーから構成されます。

🌎  OrG のオーナーと管理者

👑  ワークスペースのオーナー

🤖  ワークスペースの管理者

👥  メンバー

🙋  Guests / ゲスト

💡  詳しくは、Slack メンバーの種別と権限を参照してください。


Slack の料金プラン

ひとつのワークスペースを利用する会社やグループ向けには、フリースタンダード プラスの 3 通りのプランを用意しています。

大企業向けには、内部でつながった複数のワークスペースをひとつの OrG にまとめる Enterprise Grid プランを用意しています。

💡 詳しくは、Slack の料金プランを参照してください。


教育とサポート

Slack についてもっと詳しく知りたい?そんなあなたには、さらに詳しく学べる次の便利な参考資料をおすすめします。

  • ヘルプセンターには、 Slack やその機能について詳しく学べるたくさんのトピックを用意しています。 
  • Slack Tips ライブラリには、Slack を最大限に活用できるようにお手伝いする 30 件以上のステップ別ガイドを用意しています。
  • Slack Foundry は、Slack が開発したインタラクティブな無料トレーニングアプリです。ワークスペースにインストールすれば、誰でも自分のペースで学ぶことができます。

💡 詳しくは、Slack のデモを参照してください。

関連記事

最近チェックした記事