Slack って何?

よくぞ聞いてくれました!Slack とは、人々と組織、そしてツールを一元化することで、多様でシームレスな「働き方」を実現するコラボレーションハブです。

Slack を使う利点

  • 対面で話しているのと同じようにオンラインで共同作業ができる。
  • 業務に必要なメンバーや情報を1か所に集めることができる。
  • 効率的にコミュニケーションし、メンバー間のつながりを保ち、業務を素早く処理することができる。


Slack の基本

メンバー

ワークスペースのオーナーが Slack ワークスペースを作成し、チームの管理を手伝ってもらうために管理者を任命します。そして、オーナーと管理者が協力してメンバーを招待し Slack の利用開始を手助けします。Slack ワークスペースは以下のメンバーで構成されています。

👑  ワークスペースのオーナー
🤖  ワークスペースの管理者
👥  メンバー
🙋  ゲスト

💡 もっと詳しく知りたい場合は、 Slack メンバーの種別と権限  をチェック!


ワークスペース

ワークスペースは、メンバーのコミュニケーションやコラボレーションのための共有ハブとなる場所です。中小規模の企業では、ひとつのワークスペースを共有するのが一般的です。大規模な企業では、複数の相互接続されたワークスペースで構成される Enterprise Grid オーガナイゼーション が利用されています。

自分が所属するワークスペースで共有されているアイテムの全てにアクセス可能なため、仕事がどんどんはかどります。


Slack の構成 

何事もまず全体像をつかむのが重要!ということで、早速 Slack の構成を見ていきましょう。ここでは、チャンネル、メッセージ、検索、通知について説明しています。

以下は Slack の典型的なワークスペースのサンプル画像です。WHAT_IS_SLACK_Slack_overview.png


プラン

ひとつのワークスペースを利用する企業やチーム向けには、フリースタンダードプラス の3通りのプランを用意しています。 

大規模な企業向けには、相互接続されたひとつのオーガナイゼーション内に複数の独立したワークスペースがまとまる Enterprise Grid プラン を用意しています。 

💡詳しくは Slack の料金プラン を参照してください。


チャンネル

Slack は、メッセージやツール、ファイルが1か所に集まる チャンネル で構成されています。他のメンバーとのコミュニケーションの大半は、チャンネルで行われます。

作成できるチャンネルの数に制限はありませんので、部門別、プロジェクト別、オフィス別など、適宜作成してチームで使いやすいように整理していきましょう。Slack ワークスペースを作った時、どのチームにも #general と #random の2つのチャンネルがデフォルトで用意されています。


チャンネルの種別

👀パブリックチャンネル

  • パブリックチャンネルは、ワークスペース全体に公開されています。
  • すべてのメッセージが Slack に保存され、ゲストを除くチームの全員がこれらのメッセージを検索し、アクセスすることができます。
  • チャンネル名の横にはパブリックチャンネルであることを示す # (ハッシュタグのアイコン) が表示されます。


🙈プライベートチャンネル

  • プライベートチャンネルはワークスペース全体には公開されていません。
  • チャンネルでの会話に加わるためには、そのチャンネルに招待してもらう必要があります。
  • チャンネル名の横にはプライベートチャンネルであることを示す  (鍵のアイコン) が表示されます。


🔗共有チャンネル (ベータ版)

  • 共有チャンネル は、2つの別々のワークスペースを接続します。
  • 共有チャンネルを利用すれば、社外の連絡先ともコミュニケーションがしやすくなります。
  • チャンネル名の横には共有チャンネルであることを示す  (ダブルダイヤモンドのアイコン) が表示されます。  


メッセージ

Slack でのコミュニケーションは、チャンネルでの メッセージ の共有や ダイレクトメッセージ (DM) を送信して行います。


チャンネルと DM の比較

Slack は、コミュニケーションの大半がパブリックチャンネルで行われるときに、最大限の効果を発揮します。ダイレクトメッセージは、チャンネル全体が参加する必要のない、その場限りの話題を手早くしたい時に便利な機能です。  


メッセージのフォーマット

アイデアがより伝わりやすくなるよう、メッセージを書式設定 することができます。絵文字も忘れずに活用しましょう!絵文字は、メッセージを充実させる ため、または他のメンバーに対する リアクションを追加する  ために使うことができます。

誰かの注意を引きたい時は、@ の後に続けてその人の表示名を入力すれば、その人宛てに通知が届きます。この機能を Slack では メンション機能 と呼んでいます。


ダイレクトメッセージ 

チームメンバーにちょっと確認したいことがある時は、ダイレクトメッセージ (DM) を送信することができます。DM は、その場限りの話題を手早く話したい時に適しています。 


検索

Slack 上で共有された情報はメンバーなら誰でもアクセス可能なため、必要な情報も 検索 して簡単に見つけることができます。

検索フィールドは Slack 画面の右上にあります。この検索フィールドに検索キーワードやフレーズを入力するだけで、検索が開始されます。さらに、検索モディファイアを使えば簡単に検索を絞り込むこともできます。

💡 メッセージやファイルの検索 方法や Slack の 高度な Tip もチェックしてみましょう。

 

通知

通知機能 とは、確認を必要とする重要なアイテムが Slack に投稿された時に知らせてくれる機能です。通知の方法には、デスクトップ通知・モバイル通知・メール通知の3種類があり、どの方法で受け取るかを選択することができます。さらに、通知はチャンネルごとに設定を変えることができるので、大切な情報を見逃すことなくタイムリーに確認できるようカスタマイズしましょう。

💡 詳しくは、Slack 通知 の設定方法を参照してください。

WHAT_IS_SLACK_notifications__1_.png


さて次は?

新しいことを始める時、最低限の勉強は避けて通れません!Slack はじめてガイド カテゴリーで Slack の使い方を詳しくチェックしてみましょう。 

Slack をより効率的に活用する方法を学びましょう!Slack 内で作業の仕方を変換させる無料のインタラクティブトレーニングを提供しています。メンバーは  slack.com/certification から学習ガイドを使って理解を深め、 Slack 認定に向けて準備することができます。

関連記事

最近チェックした記事