Slack の共有チャンネル (ベータ版) に参加する

Slack の共有チャンネル (ベータ版) を利用すれば、顧客やベンダー、パートナーなどの、協働する社外の関係者や企業とチャンネルを共有して、担当者を一つのスペースに集めることができます。

共有チャンネルのメリット 

  • 2つの異なる組織が Slack 内に共通のスペースを作成できる
  • 協業する社外のチームとのコミュニケーションがしやすくなる
  • 共有チャンネルでのコミュニケーションに加え、共有チャンネルに参加している誰とでも ダイレクトメッセージのやり取りが可能で、組織の垣根を超えてつながれる


ベータ版を試す

本ベータ版はスタンダード、プラス、Enterprise Grid の各有料プランで利用できます。

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid 

ベータ版に参加する

ワークスペースのオーナーと管理者は、ベータ版への参加を承諾することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「共有チャンネル (ベータ版) 」を選択します。
  3. 「ベータ版に参加する」をクリックします。

 

共有チャンネル管理

ワークスペースのオーナーと管理者は以下の操作ができます。


ベータ版から退出する

ワークスペースのオーナーと管理者は、いつでもベータ版の利用を中止することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「共有チャンネル (ベータ版) 」を選択します。
  3. 「ベータ版から退出する」をクリックして確定します。

ベータ版に参加する

Enterprise Grid オーガナイゼーションの OrG オーナーと管理者は、共有チャンネルの作成をすぐに開始できます。ベータ版への参加を承諾する必要はありません。

まずは、他の組織とチャンネルを共有する方法を確認してみましょう。


共有チャンネル管理

OrG オーナーと管理者は以下の操作ができます。

関連記事

最近チェックした記事