チャンネルやワークスペースに通知できるメンバーを設定する

デフォルトの設定では、全メンバーがメンションを使ってチャンネルやワークスペースに通知することができますが、ワークスペースのオーナーはこの権限を制限することができます。

利用できる権限

  • ワークスペースのオーナーは、@here@channel を使用できるメンバーを決めることができます。
  • ワークスペースのオーナーは #general チャンネルに投稿でき、@everyone を使用できるメンバーを制限することができます。
  • ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバー数が 6 名以上のチャンネルで @channel や @everyone を使用する際に警告メッセージを表示するように設定しておくことができます。


メッセージに関する権限へのアクセス

これらの権限はワークスペース全体に適用されます。チャンネル単位で適用することはできません。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3.  「権限」をクリックします
  4. メッセージの横にある「開く」をクリックします。

    @channel と @here
    ワークスペースのオーナーは、@channel と @here を使用できるメンバーを任命できます。

    @everyone
    @everyone メンションを使用できるのは #general チャンネルのみです。つまり、チャンネルへの投稿権限を持つメンバーだけがこのメンションを使用できます。ワークスペースのオーナーは、 #general に投稿できるメンバーを設定したあとで、 @everyone を使用できるメンバーを任命できます。 

    @channel と @everyone に関する警告
    ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバー数が 6 名以上のチャンネルで @channel や @everyone を使用する際に警告メッセージを表示するかどうかを選択することができます。 

  5. Save (保存) をクリックして終了です。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナーがこの機能にアクセスできます。ワークスペースの管理者はこの機能の一部にアクセスできます。
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

関連記事

最近チェックした記事