Enterprise Grid でワークスペースを管理する

ワークスペースのオーナーや管理者は、 Slack Enterprise Grid の 成功のカギとなる存在です。ここでは、Enterprise Grid オーガナイゼーション (OrG) でワークスペースを効果的に構築し、管理するための方法を見ていきます。 ✨


Step 1: OrG でワークスペースを作成する

既存の Slack ワークスペースを OrG に移動することも、ワークスペースを新規作成することもできます。

🚛  ワークスペースをオーガナイゼーションに 移動する

OrG オーナーは、Slack の協力のもと、希望のワークスペースを Enterprise Grid OrG へ移動することができます。移動後も、ワークスペースにはメンバーのアカウント、メッセージ、ファイルがすべてそのまま保持されます — もちろん絵文字リアクションも残ります!

移動を承認できるのはワークスペースのプライマリーオーナーのみです。Slack から承認をリクエストするメールと Slackbot メッセージが届きます。「招待に返事をする」をクリックすると、プロセスが開始します。

💡 オーガナイゼーションへの ワークスペース移行ガイドをチェックしてみましょう。

🌱  ワークスペースを新規作成する

OrG オーナーまたは管理者 に対して、OrG のワークスペースの新規作成 をリクエストすることができます。承認された場合には、メールと Slackbot メッセージで あなたがワークスペース のオーナーとなったことを知らせる通知が届きます。

💡 オーガナイゼーションで新規ワークスペースをリクエストする方法を参照してください。.


Step 2: ワークスペースの設定と権限

ワークスペースの設定と権限の管理は次の方法でデスクトップアプリから行います:

  1. 左上のワークスペース名をクリックします。                      Team_Menu.png
  2. メニューから「ワークスペースの設定」を選択します。

ワークスペースの「ポリシー」 の中には、Org オーナーと Org 管理者によって管理されているものもあります。   (鍵のアイコン) が表示されている場合には、 環境設定が OrG 管理者によってロックされていることを意味します。 

Tip: オーガナイゼーションのメンバー種別と権限一覧を確認してみましょう。

🔐  ワークスペースへのアクセス

OrG のメンバーがワークスペースにアクセスし、参加する方法は次のように決めることができます:

  • オープン : メンバー全員に表示され、誰でも参加が可能
  • リクエストが必要 : メンバー全員に表示されるものの、参加には承認が必要
  • 招待のみ : メンバー全員に表示されるものの、参加には招待が必要
  • 非公開: 非公開で、参加には招待が必要

💡  詳しくは、ワークスペースへのアクセスを管理する方法を参照してください。 

 

Step 3: メンバーをワークスペースに追加する

ワークスペースを作成したら、メンバーを追加してみましょう!ニーズに応じて、次のいくつかの方法があります:

  • メンバーを ワークスペースに招待して追加する。
  • Org オーナーの協力のもと、自社で利用している ID プロバイダ (IDP) からユーザーグループ (部門など) を追加する。

💡  詳しくは、 OrG のワークスペースにメンバーを追加するを参照してください。 


Step 4: 共有してコミュニケーションを取る

🔗  共有チャンネルを作成する

共有チャンネルを使えば、様々なワークスペースのメンバーがシームレスにつながることができます。共有チャンネルの作成には次の2つの方法があります:

⚙⚙️  共有チャンネルを作成する

⚙  既存のチャンネルを共有チャンネルに変換する

チャンネルの作成者は、共有チャンネルに誰がアクセスできるかを決定します。特定のワークスペースに限定することもできますし、OrG 内のすべてのワークスペースがアクセスできるように設定することもできます。また、チャンネルをプライベートに設定することもできます!

注意 : ワークスペースの 管理者とメンバーに対して共有チャンネル作成権限が無効になっている場合には、OrG オーナーまたは OrG 管理者に相談してください。

📺  ワークスペース 間でチャンネルを移動する

OrG の規模が拡大し、ワークスペースが大きくなるにつれて、議論にふさわしい場所が変化するのはまったくもって当然なことです。あまり関連性のないワークスペースからより適切なワークスペースへチャンネルを移動することで、メンバーの集中力と生産性を引き続き高いレベルに保ちましょう。 

ワークスペースを移動できるのは、対象となるチャンネルの移動元と移動先の両方のワークスペースのオーナーまたは管理者のみです。

💡 詳しくは、ワークスペース間でチャンネルを移動する方法を参照してください。


Step 5: アプリとツール

作業に必要なツールやサービスを Slack に連携させれば、一箇所からまとめて作業ができ、作業ごとにアプリケーションを切り替える手間を省くことができます。

👩‍💻  ワークスペースにアプリを追加する

自分が使っているサービスの Slack アプリを見つけたい時は、App ディレクトリにアクセスしてください。支払いや経理支援ツール、プロジェクト管理、人事支援ツールまで、様々なアプリが揃っています。


💡  詳しい手順については、ワークスペースにアプリを追加する のページを参照してください。

注: アプリとボットは、チャンネルも共有し合っているワークスペースすべてにインストールされている場合に、最も威力を発揮します。Enterprise Grid を念頭に設計されたアプリをこちらからチェックしてみましょう

🤖  内部インテグレーションを構築する

App ディレクトリに加え、ワークスペースのニーズに合ったカスタムインテグレーションをビルドすることができます。技術的なスキルはいくらか必要となりますが、オリジナルのインテグレーションの作成には、次のような大きなメリットがあります: 

  • 業務で使っていた既存の社内ツールが引き続き使える。
  • 他のサービスからの通知を Slack で直接受け取り、情報が一元化できる。
  • 様々な分析ダッシュボードからのデータを Slack に集約できる。 

💡  この詳細と手順については 内部インテグレーションを利用して Slack をカスタマイズするのページを参照してください。


さて次は?

Enterprise Grid でワークスペースを管理する準備が整いました。以下の役立つガイドで、さらに知識を深めましょう:

Slack のサポートチームまでいつでもお気軽にお問い合わせください。必要があれば、こちらからご連絡ください ! 🎈

関連記事

最近チェックした記事