Enterprise Grid でワークスペースを管理する

オーガナイゼーションが Slack Enterprise Grid を利用している場合、ワークスペースのオーナーと管理者は重要な役割を担うことになります。このガイドでは、Enterprise Grid オーガナイゼーションをできるだけスムーズに運営していただくために、Enterprise Grid の機能とワークフローの活用方法をご紹介します。✨


Step 1 — OrG でワークスペースを作成する

Enterprise Grid オーガナイゼーションにワークスペースを追加する方法は2つあります。ワークスペースのプライマリオーナーの承認を得て、既存のワークフローを OrG に移動するか、新しいワークスペースを作成します。 

🚛  ワークスペースをオーガナイゼーションに移動する

OrG のオーナーは、Slack のソリューション エンジニアと協力して、個々のワークスペース (メンバーアカウント、メッセージ、ファイル、絵文字リアクションも含まれます!) を自社 Enterprise Grid に移動します。

OrG のオーナーの準備ができると、承認を求めるメールまたは Slackbot メッセージがワークスペースのプライマリーオーナーに送信されます。承認するには、「招待に返事をするをクリックしてください!

💡 詳しくは、「オーガナイゼーションへのワークスペース移行ガイド」を参照してください。


🌱  新しいチームを作成する

OrG のオーナー/管理者にオーガナイゼーション用の新しいワークスペースの作成を依頼できます。または、オーガナイゼーションの管理者に依頼して、新しいワークスペースを OrG で作成する権限を得ることもできます。

リクエストが承認されると、Slackbot またはメールのいずれかで通知が届きます。おめでとうございます — ワークスペースのオーナーになりました。

💡 オーガナイゼーションの新しいワークスペースをリクエストする方法をご覧ください。


Step 2 — ワークスペースレベルの設定と権限

ワークスペースの設定と権限を管理するには、左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開き、「設定」を選択します。または my.slack.com/admin/settings にアクセスして設定することもできます。

自社の Enterprise Grid オーガナイゼーションに接続されている場合、設定や権限の一部はオーガナイゼーションレベルで管理されます。 環境設定が オーガナイゼーションの管理者によってロックされていることを示すロックアイコンが表示されています。

Tip: OrG のオーナーと管理者は、グリッドに接続されたワークスペースのセキュリティ、アクセス、管理ポリシーを設定できます。概要については、「オーガナイゼーションのメンバー種別と権限」をお読みください。


ワークスペースの検索とアクセス

すべてのワークスペースは Enterprise Grid に接続されますが、オーガナイゼーションのメンバーに対するワークスペースの公開範囲を管理することができます。公開範囲は以下の 3 種類のレベルから選択することができます :

  • オープン: 誰でも検索と参加が可能
  • リクエストが必要: 誰でも検索と参加が可能・ただし参加には承認が必要
  • 招待のみ: 誰でも検索が可能・ただし参加には招待が必要
  • 非公開: 非公開で、参加には招待が必要

💡  ワークスペースの検索とアクセスの方法をご覧ください。


ワークスペース間でチャンネルを移動する

ワークスペースの整理に取り組むと、誰もが効率性をアップできます。大きなワークスペースを分割してワークスペースを再構成しましょう。または、重要性が低くなったチャンネルを Enterprise Grid の他のワークスペースに移動しましょう!

ワークスペースのオーナー/管理者は、チャンネルの元のワークスペースと移動先ワークスペースの両方に対する管理者権限を持つ必要がありますが、OrG のオーナー/管理者はチャンネルを OrG のどのワークづペースにも移動できます。

💡 もっと詳しく知りたい場合は、「ワークスペース間でチャンネルを移動する」にアクセスしてください。


Step 3 — メンバーをワークスペースに追加する

新しいワークスペースにメンバーを追加して、Slack での作業を手伝ってもらいましょう。ニーズに応じて、複数の方法があります。

  • メンバーを個別に追加します。Enterprise Grid に接続していない場合とまったく同じ手順です。Slack 初心者の方は、新しいメンバーをワークスペースに追加する方法をお読みください。
  • 大規模なグループ単位で一度にメンバーを追加したい場合は (例えば、カスタマーエクスペリエンス部門や営業部門など、会社の部門内の従業員全員など)、OrG のオーナーに相談して会社の ID プロバイダ (IDP) から直接グループを追加してください。

💡  その仕組みについては、「OrG のワークスペースにメンバーを追加する」にアクセスしてください。 


Step 4 — 共有してコミュニケーションを取る

共有チャンネルを活用すると、さまざまな Enterprise Grid ワークスペースに参加しているメンバー同士が、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。新たに共有チャンネルを作成するか、既存のチャンネルを共有チャンネルに変換すれば、チャンネルをワークスペースのチームと共有できるようになります。

共有チャンネルを作成したら、誰にアクセス権を付与するかを決めることができます。一連の特定のワークスペースにも、OrG の全ワークスペースにもアクセス権を付与できます。会話を内密に進めたい場合は、共有チャンネルを非公開にすることもできます。

⚙⚙️  共有チャンネルを作成する

⚙  既存のチャンネルを共有チャンネルに変換する

注: ワークスペースの管理者とメンバーは、共有チャンネルを作成する機能を使えないことがあります。そのような場合は、OrG のオーナーまたは管理者に連絡してサポートを依頼してください。


Step 5 — アプリとツール

作業に必要なツールやサービスを Slack に連携させれば、一箇所からまとめて作業ができ、作業ごとにいちいちアプリケーションを切り替える手間を省くことができます。

ワークスペースにアプリを追加する

自分が使っているサービスの Slack アプリを見つけたい時は、 App ディレクトリ  にアクセスしてください。お役立ちボットから、コミュニケーションツール、 支払いや経理支援ツール、プロジェクト管理、人事支援ツールまで、様々なアプリが揃っています。

特に見つけたいアプリがなくても、ぜひ一度 App ディレクトリを見てみてください。様々なアプリがありますので、気になるものがあったら試してみるのもいいでしょう。アプリをインストールする時は、Slack から手順が表示されますので、それに従えば簡単にセットアップができます。


💡  詳しい手順については、「ワークスペースにアプリを追加する 」にアクセスしてください。

注: アプリとボットは、チャンネルも共有し合っているワークスペースすべてにインストールされている場合に、最も威力を発揮します。Enterprise Grid を念頭に設計されたアプリについては、こちらをご覧ください


内部インテグレーションを構築する

App ディレクトリにある既製のアプリとは違って、内部インテグレーションは、ワークスペースに合わせて社内のスタッフがカスタマイズできます。独自のインテグレーションを構築するには、技術的なノウハウが必要になりますが、そのメリットはエンドレスです。 

  • これまで業務に使っていた既存の社内ツールやサービスを Slack に取り込んで活用します。
  • 外部サービスからの通知を Slack で直接受け取るようにすれば、コミュニケーションを一箇所に集中させることができます。
  • 様々な異なるシステムからの情報やデータを Slack にまとめれば、システムの枠を超えて複雑に交差するワークフローをよりシンプルにすることができます。
  • 人々をつなぎ、業務の透明性を高め、さらに結束したチームとして共有認識のものとに意思決定ができるようになります。

💡  この詳細と手順については 内部インテグレーションを利用して Slack をカスタマイズするのページを参照してください。


さて次は?

Slack Enterprise Grid のワークスペースをプロフェッショナルに管理してみましょう!以下のガイドが役に立つので、是非お読みください。

その他に関しても詳しい情報を確認したい場合は、いつでも  Slack ガイド または ヘルプセンター を参照してください。また、ご質問等がありましたら、Slack のサポートチームがいつでも対応させていただきます。 お問い合わせください 🎈

関連記事

最近チェックした記事