Slack での着信 WebHook の利用

着信 Webhook は、外部のソースからワークスペースへ Slack メッセージを投稿しやすくしてくれるインテグレーションです。リアルタイムでワークスペースへデータを送信するのにぴったりの方法です。

Webhook のしくみ: 着信 Webhook は通常の HTTP リクエスト (POST メソッドで送信されたもの) をメッセージアイコン、チャンネルオーバーライドや作成者情報などのメッセージと追加オプションを含む JSON ペイロードで利用します。 

Tip: HTTP リクエストの詳細に興味がありますか? こちらの HTTP チュートリアルを見てみましょう。

 

着信 Webhook の設定

  1. Slack の App Directory から 着信 WebHook のページにアクセスします。
  2. 設定を追加するをクリックします。
  3. 着信 WebHook がメッセージを投稿するチャンネルを選択します。
  4. 着信 WebHook インテグレーションを追加するをクリックします。
  5. 必要に応じて説明ラベル、名前やアイコンを追加し、アプリをカスタマイズできます。
  6. 変更を保存するをクリックして終了です。

Slack ワークスペースでの着信 WebHook の使い方の詳細については、API ドキュメンテーションをご参照ください。 

 

メッセージの添付ファイル

着信 Webhook を使えば、画像、外部のウェブサイト、関連する各種データなど、役立つコンテンツやリンクを添付してメッセージを充実させることができます。チームメイトにとって、メッセージがより効率的で有用なものになります。メッセージの添付ファイルの詳細については、Slack API ドキュメンテーションをご参照ください。

関連記事

最近チェックした記事