Slack で Bitbucketを使用する

Bitbucket は Git と Mercurial のために無料のソースコードホスティングを提供しています。仕事管理のために、チームが Bitbucket を使用している場合には、Bitbucketのアプリと Slack のワークスペースを連携できます。

このインテグレーションについて:コードが Bitbucket リポジトリにコミットされた時点で、あなたが選択した Slack チャンネルにこのアプリからメッセージが投稿されます。

注意 : このインテグレーションの設定には Bitbucket アカウントが必要です。また、Slack は Bitbucket サーバー(自己ホストバージョン)には対応していません。  


Bitbucket アプリを設定する

Step 1 : Bitbucket を Slack に追加する

  1. Slack App ディレクトリのBitbucketページを参照してください。
  2. 「インストール」または「設定を追加する」をクリックします。
  3. Bitbucket からのアラートが投稿されるチャンネルを選択します。
  4. 「Bitbucket インテグレーションを追加する」をクリックしてください。

Step 2 : Bitbucket で Slack を設定する

  1. Bitbucket からレポジトリを開き、左のナビゲーションにある「設定」をクリックします。
  2. 「ワークフロー」の下の、「Webhooks」をクリックし、その後で、「webhookを追加する」ボタンを押してください。
  3. webhook にユニークな名前をつけ、webhook URLをペーストしてください(Slack App ディレクトリページの 「Webhook URL」の項目にあります)。「保存」をクリックします。

Step 3 : Bitbucket の設定を保存する

  1. オプショナルの説明、あるいは顧客名、あるいはアプリ用アイコンを追加するためにBitbucketインテグレーション設定に戻ってください。
  2. 「インテグレーションを保存する」をクリックして、設定を終了します。

 

関連記事

最近チェックした記事