Slack で Bitbucket を使用する

Bitbucket は Git と Mercurial のために無料のソースコードホスティングを提供しています。以下のいずれかの Bitbucket アプリをインストールして、Slack からコードを管理することが可能です :

  • Bitbucket Cloud
  • Bitbucket Legacy


Bitbucket Cloud

Slack 用の Bitbucket Cloud ボットを使えば、チャンネルを離れることなくコードリポジトリに関するコンテキスト情報を取得し、アクションを実行することができるようになります。Slack App ディレクトリ からインストールが可能です。

Tip : Bitbucket Cloud for Slack の概要については、Bitbucket のサポートページや ブログ記事 を参照してください。


Bitbucket legacy

以下のステップは、古いバージョンの Bitbucket アプリをインストールするための方法です。このバージョンは今後数か月以内にご利用いただけなくなりますのでご注意ください。 

Step 1 : Bitbucket を Slack に追加する

  1. Slack App ディレクトリのBitbucketページを参照してください。
  2. 「インストール」または「設定を追加する」をクリックします。
  3. Bitbucket からのアラートが投稿されるチャンネルを選択します。
  4. 「Bitbucket インテグレーションを追加する」をクリックしてください。

Step 2 : Bitbucket で Slack を設定する

  1. Bitbucket のレポジトリを開き、左のナビゲーションにある「設定」をクリックします。
  2. 「ワークフロー」から 「Webhook」を選択し、 「Webhook を追加」 ボタンをクリックします。
  3. Webhook にユニークな名前をつけ、Webhook URLをペーストしてください(Slack App ディレクトリページの 「Webhook URL」の項目にあります)。
  4. 「保存」をクリックします。

Step 3 : Bitbucket の設定を保存する

  1. Bitbucket インテグレーション設定に戻り、任意の説明、カスタム名やアイコンを追加します。
  2. 「インテグレーションを保存する」をクリックして、設定を終了します。

関連記事

最近チェックした記事