Enterprise Grid 構成と設計

Enterprise Grid オーガナイゼーションは、静的な設計や構築を前提としたものではありません。時間の経過につれて、対応し、変化していくことが必要となります。何よりもまず、Enterprise Grid OrG は、あなたの企業の在り方・構成を反映したものであるべきです。設計を始めるに際し、このガイドを参照してみてください。


プロジェクトチームの作成

企業のあらゆる分野からの代表を集めるために、自社の Enterprise Grid の構成を設計する上でサポートとなる組織横断的なチームを作りましょう。IT、人事、社内公報、主要各部門や事業ユニットの代表からの意見を集めることから着手することをおすすめします。

💡  立ち上げチームの調整方法について見てみましょう。


フレームワークの設計

Enterprise Grid オーガナイゼーションの設計、構成、サイズは、OrG により完全に異なるものとなります。自社の Enterprise Grid のあり方を考える際には、部門やブランド、地域といった主要なセグメントを考慮に入れましょう。 

設計を元に、次の方法を組み合わせて、自社に適した Enterprise Grid を構築しましょう:

オーガナイゼーションでは、たった 1 つのワークスペースを持つことも、1,500 以上のワークスペースを設けることもできます!Enterprise Grid フレームワークの例を簡単に挙げるとこのようなものになります:

  • グローバル ワークスペース
    全社アナウンス、設備関連、福利厚生、法務、人事、IT
  • 製品およびエンジニアリング ワークスペース
    製品リサーチ、開発、設計、エンジニアリング
  • マーケティングおよび営業 ワークスペース
    広告宣伝、マーケティング、メディア掲載、ソーシャルメディア、イベント
  • カスタマーサポート ワークスペース
    サポート、コンテンツ、ドキュメンテーション、ユーザー教育
  • ソーシャル ワークスペース
    特定の関心を共有するグループ、ランチ仲間、スポーツ愛好者、#犬 や #ネコ などの業務に関係ないチャンネル


❓ワークスペースと共有チャンネル

共有チャンネル を複数のワークスペースで使う場合には、シンプルなワークフローがベストです。例えば、#カスタマーフィードバック のようなチャンネルは、営業およびマーケティングワークスペースから製品およびエンジニアリングワークスペースに定期的にフィードバックを送るのに最適です。 

業務プロセスがより複雑で、複数の共有チャンネルが必要となる場合には、新しいワークスペースを作成した方が良いでしょう。

❓理想的なワークスペースのサイズ

個別のワークスペースのメンバー数は 1,000 人を上限とすることをおすすめしています。ワークスペースを小規模に保つことは、業務遂行のしやすさだけでなく、不要な会話を減らし、気の散る雑音を最小限にする上でも役立ちます。 

シームレスな社内発表や全社員に関連する情報などについては、複数のワークスペースでチャンネルを共有しましょう。  


Enterprise Grid の管理

ワークスペースの進化

ワークスペースの規模が大きくなりすぎて効率性が下がってしまった・・という場合には、より小規模な複数のワークスペースへと分割することができます。

また、ワークスペースが小さすぎ、関連性がなくなってしまうこともあるでしょう。そんな時にはチャンネルをアーカイブするか、他のワークスペースへ移動してから、ワークスペースを削除してみましょう。必要に応じてチャンネルの名前をつけ直し、目的とテーマを更新することもお忘れなく。


ワークスペースのリクエスト

Enterprise Grid のフレームワークをひとたび設計しても、今後加わる新規プロジェクトやチームにワークスペースを新規作成する必要が生じるかもしれません。 メンバーによる新規ワークスペースのリクエストを許可することをおすすめします。詳しくはワークスペース作成のリクエスト管理をご参照ください。

注意: アナウンスチャンネルで新しいワークスペースについてのお知らせを投稿しましょう。その際、ワークスペースの用途や、誰でも参加可能かどうかといった詳細情報も必ず通知に含めるようにしましょう。


共有チャンネルのリクエスト

メンバーが業務に必要なチャンネルを作成できる柔軟性があってこそ、Slack の有用性が際立ちます。コラボレーションと透明性の文化を促進する上でも役立つ点です。共有チャンネルの作成と管理の権限をオーガナイゼーションの一部のメンバーだけに制限する場合には、共有チャンネルのリクエストを監視するためのパブリックチャンネルを作成し、開示することをおすすめします。  


達成度の測定と評価

🏆  成功の定義 

最初に、自社のオーガナイゼーションにとって、Slack 導入の成功とは何を意味するかを定義します。成功の定義には次のような方法があります:

  • 複数の事業拠点にまたがるサイロ型構造を打破する
  • ワークスペース間の自由な情報の流れを促進する
  • メンバー、チャンネル、アプリ、情報をより見つけやすくする
  • エンジニアリング部門とサポートとのコミュニケーションを支援する


🔍  進捗状況の評価

次に、Enterprise Grid オーガナイゼーションの分析で、進捗状況を確認します。Grid の設計が、成功の評価基準達成に寄与しているかどうかを検証します。次のような指標をもとにこうした目標を測定することができます:

  • メンバーが定期的に #全社 共有チャンネルでやり取りをしている
  • メンバーがメッセージを送信している (閲覧するだけでなく)
  • メンバーがチャンネルに参加し、インストールされたアプリを利用している
  • 営業およびサポート部門のワークスペースのメンバーが共有チャンネルにアクティブに参加している


📈  分析の測定と検証 

自社の Enterprise Grid のアクティビティと統計情報を検証して、浸透状況を測りましょう。以下がその例です:

  • オーガナイゼーションの統計情報を定期的 (6カ月おきなど) に検証して、Slack の浸透率を追跡する。次の項目で増大がないか確認:
    • 送信されたメッセージの数
    • アップロードされたファイルの数
    • インストールされたアプリと内部インテグレーションの数
  • Slack 導入後、自社の作業効率はどのように改善されたかについて、聞き取り調査を行う。メンバーにワークフローに関する以下の点を確認:
    • 情報検索にかかる時間
    • 作業に利用するアプリやツール間の切り替えにかかる時間

💡  詳しくは、ワークスペースのアクティビティと統計情報の確認 のページを参照してください。

Tip: フォーカスグループやメンバーのアンケートを通じて、業務に使われているツールや方法、Enterprise Grid フレームワークがそのニーズに合致しているかどうかをよりよく理解しましょう。そして、その後また追跡調査しましょう!

Enterprise Grid の立ち上げについて質問がある?  success@slack.comまでお気軽にお問い合わせください — 喜んで対応いたします!

関連記事

最近チェックした記事