Enterprise Grid 管理者コントロール

Enterprise Grid では、相互に接続された社内の複数の Slack ワークスペースを管理者ダッシュボードから監視することができます。本ガイドでは、Enterprise Grid での Slack 管理の基本をご説明します:

  • オーガナイゼーションの管理者ダッシュボードから管理できる設定内容
  • Enterprise Grid へのチャンネルとワークスペースの移動方法
  • Enterprise Grid 共有チャンネルの使い方と使用のタイミング

 

管理者ダッシュボードによる管理

管理者ダッシュボードにより、拡大を続ける大規模で複雑なオーガナイゼーションを一元化されたアクセスポイントから集中管理することが可能になります。

管理者ダッシュボードにはあらゆる設定項目や環境設定がありますが、まず最初に基本的な調整の方法をいくつかご紹介します:

🕹 ワークスペースの設定

🔐 アクセス & セキュリティ

👥  メンバーの管理


チャンネルの移動

どの企業にもそれぞれに特色がありますので、Enterprise Grid オーガナイゼーションの設計や構成、そしてサイズは、オーガナイゼーション組織ごとに異なるユニークなものとなります。

オーガナイゼーションの構築には、以下の方法を使用します:

  • ワークスペースの新規作成
  • Enterprise Grid への既存のワークスペースの移動
  • あるワークスペースから別のワークスペースへのチャンネルの移動

担当のカスタマーサクセスマネージャー (CSM) がワークスペース移動のお手伝いをしますが、チャンネルの移動はご自分でも簡単に行うことができます!以下のヘルプセンターの記事をご参照ください:

Tip : チャンネル名のガイドラインを明確に設定して、会話を分かりやすく整理しましょう。詳しくは、 チャンネルの構成と名前の付け方 をご参照ください!


エンタープライズ共有チャンネル

エンタープライズ共有チャンネル は、オーガナイゼーション内の 1 つまたは複数のワークスペースで共有されるチャンネルです。 共有チャンネルにより、部門間で協力して行う業務や、知識の交換、または共通して興味があることなど、専用のスペースが提供されるため、メンバーは焦点が絞られたワークスペースで脱線することなく集中して取り組むことができるようになります。 

OrG のオーナーと管理者は、共有チャンネルを管理できるメンバーを決定することができます。こうした権限を持つメンバーは、共有チャンネルの作成、既存のチャンネルの他のワークスペースとの共有、そしてチャンネルへ投稿できるメンバーの変更を行うことができます。

共有チャンネルの管理についての詳細は、ヘルプセンターを参照してください :

Enterprise Grid の立ち上げについて質問がある?  success@slack.comまでお気軽にお問い合わせください — 喜んで対応いたします!

関連記事

最近チェックした記事