スラッシュコマンド

スラッシュコマンドとは、 メッセージボックスに直接コマンドを入力することで機能を実行させる、ショートカット機能です。Slack では 様々なスラッシュコマンドを使うことができます。利用可能なスラッシュコマンドを確認したい時は、メッセージボックスに「 / 」と入力して、ワークスペースのカスタムコマンドも含むスラッシュコマンドの一覧を表示できます。

カスタム・スラッシュコマンドを追加する

以下2つの方法で、スラッシュコマンドをワークスペースに 追加することができます。

  • 他社が提供しているサービスの「Slack に追加」ボタンを使うと、スラッシュコマンドや他の機能を Slack ワークスペースに追加できます。
  • 自分達のチームのオリジナルのカスタム・スラッシュコマンドを作成します。詳しくは、 my.slack.com/services/new/slash-commands  ページを参照してください。

スラッシュコマンド リスト

デスクトップ

iOS

Android

Windows Phone

コマンド

アクション

/アクティブ

「アクティブ」ステータスに戻る

/apps

App ディレクトリで Slackアプリを検索する

/archive

現在開いているチャンネルをアーカイブする。

/away

"away" (離席中) のステータスを切り替える。

/call

通話を発信する

/collapse

チャンネル内でインライン表示されている画像やビデオを全て折りたたむ。
(/expand コマンドの逆)

/dm

他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する

/dnd (おやすみモード)または /snooze (スヌーズ)

おやすみモードセッションを開始または終了する

/expand

チャンネル内の画像やビデオを全て展開してインライン表示する。
(/collapse コマンドの逆)

/feed help
[または subscribe・list・remove など]

RSS フィードの購読の管理

/feedback [あなたからのフィードバック コメント]

Slack にフィードバックを送る。

/invite @user [channel]

他のメンバーをチャンネルに招待する。

/join [channel]

チャンネルのページをオープン

/keys

キーボードショートカットの一覧を表示する。

/kick @user
または
/remove @user

現在のチャンネルからユーザーを外す。このアクションはチームのオーナーと管理者のみに制限することが可能です。

/leave
または
/close
または
/part

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/me [任意のテキスト]

入力したテキストを表示します。(例) /me does a dance と入力した場合「does a dance」と表示されます。

/msg user [メッセージ]
または
/dm user [メッセージ]

他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する。

/mute

チャンネルをミュートする。すでにミュートされている場合はそれを解除する。

/open [channel]

チャンネルのページをオープン

/prefs

Preferences をオープン

/remind me in [時間] to [メッセージ]

/remind me to [メッセージ] at [時間]

Slackbot リマインダーを設定して、指定の日時に自分に対してダイレクトメッセージを送信する。
日付を指定する時は、MM/DD/YYYY または DD.MM.YYYY (MM=月、DD=日、YYYY=年) と表記します。

/remind help

リマインダーの設定方法について詳細を確認する

/remind list

自分が設定したリマインダーのリストを表示する

/rename [新しい名前]

チャンネル名を変更する。(管理者のみ利用可)

/search [任意のワード]

Slack のメッセージやファイルを検索する。

/shortcuts

キーボードショートカットの一覧を表示する。

/shrug [メッセージ]

メッセージの最後に ¯\_(ツ)_/¯ を挿入する。

/status

カスタムステータスを設定またはクリアする

/topic [テキスト]

チャンネルのトピックを設定する。

/who

現在のチャンネルに参加しているユーザーのリストを表示する。

コマンド

アクション

/アクティブ

「アクティブ」ステータスに戻る

/apps

App ディレクトリで Slackアプリを検索する

/archive

現在開いているチャンネルをアーカイブする。

/away

"away" (離席中) のステータスを切り替える。

/call

通話を発信する

/close

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/collapse

チャンネル内でインライン表示されている画像やビデオを全て折りたたむ。
(/expand コマンドの逆)

/dm

他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する

/dnd (おやすみモード)または /snooze (スヌーズ)

おやすみモードセッションを開始または終了する

/expand

チャンネル内の画像やビデオを全て展開してインライン表示する。
(/collapse コマンドの逆)

/feed help
[または subscribe・list・remove など]

RSS フィードの購読の管理

/feedback [あなたからのフィードバック コメント]

Slack にフィードバックを送る。

/invite @user [channel]

他のメンバーをチャンネルに招待する。

/join [channel]

チャンネルのページをオープン

/kick @user
または
/remove @user

現在のチャンネルからユーザーを外す。このアクションはチームのオーナーと管理者のみに制限することが可能です。

/leave

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/me [任意のテキスト]

入力したテキストを表示します。(例) /me does a dance と入力した場合「does a dance」と表示されます。

/msg user [メッセージ]
または
/dm user [メッセージ]

他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する。

/mute

チャンネルをミュートする。すでにミュートされている場合はそれを解除する。

/open [channel]

チャンネルのページをオープン

/part

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/remind me in [時間] to [メッセージ]

/remind me to [メッセージ] at [時間]

Slackbot リマインダーを設定して、指定の日時に自分に対してダイレクトメッセージを送信する。
日付を指定する時は、MM/DD/YYYY (MM=月、DD=日、YYYY=年) と表記します。

/remind help

リマインダーの設定方法について詳細を確認する

/remind list

自分が設定したリマインダーのリストを表示する

/shrug [メッセージ]

メッセージの最後に ¯\_(ツ)_/¯ を挿入する。

/status

カスタムステータスを設定またはクリアする

/topic [テキスト]

チャンネルのトピックを設定する。

/who

現在のチャンネルに参加しているユーザーのリストを表示する。

コマンド

アクション

/アクティブ

「アクティブ」ステータスに戻る

/apps

App ディレクトリで Slackアプリを検索する

/archive

現在開いているチャンネルをアーカイブする。

/away

"away" (離席中) のステータスを切り替える。

/call

通話を発信する

/close

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/dm

他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する

/dnd (おやすみモード)または /snooze (スヌーズ)

おやすみモードセッションを開始または終了する

/feed help
[または subscribe・list・remove など]

RSS フィードの購読の管理

/feedback [あなたからのフィードバック コメント]

Slack にフィードバックを送る。

/invite @user [channel]

他のメンバーをチャンネルに招待する。

/join [channel]

チャンネルのページをオープン

/kick @user
または
/remove @user

現在のチャンネルからユーザーを外す。このアクションはチームのオーナーと管理者のみに制限することが可能です。

/leave

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/me [任意のテキスト]

入力したテキストを表示します。(例) /me does a dance と入力した場合「does a dance」と表示されます。

/msg user [メッセージ]
または
/dm user [メッセージ]

他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する。

/mute

チャンネルをミュートする。すでにミュートされている場合はそれを解除する。

/open [channel]

チャンネルのページをオープン

/part

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/remind me in [時間] to [メッセージ]

/remind me to [メッセージ] at [時間]

Slackbot リマインダーを設定して、指定の日時に自分に対してダイレクトメッセージを送信する。
日付を指定する時は、MM/DD/YYYY (MM=月、DD=日、YYYY=年) と表記します。

/remind help

リマインダーの設定方法について詳細を確認する

/remind list

自分が設定したリマインダーのリストを表示する

/shrug [メッセージ]

メッセージの最後に ¯\_(ツ)_/¯ を挿入する。

/status

カスタムステータスを設定またはクリアする

/topic [テキスト]

チャンネルのトピックを設定する。

/who

現在のチャンネルに参加しているユーザーのリストを表示する。

コマンド

アクション

/アクティブ

「アクティブ」ステータスに戻る

/apps

App ディレクトリで Slackアプリを検索する

/archive

現在開いているチャンネルをアーカイブする。

/away

"away" (離席中) のステータスを切り替える。

/call

通話を発信する

/close

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/dm

他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する

/dnd (おやすみモード)または /snooze (スヌーズ)

おやすみモードセッションを開始または終了する

/feed help
[または subscribe・list・remove など]

RSS フィードの購読の管理

/feedback [あなたからのフィードバック コメント]

Slack にフィードバックを送る。

/invite @user [channel]

他のメンバーをチャンネルに招待する。

/join [channel]

チャンネルのページをオープン

/kick @user
または
/remove @user

現在のチャンネルからユーザーを外す。このアクションはチームのオーナーと管理者のみに制限することが可能です。

/leave

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/me [任意のテキスト]

入力したテキストを表示します。(例) /me does a dance と入力した場合「does a dance」と表示されます。

/msg user [メッセージ]
または
/dm user [メッセージ]

他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する。

/mute

チャンネルをミュートする。すでにミュートされている場合はそれを解除する。

/open [channel]

チャンネルのページをオープン

/part

チャンネルまたはダイレクトメッセージをクローズする。

/remind me in [時間] to [メッセージ]

/remind me to [メッセージ] at [時間]

Slackbot リマインダーを設定して、指定の日時に自分に対してダイレクトメッセージを送信する。
日付を指定する時は、MM/DD/YYYY (MM=月、DD=日、YYYY=年) と表記します。

/remind help

リマインダーの設定方法について詳細を確認する

/remind list

自分が設定したリマインダーのリストを表示する

/shrug [メッセージ]

メッセージの最後に ¯\_(ツ)_/¯ を挿入する。

/status

カスタムステータスを設定またはクリアする

/topic [テキスト]

チャンネルのトピックを設定する。

/who

現在のチャンネルに参加しているユーザーのリストを表示する。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトでは、 全てのメンバー がこの機能を使うことができます。ワークスペース のオーナー は、カスタム・スラッシュコマンドを追加できるメンバーを制限することができます。 
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事