スラッシュコマンド

Slack では、スラッシュコマンド が特定の操作のショートカットとして機能しますメッセージの入力ボックスにスラッシュコマンドを入力するだけで、一つの操作で簡単にタスクを実行することができます。

利用可能なスラッシュコマンドを確認したいときは、チャンネル内またはダイレクトメッセージ内で / と入力すれば、自分達チームが作成したオリジナルのカスタムコマンドも含め、利用可能なコマンド全ての一覧を表示することができます。

カスタム・スラッシュコマンドを追加する

自分またはチームにとって必要なショートカットが見つからない場合は、カスタム・スラッシュコマンドを追加してみましょう。カスタムコマンドを追加する方法は2種類あります:

  • 自分達のチームのオリジナルのカスタム・スラッシュコマンドを作成します。詳しくは、Slack の App ディレクトリの  スラッシュコマンド  のページを参照してください。
  • Slack に追加 のボタンを使うと、サードパーティのサービスから スラッシュコマンドやその他の機能をワークスペースに追加することができます。


スラッシュコマンド リスト

スラッシュコマンド アクション
/me [任意のテキスト] 入力したテキストを斜体で表示する。(例) 「/me does a dance」 と入力した場合「does a dance」と表示されます。
/msg (または /dm) @メンバー [メッセージ]  他のユーザーにダイレクトメッセージを送信する。
/shrug [メッセージ]  メッセージの最後に ¯\_(ツ)_/¯  を挿入する 
/archive 現在開いているチャンネルをアーカイブする。
/collapse チャンネル内でインライン表示されている画像やビデオを全て折りたたむ。
(/expand コマンドの逆)
/expand チャンネル内の画像やビデオを全て展開してインライン表示する。
(/collapse コマンドの逆)
/invite @メンバー [#チャンネル] メンバーをチャンネルに招待する
/join [#チャンネル] チャンネルを開きメンバーになる
/kick (または /remove) @メンバー 現在のチャンネルからユーザーを外す。このアクションはワークスペースのオーナーと管理者のみに制限することが可能です。
/leave (または /close か /part) チャンネルを抜ける
/away* ログイン状態を切り替える (離席中 ⇄ アクティブ)
/mute チャンネルをミュートする (すでにミュートされている場合はそれを解除する)
/open [#チャンネル] チャンネルのページをオープン
/rename [新しい名前]** チャンネル名を変更する (管理者のみ利用可)
/topic [テキスト] チャンネルのトピックを設定する。
/who 現在のチャンネルに参加しているメンバーのリストを表示する
/remind [@メンバー または #チャンネル] to [何を] [いつ]** メンバーまたはチャンネル用にリマインダーを設定する
/remind help** リマインダーの設定方法について詳細を確認する
/remind list** 自分が設定したリマインダーのリストを表示する
/apps* App ディレクトリで Slackアプリを検索する  
/search [任意のテキスト]*  Slack のメッセージやファイルを検索する 
/dnd [時間設定テキスト]  おやすみモードを開始または終了する 
/feed help [または subscribe・list・ remove]  RSS フィード管理 (ヘルプ・購読・リスト・削除 など) 
/feedback [任意のテキスト]  Slack にフィードバックを送る 
/prefs*  環境設定を開く 
/shortcuts*  キーボードショートカットのメニューを表示する 
/star*  現在開いているチャンネルまたは会話にスターを付ける 


*モバイルアプリでは利用できません。
**Windows Phone アプリでは利用できません。

Slack を別の言語で使いたい? スラッシュコマンド (例 : /remind 等) は選択した言語によっては異なる場合がありますのでご注意ください。 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトの設定では 全ての メンバーがこの機能を使うことが可能ですが、ワークスペースのオーナー は、この機能を使うことができるメンバーマルチチャンネルゲストを限定することが可能です。 
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事