ワークスペースに新規メンバーを招待する

ワークスペースへ新メンバーが参加できるようにするには以下のいくつかの方法があります。

  • 一人または複数のメンバーにメールで招待を送信する
  • ワークスペースでカスタムの招待リンクを共有する
  • 新メンバーに各自のメールアドレスを使った新規登録を許可する

Tip : チャンネルではなく、ワークスペースに新しいメンバーを招待したい場合は、メンバーをチャンネルに招待する を参照してください。


招待を送信できるメンバー

ワークスペースに新しいメンバーを招待できるのは、ワークスペースのオーナーと管理者です。ワークスペースの他のメンバー (ゲストは除く) に招待の送信を許可することもできます。 

フリープランでは、メンバーはデフォルトで招待を送信できるようになっています。有料プランでは、ワークスペースのオーナーまたは管理者がこの権限を有効にする必要があります。 オーナーまたは管理者の方は、招待の権限の変更について詳しい情報を参照してください。


新規メンバーに招待を送る

デスクトップ

iOS

Android

メンバーを招待

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「メンバーを招待する」を選択します。有料プランでは、ゲストも招待できます (方法については、以下を参照)。 
  3. 1名または複数名にメールで招待を送信します。招待したい人のメールアドレスと氏名を入力します。希望に応じて 「他にも招待する」 または 「一度に複数追加する」 をクリックします。
  4. Default Channels (デフォルトのチャンネル) の Edit / add (編集 / 追加) をクリックして、招待メンバーを自動的に参加させるチャンネルを選択します。有料プランには、カスタムメッセージを作成するオプションがあり、招待の文面をパーソナライズすることができます。
  5. Send Invitations (招待を送信する) をクリックして終了です。

注意 : メンバーが招待を送信できる場合でも、デフォルトのチャンネルを設定できるのはオーナーと管理者のみです。


ゲストの招待

スタンダードプラン以上の場合、ワークスペースのオーナーと管理者だけマルチチャンネルゲストまたはシングルチャンネルゲストを招待できます。

マルチチャンネルゲスト

  1. メンバーの招待 の Step 1から3までに従います。
  2. プロンプトが表示されたら、ゲストにアクセスを許可するチャンネルの数を選択します。 
  3. ゲストにワークスペースへのアクセスを許可する期限を設定します。
  4. 準備ができたら、「ゲストを招待」をクリックします。

シングルチャンネルゲスト

  1. メンバーの招待 の Step 1から3までに従います。
  2. プロンプトが表示されたら、ゲストにアクセスを許可するチャンネルを1つ選択します。 
  3. ゲストにワークスペースへのアクセスを許可する期限を設定します。
  4. 準備ができたら、「ゲストを招待」をクリックします。
  1. 右から左にスワイプ して右サイドバーを開きます。
  2.  「メンバーを招待する」  をタップします。
  3. メールアドレスを入力するか、デバイスに保存してある連絡先から選択します。
  4. Send (送信) をタップして終了です。
  1. 右上の (オーバーフローアイコン ) をタップします。
  2. 「メンバー を招待する」 をタップします。
  3. メールアドレスを入力します。
  4. Send (送信) をタップして終了です。

 

招待リンクを共有する 

ワークスペースへ参加するため誰でも使用できるユニークなリンクを作成することもできます。リンクの有効期限は日、週、月単位で設定できます。有効期限なしに設定することも可能です。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「メンバーを招待」を選択します。
  3. 「メンバー」を選択します。 
  4. 「招待リンクを取得して共有する」をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューからリンクの有効期限を選択します。
  6. 「招待リンクを作成」をクリックします。
  7. 「コピー」をクリックして、参加予定のメンバーとリンクを共有しましょう! 


メールアドレスを使った登録

ワークスペースのオーナーは、メールアドレスによる新規登録を許可することができます。これにより、特定のドメイン (会社のドメインなど) のメールアドレスの新メンバーが招待状なしでワークスペースに参加できるようになります。

新メンバーがワークスペースに参加する前には、新メンバーのメールアドレス宛に、Slack より本人確認のための検証リンクが送信されます。ワークスペースが指定したドメインのメールアドレスをもつ新メンバーのみがアカウントを作成できます。

Tip : ワークスペースのオーナーの方は、ワークスペースの新規登録モードを変更する方法を参照してください。

 

保留中の招待を管理する

ワークスペースのオーナーと管理者は、デスクトップでワークスペースの保留中の招待と承諾された招待を表示でき、必要な場合は変更を行うことができます。

「招待を取り消す」を選択すると、招待をリストから削除して、送信済みの招待を無効にすることができます。招待の期限が切れるか招待メールが失われた場合は、「招待を再送信」 を選択すると、招待メールを新たに送信できます。

送信した招待が承諾されたかどうかの確認、または送信した招待の取り消しや再送信は以下の方法で行います :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「メンバーを招待」を選択します。
  3. 「ワークスペースの保留中・受諾済みの招待状を確認する」 をクリックします。
  4. Pending Invitations (保留中の招待) タブで、表示する招待の横にある (右矢印アイコン) をクリックします。
  5. Revoke Invitation (招待を取り消す)、Resend Invitation (招待を再送信) をクリックするか、何もせずにブラウザを閉じます。


メンバーの招待制限

招待の送信数に上限はありません。ただし Slack では、すでに大量の招待を送信したのに、承諾数があまりにも少なかった場合は、招待数に制限がつくことがあります。この場合、招待数の上限に達すると、すでに送信した保留中の招待は有効のままですが、新しい招待を送信することができなくなります。

参加希望者やワークスペースへの参加を承認された人だけに招待を送ることで、上限に達するのを防ぐことができます。一度に大量の招待メールを送信中に上限に達してしまった場合は、こちらまで連絡してください

注意 : 招待機能の制限が招待の取り消しによって解除されることはありません。制限は、送信された招待の数に対する承諾数の割合を基に決定されています。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • 通常、この機能を使えるのはワークスペースのオーナー管理者だけですが、メンバーにも許可されている場合があります。
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事