Slack のキーボードショートカット

キーボードショートカットを使えば、Slack の操作が軽々と行えます。ショートカットの早見表はいつでも / (Mac) または Ctrl/ (Windows/Linux) キーを押して表示できます。次に、詳細を紹介します。

キーボードショートカットを使うメリット

注意 :  Slack ではキーボードショートカットのカスタマイズはまだできませんが、前向きに検討しています。今後のアップデートにご期待ください!今のところは、早見表にあるショートカットを使ってください。

インターナショナルキーボードを使用している? そんな場合には、以下のリストとは違うショートカットもあります(*アスタリスクのマークがついています)。キーボードのレイアウトを管理するのページから、お使いのキーボード特定のショートカットを参照してください。


操作方法

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

クイックスイッチャー

(Tキーはデスクトップアプリのみ有効)

K

T

ダイレクトメッセージメニューを開く

ShiftK

チャンネル一覧を確認する

ShiftL

All Threads 画面を開く

ShiftT

前のチャンネルやDMに移動

Option

次のチャンネルやDMに移動

Option

前の未読チャンネルやDMに移動

Option Shift

次の未読チャンネルやDMに移動

OptionShift

前に閲覧したチャンネルやDMに移動

[

次に閲覧したチャンネルやDMに移動

]

Preferences を表示

(デスクトップアプリのみ有効)

,

右サイドバーを開く/閉じる

.

チャンネル情報を表示

ShiftI

Activity を開く

ShiftM

Directory を開く

ShiftE

スター付きアイテムを表示

ShiftS

現在開いているチャンネルや会話の中で検索する

F

前回の検索内容を開く 

⌘G

全画面表示の切り替え

^F

アクション 

Windows/Linux

クイックスイッチャー

(T キーはデスクトップアプリのみ有効) 

CtrlK

CtrlT

ダイレクトメッセージメニューを開く

CtrlShiftK

チャンネル一覧を確認する

CtrlShiftL

All Threads 画面を開く CtrlShiftT
前のチャンネルやDMに移動 Alt
次のチャンネルやDMに移動 Alt
前の未読チャンネルや DM に移動する AltShift
次の未読チャンネルや DM に移動する  AltShift
前に閲覧したチャンネルやDMに移動 Alt
次に閲覧したチャンネルやDMに移動 Alt

Preferences を表示

(デスクトップアプリのみ有効)

Ctrl, 
右サイドバーを開く/閉じる Ctrl.
チャンネル情報を表示 CtrlShiftI 
Activity を開く CtrlShiftM
Directory を開く CtrlShiftE
スター付きアイテムを表示 CtrlShiftS
現在開いているチャンネルや会話の中で検索する CtrlF 
前回の検索内容を開く  CtrlG
全画面表示の切り替え CtrlShiftF


全未読に関するショートカットキー

この機能についての詳しい説明とこの機能を有効にする方法については、全ての未読メッセージを確認する  ページを参照してください。

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

All Unreads 画面を開く

ShiftA

メッセージを未読にする

Option + メッセージをクリック

チャンネル間を移動

 または 

現在のチャンネルを既読・未読に切り替える

R

アクション

Windows/Linux

All Unreads 画面を開く

CtrlShiftA

メッセージを未読にする

Alt + メッセージをクリック

チャンネル間を移動

 または 

現在のチャンネルを既読・未読に切り替える

R


ワークスペースを切り替える

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

前のワークスペースにスイッチ

Shift[

次のワークスペースにスイッチ

Shift]

ワークスペースを指定してスイッチ (Slack アプリの画面の各ワークスペースアイコンの下に付けられた番号を確認)

[チーム番号]

アクション

Windows/Linux

前のワークスペースにスイッチ

CtrlShiftTab (Windows)

CtrlShift[ (Linux)

次のワークスペースにスイッチ

CtrlTab (Windows)

Ctrl] (Linux)

ワークスペースを指定してスイッチ (Slack アプリの画面の各ワークスペースアイコンの下に付けられた番号を確認) Ctrl[チーム番号]


メッセージを未読・既読にする

Mac

Windows/Linux

アクション 

Mac

現在のチャンネルまたはDM内の全てのメッセージを既読にする

Esc

全てのメッセージを既読にする

ShiftEsc

メッセージを一番古い未読メッセージに設定する

Option + メッセージをクリック

アクション

Windows/Linux

現在のチャンネルまたはDM内の全てのメッセージを既読にする

Esc

全てのメッセージを既読にする

ShiftEsc

メッセージを一番古い未読メッセージに設定する

Alt +メッセージをクリック
(Windows)

CtrlAlt +メッセージをクリック (Linux)


メッセージに関するショートカットキー

注意 : これらのショートカットキーを使う時は、必ずメッセージフィールド内にカーソルを移動させてからキーを押してください。

Mac

Windows/Linux

アクション 

Mac

最後のメッセージを編集する**

(空のメッセージフィールド内で押す)

テキストの現在行の先頭まで選択

Shift

テキストの現在行の最後まで選択

Shift

メッセージ内で改行

ShiftEnter

メッセージに絵文字リアクションする*

Shift\

選択したテキストを太字に設定

B

選択したテキストを斜体に設定

I

選択したテキストに取り消し線を設定

ShiftX

選択したテキストを引用

Shift>

選択したテキストをコードブロック

ShiftC

選択したテキストを番号付きリストに設定

Shift7

選択したテキストを箇条書きリストに設定

Shift8

ステータスを設定または編集する

ShiftY


** 「↑と↓を使って入力履歴を移動する」を有効にすると、ショートカットは に変わります。

アクション

Windows/Linux

最後のメッセージを編集する**

(空のメッセージフィールド内で押す)

テキストの現在行の先頭まで選択

Shift

テキストの現在行の最後まで選択

Shift

メッセージ内で改行

ShiftEnter

メッセージに絵文字リアクションする*

CtrlShift\

選択したテキストを太字に設定

CtrlB

選択したテキストを斜体に設定

CtrlI

選択したテキストに取り消し線を設定

CtrlShiftX

選択したテキストを引用

CtrlShift>

選択したテキストをコードブロック

CtrlShiftC

選択したテキストを番号付きリストに設定

CtrlShift7

選択したテキストを箇条書きリストに設定

CtrlShift8

ステータスを設定または編集する

CtrlShiftY


** 「↑と↓を使って入力履歴を移動する」を有効にすると、ショートカットは Ctrlに変わります。


ファイルとスニペット

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

ファイルをアップロードする

U

新しいスニペットを作成する

ShiftEnter

アクション

Windows/Linux

ファイルをアップロードする

CtrlU
新しいスニペットを作成する CtrlShiftEnter


通話のいろいろな機能

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

ミュートのON/OFF

(ミュート時に話すには長押しする)

M

ビデオのON/OFF

V

招待されているメンバーリストを表示する

+  または  A

絵文字リストを表示・選択する

Eを押して
1 - 9

アクション

Windows/Linux

ミュートのON/OFF

(ミュート時に話すには長押しする)

M
ビデオのON/OFF V
招待されているメンバーリストを表示する +  または  A
絵文字リストを表示・選択する Eを押して
1 - 9

関連記事

最近チェックした記事