チャンネルを作成する

新しいプロジェクトに着手する時や、進行中のトピックについて話し合いたい時など、コラボレーションの場となるのがチャンネルです。新しいチャンネルは次の手順で作成します。

チャンネルを作成できるメンバー

  • パブリックチャンネル : ゲストを除くワークスペースのメンバー全員 (デフォルト)
  • プライベートチャンネル : マルチチャンネルゲストを含むメンバー全員 (デフォルト)
  • ワークスペースのオーナーは、デフォルトの設定を変更してチャンネル作成権限を制限することもできます。

Slack を初めて使う方は、まずチャンネルについて詳しくお読みください。


チャンネルを作成する

デスクトップ

iOS

Android 

  1. 左サイドバーの「チャンネル」の横にある (プラスアイコン)をクリックします。
  2. チャンネル名を入力します。チャンネル名のプレフィックスを選択するオプションが表示される場合には、ドロップダウンメニューからいずれか1つを選択することができます。チャンネル名は80文字まで、日本語、英字 (小文字)、数字、ハイフン、アンダーバーが使えます。スペースやピリオドは入れないでください。
  3. 何のためのチャンネルかが誰でもわかるように、チャンネルの目的を追加します。
  4. 他のユーザーをチャンネルに追加する : 名前の入力を開始し、ドロップダウンメニューから名前を選択してそのユーザーを追加します。 後からメンバーを追加することもできます。
  5. トグルボタンを切り替えて、チャンネルを「パブリック」にするか「プライベート」にするかを決めます。
  6. 各項目の入力が終ったら、 「チャンネルを作成する」ボタンをクリックします。
  1. 右にスワイプしてチャンネルリストを表示します。
  2. 左サイドバーの「チャンネル」の横にある (プラスアイコン) をタップします。
  3. 右上の  Create (作成する) をタップします。
  4. トグルボタンを切り替えて、チャンネルを「パブリック」にするか「プライベート」にするかを決めます。
  5. チャンネル名を入力します。 名前は80文字まで、日本語、英字 (小文字)、数字、ハイフン、アンダーバーが使えます。スペースやピリオドは入れないでください。 
  6. 何のためのチャンネルかが誰でもわかるように、チャンネルの目的を追加します。
  7.  Create  をタップして終了です。
  1. 右にスワイプしてチャンネルリストを表示します。
  2. チャンネルヘッダーの横の   (プラスアイコン) をタップします。
  3. 右下の (プラスアイコン) をタップします。
  4. トグルボタンを切り替えて、チャンネルを「パブリック」にするか「プライベート」にするかを決めます。
  5. チャンネル名を入力します。 名前は80文字まで、日本語、英字 (小文字)、数字、ハイフン、アンダーバーが使えます。スペースやピリオドは入れないでください。
  6. 何のためのチャンネルかが誰でもわかるように、チャンネルの目的を追加します。
  7.  Create  をタップして終了です。

注意 : 他のチャンネルと同じ名前のチャンネル名は使えません。名前が既に使用されている場合は、Slack がその旨をお知らせします。


予約されたチャンネル名

特定の語句は予約されているため、お使いの表示言語に関わらず Slack のチャンネル名には使えません。言語別の予約済み語句は次のとおりです。

  • ブラジルポルトガル語 : aquí、canais、canal、eu、general、geral、grupo、mí、todos
  • 英語: archive、archived、archives、all、channel、channels、create、delete、deleted-channel、edit、everyone、general、group、groups、here、me、ms、slack、slackbot、today、you
  • フランス語: chaîne/chaine、général/general、groupe、ici、moi、tous
  • ドイツ語: alle、allgemein、Channel/channel、hier、Gruppe/gruppe、mir
  • 日本語: チャンネル、ここ、全員、自分、グループ、一般
  • スペイン語: aquí、canal、general、grupo、mí、todos
この機能を使えるのは誰?
  • メンバー、場合によってはゲスト (デフォルト) 
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

関連記事

最近チェックした記事