チャンネルを作成する

チャンネルとは、Slack でのコミュニケーションの中心となる場所です。チームの会話や業務のほとんどがチャンネルを利用して行われます。 作成できるチャンネルの数に制限はありませんので、適宜作成してチームで使いやすいように整理していきましょう。チャンネルには以下の2種類があります。

👀   パブリックチャンネル

メンバー全員に公開して会話をしたい時に使うチャンネルです。このチャンネルに投稿されたメッセージやファイルは、ゲストメンバー以外のワークスペースのメンバー全員が閲覧でき、検索することが可能です。

🙈   プライベートチャンネル

非公開で、内密な話をしたい時に使います。プライベートチャンネルに招待されたメンバーだけが、コンテンツを読んだり検索したりすることができます。チャンネル名の横にはプライベートチャンネルであることを示す   (鍵のアイコン) が表示されます。

Tip :  ワークスペースのコミュニケーションを整理しようと考えているなら、 チャンネルの構成と名前の付け方  をぜひ参照してみてください!チャンネル名の付け方や、チャンネルを整理するヒントなどが紹介されています。

 

新しいチャンネルを作成する

デスクトップ

iOS

Android 

Windows Phone

  1. 左サイドバーの  Channels の横の    (プラスアイコン) をクリックします。
  2. トグルボタンを切り替えて、作っているチャンネルをパブリック にするか、 プライベートにするかを決定します。
  3.  チャンネル名を、最大21文字以内で入力します。
  4. 他のメンバーから何のチャンネルかがわかりやすいようにPurpose (チャンネルの目的) フィールドにチャンネルの内容を追加することもできます。この情報があると、メンバーがそのチャンネルに参加するかどうかを判断するのに大変役に立ちます。
  5. チャンネルに招待するメンバーを選択します。 「invite」 ボックスをクリックしてメンバーリストを表示しメンバーを探すこともできますし、またはメンバーの名前を入力して検索することもできます。この手順をスキップして、後から招待を送ることも可能です。
  6. 各項目の入力が終了したら、 Create channel  (チャンネルを作成する) ボタンをクリックします。

Tip :  スラッシュコマンドを使って手早く新しいチャンネルを作ることもできます。 /join [新しいチャンネル名]   とメッセージボックス内で入力するだけです。

  1. 左から右にスワイプして、チャンネルリストを表示します。
  2. CHANNELS の横の    (プラスアイコン) をタップします。 
  3. 右上の  Create (作成する) をタップします。
  4. トグルボタンを切り替えて、作っているチャンネルを「パブリック」にするか「プライベート」にするかを決定します。
  5.  channel name (チャンネル名) を入力します。日本語・英数字関係なく、最大21文字まで入力可能です。また、任意で  purpose (チャンネルの目的) を入力することもできます。
  6.  Create  をタップして終了です。
  1. 左から右にスワイプして、チャンネルリストを表示します。
  2. CHANNELS の横の    (プラスアイコン) をタップします。 
  3. 右下の (プラスアイコン ) をタップします。
  4. トグルボタンを切り替えて、作っているチャンネルを「パブリック」にするか「プライベート」にするかを決定します。
  5.  channel name (チャンネル名) を入力します。日本語・英数字関係なく、最大21文字まで入力可能です。また、任意で  purpose (チャンネルの目的) を入力することもできます。
  6.  Create  をタップして終了です。
  1. 右上の    (メニューアイコン) をタップしてチャンネルリストを表示します。
  2. スクロールダウンして、Channels の横の   (プラスアイコン) をタップします。
  3. Add New Channel (新しいチャンネルを追加する) をタップします。
  4. トグルボタンを切り替えて、作っているチャンネルを「パブリック」にするか「プライベート」にするかを決定します。
  5.  channel name (チャンネル名) を入力します。最大21文字まで入力可能です。また、任意で   purpose  (チャンネルの目的) を入力することもできます。
  6.  Create  をタップして終了です。

 

チャンネルを作成できるメンバー

デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でも新しいチャンネルを作成できますが、ワークスペースのオーナーは、パブリックチャンネルとプライベートチャンネルの作成権限をそれぞれ、または両方とも制限することが可能です。チャンネル作成権限を変更する場合、ワークスペースのオーナーは、Team Settings (チームの設定) > Permissions (権限) > Channnel Management (チャンネルの管理) から変更します。

 

チャンネル名

チャンネルに適切な名前をつけることはとても重要な作業です。「せっかく考えた名前が使えない!」ということがないように、名付け作業に入る前に、以下チャンネル名の入力規則と注意事項について確認してください。

文字数制限

チャンネル名は最大21文字までで、どの言語でも入力可能です。ラテン文字の場合は小文字のみ、ラテン文字以外の文字、数字、ハイフン (-) が利用できます。

同じチャンネル名が存在しないこと

Slack では、ユーザー名やチャンネル名、アプリ名が既に使われている場合、同じ名前を使うことはできません。一見使われていないようでも、Slack からその名前が既に使われていると言うメッセージが返ってきた場合、メンバーの誰かがプライベートチャンネルでその名前を使っている可能性があります。

確保されたチャンネル名

既に予約されているためにチャンネル名やユーザー名に使えない名前があります。以下の名前は使えません :

  • 英語 : archive, archived, archives, all, channel, channels, create, delete, deleted-channel, edit, everyone, general, group, groups, here, me, ms, slack, slackbot, today, you
  • フランス語: chaîne/chaine, général/general, groupe, ici, moi, tous
  • ドイツ語: alle, allgemein, Channel/channel, hier, Gruppe/gruppe, mir
  • 日本語: チャンネル, ここ, 全員, 自分, グループ, 一般
  • スペイン語: aquí, canal, general, grupo, mí, todos

 

関連記事

最近チェックした記事