バッジ通知

デスクトップの Slack アイコンにバッジが表示されている場合、チェックが必要な未読アクティビティがあることを意味します。 


バッジ通知を使用する 

Mac

Windows

Linux

Mac では、未読アクティビティがある場合、Slack アイコン上に赤いバッジが追加されます。

unread_icon 赤丸が表示されている場合は、参加しているワークスペースのどれかにおいて、未読アクティビティがあることを意味します。
unread_dm_icon 数字が表示されている場合は、チームのメンバーがあなたをメンションした、あなたにダイレクトメッセージを送信した、またはマイキーワードを含むメッセージが投稿されたことを意味します。

環境設定を行う

バッジ通知の ON/OFF は環境設定から以下の方法で切り替えることができます : 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「環境設定」を選択します。
  3. 「通知」 をクリックします。
  4. サウンド&表示」の項目で、「新しいアクティビティがあった時 Slack アイコンにバッジ () で表示する」の横にあるボックスをチェックする、またはチェックを外します。

Tip : 複数のワークスペースに参加している場合には、バッジ通知を使用したいワークスペースを選択することができます。

Windows では、タスクバーと通知領域の2か所にバッジ通知が表示されます。

通知領域

Slack が起動中の時には、Slack アイコンが通知領域に表示されます。

  • 青いバッジが表示されている場合は、参加しているワークスペースのどれかにおいて、未読アクティビティがあることを意味します。
  • 赤いバッジが表示されている場合は、チームのメンバーがあなたをメンションした、あなたにダイレクトメッセージを送信した、またはマイキーワードを含むメッセージが投稿されたことを意味します。

バッジ通知をオフにすることはできませんが、代わりに、Slack ウィンドウを閉じている時に Slack アプリが起動したままにならないように設定することが可能です。この設定により、Slack アイコン (とバッジ) が通知領域に表示されなくなります。以下に手順を説明します:

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「環境設定」を選択します。
  3.  「Windows 専用アプリ」をクリックします。
  4.  「ウィンドウが閉じてる間もアプリを通知領域で起動中にしておく」の項目のチェックを外します。 


タスクバー

タスクバーに赤いバッジが表示されている場合は、チームのメンバーがあなたをメンションした、あなたにダイレクトメッセージを送信した、またはマイキーワードを含むメッセージが投稿されたことを意味します。

 Slack アイコンをフラッシュさせることで新しいアクティビティを知らせるようにすることもできます : 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「環境設定」を選択します。
  3. Notifications (通知) をクリックします。
  4. 「サウンドと表示」の項目で「通知の受信時にウィンドウをフラッシュさせる」にチェックを入れます。 

また、「コンピューターをアクティブに使用していない時のみアイコンを点滅させる」オプションも表示されます。このボックスにチェックを入れると、お使いのコンピューターが10秒以上アイドル状態だった場合に通知が届いた場合にのみアイコンが点滅します。

Tip : Slack ウィンドウを閉じている場合にも Slack アイコンがタスクバーに引き続き表示されるようにするためには、「通知の受信時にウィンドウをフラッシュさせる」を選択したうえで、2番目のオプションのチェックを外したままにします。 

注意 : タスクバー設定で、小さいタスクバーボタンを使うように設定されていると、Slack アイコン上のバッジは表示されません。

Linux では、Slack アプリの起動中は、Slack アイコンが通知領域に表示されます。

  • 青いバッジが表示されている場合は、参加しているワークスペースのどれかにおいて、未読アクティビティがあることを意味します。
  • 赤いバッジが表示されている場合は、チームのメンバーがあなたをメンションした、あなたにダイレクトメッセージを送信した、またはマイキーワードを含むメッセージが投稿されたことを意味します。

バッジ通知をオフにすることはできませんが、代わりに、Slack ウィンドウを閉じている時に Slack アプリが起動したままにならないように設定することが可能です。この設定により、Slack アイコン (とバッジ) が通知領域に表示されなくなります。以下に手順を説明します:

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2.  Linux App  のタブをクリックします。
  3.  「ウィンドウが閉じてる間もアプリを通知領域で起動中にしておく」の項目のチェックを外します。 

注意 :  パネル内の Slack アイコンには、キーワードを含む未読アクティビティに関する情報は反映されません。

関連記事

最近チェックした記事