メッセージ履歴をインポートする

Slack のインポートツールを使えば、以下のサービスからメンバーとメッセージ履歴を Slack ワークスペースへアップロードすることができます :

  • Campfire
  • Chatwork
  • Hall
  • CSVファイルまたはテキストファイル


Step 1: インポートについて理解する

インポートを始める前に、具体的に何を Slack へインポートできるのかを把握しておくことをおすすめします。詳細を以下にまとめました。

メンバー数

メッセージ

元のサービスを利用しているメンバーを希望に応じて Slack へ招待します。各メンバーにつき、 次の操作を行うことができます :

  • Slack アカウントを作成し、メンバーをワークスペースへ招待する
  • 無効化されたアカウントを作成し、後で参加するようメンバーを招待する
  • メンバーのメッセージをインポートするが、そのメンバー本人はワークスペースへ招待しないよう選択する (メッセージはボットメッセージとして表示されます)
  • メンバーもその人のメッセージのいずれもインポートしないよう選択する

注意 : メールアドレスを持たないメンバーはボットユーザーとしてインポートされます。このままにしておくこともできますし、希望に応じてそのメンバーの Slack アカウントを作成することもできます。

Slack にメッセージをマッピングする際に、メッセージのマッピング先をチャンネルごとに選択することができます。以下のオプションから選択します :

  • インポートされたコンテンツを Slack の新規または既存のパブリックチャンネルにマッピングする
  • インポートされたコンテンツを Slack の新しい (自分が参加している) プライベートチャンネルにマッピングする
  • 特定のメッセージを Slack へインポートしないよう選択する


Step 2: インポートを開始する 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 右上のデータのインポート/エクスポートをクリックします。
  4. インポート元のサービス名の横に表示される  Import  をクリックします。
  5. Slack、Hipchat、Hall、Chatwork または CSV やテキストファイルの場合には、「ファイルを選択」をクリックし、ファイルを添付して「インポートを開始する」をクリックします。Flowdock の場合には、自分のアカウントを認証し、インポートを開始します。Campfire の場合は、Campfire の URL とトークンを入力します。 


インポートの準備が完了すると、メールと Slackbot メッセージが届きます。💌

警告 :   .zip/.csv/.txt 形式のファイルを Slack にインポートする前に編集すると、インポートの過程でエラーが発生することがありますので、編集しないようにしてください。

注意 :  容量の大きいインポートには時間がかかり、Slack アプリのパフォーマンスに一時的に影響することがあります。1時間あたり1インポートから始めてみてください。

 


Step 3: インポートをマッピングする 

インポートの準備が無事完了しました!それでは、インポートされたメンバーとメッセージ履歴を Slack ワークスペースへ次の方法でマッピングしていきましょう:

  1. Slack からのインポートの準備完了を知らせるメールを開き、「インポートを続行する」をクリックします。 または、 データのインポートページから、 「必要な情報」ボタンをクリックします。
  2. インポートするデータとインポート先を設定します。メンバーとメッセージは自動的にマップされるようになっていますが、これが必ずしも正しいとは限らないため、自分でマップ先を指定することができるようになっています。 
  3. 「変更を保存する」をクリックします。 
  4. 準備ができたら、 「はい、インポートを続行します」を選択します。


インポートが完了すると、確認メールが届きます。 

注意 :  ダイレクトメッセージ、グループメッセージ、そしてプライベートチャンネルの履歴をインポートすることはできません。これにはプラスデータエクスポート からのデータも含まれます。

要注意 :  インポートの途中でインポートをキャンセルしたり、一旦完了した後にロールバックさせてから、もう一度インポートをやり直すことができます。インポート元のサービスのImport Data (データのインポート) ページの Cancel (キャンセル)または Start Rollback (ロールバックを開始) をクリックします。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー 管理者のみが この機能にアクセスすることができます。 
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事