メッセージ履歴をインポートする

以下からのメッセージ履歴のインポートに対応しています :


メッセージ履歴を Slack にインポートする

  1.  Import Data  ページ :  my.slack.com/services/import  にアクセスします。
  2. インポート元のサービス名の横に表示される  Import  をクリックします。
    •  Slack、HipChatHallCSV テキストファイル の場合は、 Choose File  ボタンをクリックして、.zip/ .csv/ .txt ファイルを添付します。それから、 Start Import  をクリックしてインポートを開始します。
    •  Flowdock の場合は、Flowdock の自分のアカウントで認証し、インポートを開始します。
    •  Campfire  の場合は、Campfire の URL とトークンを入力してインポートを開始します。

インポートを開始します。インポートの次のステップへの準備が整ったら、Slack からメールまたは Slackbot メッセージで通知が届きます。次のステップに関しては、インポートしたデータを Slack にマップする  の項目を確認してください。

警告 :   .zip/.csv/.txt 形式のファイルを Slack にインポートする前に編集すると、インポートの過程でエラーが発生することがありますので、編集しないようにしてください。

注意 :  ボリュームの大きいインポートには時間がかかり、Slack チームのパフォーマンスに一時的に影響を与える可能性があります。1時間につき1インポートにとどめておくことをおすすめします。

 

インポートしたデータを Slack にマップする

インポートの準備が整うと、Slack からメールが届きます。そのメールの  Continue your import  をクリックするか、もし既に Slack の  Import Data  ページを開いている場合は、  Information required  ボタンをクリックします。

次に、どのデータをインポートするか、Slack チームのどこにインポートしたデータをマップするかを選択して設定することができます。 ユーザーとチャンネルは自動的にマップされるようになっていますが、これが必ずしも正しいとは限らないため、自分でマップ先を指定することができるようになっています。 

メールアドレスを持たないユーザーはボットユーザーとしてインポートされます。このままにしておくこともできますし、変更することも可能です。

ユーザーをインポートする

古いチームのメンバー全員、または一部をインポートすることができます。(インポートしないことももちろん可能です。) 各メンバーごとに、以下のオプションを選択します :

• アカウントを作成してそのユーザーを招待する。
• 非アクティブなアカウントをとりあえず作成しておき、ユーザーを後から招待する。
• メッセージだけを保存する。(この場合、それらのメッセージはボットからのメッセージとして表示されます。)
• インポートしないことを選択する。

チャンネルをインポートする

Slack にチームのメッセージをマッピングする際に、メッセージのマッピング先をチャンネルごとに選択することができます。以下のオプションから選択します :

• インポートしたチャンネルを Slack チームの既存のチャンネルに割り当てる。
• インポートしたチャンネルを Slack チームの新しいチャンネルに割り当てる。
• インポートしたチャンネルを Slack チームの新しいプライベートチャンネルに割り当てる。
• チャンネルをスキップして、そのメッセージをインポートしない。

ユーザーとチャンネルのマッピングが終わったら、 Save Changes  をクリックします。確認画面でもう一度見直して、必要があれば変更を加えます。もし問題なければ、 Yes, proceed with import  (はい、インポートを続行します) をクリックします。

インポートの手順は以上です!インポートが完了すると、Slack からメールで通知が届きます。

注意 :  ダイレクトメッセージ、グループメッセージ、そしてプライベートチャンネルの履歴をインポートすることはできません。

要注意 :  インポートの途中でインポートをキャンセルしたり、一旦完了した後にロールバックさせてから、もう一度インポートをやり直すことができます。インポート元サービスの  Import Data  ページから Cancel  (キャンセル) または  Start Rollback  (ロールバックを開始) をクリックします。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • チームのオーナー 管理者 のみがこの機能にアクセスすることができます。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事