チャンネルからメンバーを外す

操作手順 :

  1. チャンネルウィンドウの上にある    (show channel detailsアイコン) をクリックして、右側にチャンネルの詳細を開きます。
  2.  Membersリストから、チャンネルから外したいメンバー名をクリックします。
  3.  Remove from channel  (チャンネルから外す) を選択します。


この手順を実行するとすぐに、そのメンバーはチャンネルの参加メンバーではなくなり、Slackbot からも誰によってチャンネルから外されたかを伝えるメッセージが届きます。

Tip 「 /remove (ユーザー名) 」 コマンドを使えば、さらに手早くこの機能を実行することができます。  

注意 : チームのオーナーは、チャンネルからメンバーを外す権限を持つメンバーを制限することができます。オーナーは Team Settings (チームの設定) : https://my.slack.com/admin/settings  にアクセスして設定します。


要注意 :

  • オーナー・管理者・通常メンバーがパブリックチャンネルから外された場合、外された後からもそのチャンネルの履歴とファイルにアクセスすることが可能です。
  • メンバーの種別に関係なく、メンバーがプライベートチャンネルから外された場合は、そのチャンネルのアーカイブへアクセスすることはできず、また、再度そのチャンネルに招待されない限りは、そのチャンネルに参加し直すこともできません。
  • ゲストがチャンネルから外された場合、即座にそのチャンネルの履歴とファイルにアクセスできなくなります。
  • #general のような  チームの共通チャンネル からメンバーを外すことは誰にもできません。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトでは チームのオーナー管理者 だけが、パブリック チャンネルからメンバーを外すことができます。また、デフォルト設定では、メンバーは、プライベートチャンネルから他のメンバーを外すことができるようになっています。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事