デフォルトのチャンネルを設定する

Slack では、ワークスペースまたはEnterprise Grid オーガナイゼーションで新しくメンバーとなった人が自動的に参加するデフォルトチャンネルを設定することができます。

デフォルトのチャンネルのメリット

  • 新メンバーが自動的にデフォルトのチャンネルに追加される
  • ワークスペースに参加する際に必要な情報がすぐに得られる
  • 新規採用の従業員をすぐに企業文化、ポリシーや福利厚生チャンネルに追加できる 

Tip : Enterprise Grid プラン をご利用の場合には、デフォルトのチャンネルを 任意 または 参加必須 に設定することもできます。例えば、企業文化チャンネルへの参加を任意にし、安全衛生チャンネルへの参加を必須にすることができます。  


デフォルトのチャンネルを管理する

パブリックチャンネルとパブリックの 共有チャンネル(ベータ)のみをデフォルトチャンネルとして選択することができます。操作手順は以下の通りです:

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトのチャンネルを追加する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. デフォルトチャンネルの横にある 開くを クリックします 。
  4. デフォルトで新メンバーを参加させたいチャンネル名を入力してください。
  5. Save (保存) をクリックして終了です。

デフォルトのチャンネルを削除する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. デフォルトチャンネルの横にある 開くを クリックします 。
  4. チャンネル名の右の小さな白の 「x」 をクリックして削除します。
  5. Save (保存) をクリックして終了です。

デフォルトチャンネルとして追加する場合、チャンネルはSlack Enterprise オーガナイゼーション全体で共有されている必要があることにご注意ください。

デフォルトのチャンネルを追加する

  1. デスクトップから Slack Enterprise Grid にサインインします。
  2. 「設定」の項目で「共有チャンネルの設定」をクリックします。
  3. デフォルトチャンネルの下の、チャンネルを追加するをクリックしてください。
  4. チャンネルを選択し、「次へ」をクリックします。
  5. チャンネルのメンバーシップを「任意」「必須」のどちらにするかを選択します。
  6. チャンネルに投稿できるメンバーを選択します。また、チャンネルに投稿されたメッセージに対してスレッド形式での返信を追加可能にするかどうかを選択します。 
  7. 「次へ」 をクリックして変更内容を確認します。 
  8.  保存する  をクリックします。

このプロセスは、オーガナイゼーションでデフォルトに設定したい共有チャンネルの数に応じて最大25のチャンネルまで繰り返すことができます。


デフォルトのチャンネル設定を編集

  1. デスクトップから Slack Enterprise Grid にサインインします。
  2. 「設定」の項目で「共有チャンネルの設定」をクリックします。
  3. 「デフォルトのチャンネル」から、チャンネルにマウスポインターを重ね、左の「その他」アイコンをクリックします。
  4. 「チャンネル設定を編集する」をクリックして、設定内容を選択します。
  5. 「次へ」 をクリックして変更内容を確認します。 
  6.  「保存する」 をクリックします。

Tip : 新メンバーをワークスペースに招待する際に、デフォルトのチャンネルをカスタマイズすることもできます。詳しくは、 新規メンバーをワークスペースに招待する  を参照してください。

注意 : どのメンバーも #general チャンネルへの参加は必須であり、このチャンネルをデフォルトチャンネルのリストから削除することはできません。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナーと管理者がこの機能にアクセスすることができます。 
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事