チャンネルにメンバーを追加する

Slack では業務がチャンネルに集約されるため、適切なメンバーをチャンネルに集めることがとても大切です。チャンネルにメンバーを追加するには、対象のメンバーがワークスペースに参加 (Enterprise Grid プランではオーガナイゼーションに参加) している必要があります。

注意 : ゲストがアクセスできるのは、ワークスペース全体ではなく参加しているチャンネルのみです。

 

チャンネルへの招待を送信する

デスクトップ

iOS

Android

Windows Phone

  1. メンバーを追加するチャンネルを開きます。
  2. 画面上部の (チャンネル設定アイコン) をクリックします。
  3.  「新しいメンバーを招待する」を選択します。
  4. プライベートチャンネルへの招待を送信する場合には、今回招待されるメンバーが参加後にチャンネルの履歴を見てもいいかどうかを Slack が確認してきます。この内容につき、詳しくは以下を参照してください
  5. 招待するメンバーの名前を入力し、候補から本人を選択します。続いて、追加したい各メンバーの名前の横の  (プラスアイコン) をクリックします。 Slack のチャンネル招待画面のスクリーンショット
  6. 完了したら、 Enter  キーを押すか、 「招待」ボタンをクリックします。
  1. 右にスワイプしてチャンネルリストを表示します。
  2. メンバーを招待するチャンネルを開きます。
  3. 画面上部のチャンネル名をタップします。
  4. プライベートチャンネルへの招待を送信する場合には、今回招待されるメンバーが参加後にチャンネルの履歴を見てもいいかどうかを Slack が確認してきます。この内容につき、詳しくは以下を参照してください
  5.  「メンバーを追加する」をタップし、そのメンバーの名前の横にある丸印をタップします。
  6.  「招待する」 をタップします。
  1. 右にスワイプしてチャンネルリストを表示します。
  2. メンバーを招待するチャンネルを開きます。
  3. 画面上部のチャンネル名をタップします。
  4. プライベートチャンネルへの招待を送信する場合には、今回招待されるメンバーが参加後にチャンネルの履歴を見てもいいかどうかを Slack が確認してきます。この内容につき、詳しくは以下を参照してください
  5.  「メンバーを追加する」をタップし、そのメンバーの名前の横にある丸印をタップします。
  6.  「完了」をタップします。
  1. 右にスワイプ してチャンネルリストを表示します。
  2. メンバーを招待するチャンネルを開きます。
  3. 画面上部のチャンネル名をタップします。
  4.  「招待する」をタップし、そのメンバーの名前の横にある丸印をタップします。
  5.   (矢印のアイコン) をタップします。

Tip : メンバーをチャンネルに招待するには、スラッシュコマンド「/invite」を使います。「/invite」と入力し、続けて追加したいメンバーの @[表示名] をメッセージフィールドに入力します。その後 Enter キーを押すか「送信する」を選択します。

注意 : ワークスペースのオーナーと管理者は、デフォルトのチャンネルを設定し、新しいメンバー全員をワークスペース参加時に自動で追加することもできます。

 

チャンネルへのリンク

Slack メッセージにパブリックチャンネルへのリンクを挿入したい時は、チャンネル名を入力します (例:#新チャンネル)。他のメンバーは、必要に応じてメッセージ内のチャンネル名をクリックして内容をプレビューしたり、チャンネルに参加することができます。

注意 : Enterprise Grid プランをご利用の場合には、メッセージ内で引用するチャンネルがワークスペース間で共有されていることを事前に確かめるようにします。共有されていない場合、チャンネル名へのリンクは機能しません。

 

プライベートチャンネルの履歴

プライベートチャンネルへメンバーを招待する際には、既存のプライベートチャンネルへ追加する方法と新しいプライベートチャンネルを開始する方法の2つのオプションから選択できます。既存のプライベートチャンネルにメンバーを追加すると、そのメンバーはチャンネルの履歴を閲覧できるようになります。

新しくチャンネルをスタートすることを選択すると、既存のチャンネルは名前を変えた上でアーカイブされます。そして、新しいプライベートチャンネルは、アーカイブされたチャンネルに参加していたメンバーに新しく招待したメンバーを加えて作成されます。新しいメンバー以外のメンバーは、アーカイブされたチャンネル履歴へのリンクを確認することができます。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • メンバー全員 とマルチチャンネルゲスト
  • フリー、 スタンダード、 プラス、 Enterprise Grid の各プラン

関連記事

最近チェックした記事