チャンネルやワークスペースに通知する

時には、期限ギリギリの変更、すぐに返事が欲しいリクエスト、重大な決定など、急ぎで知らせたいニュースがあることと思います。通知したいメンバー数によって、いくつかの方法を使い分けてメッセージを届けることができます。📣

基本

  • @here とメンションすると、そのチャンネル (その時開いているチャンネル) に参加していて、ステータスがアクティブになっている全メンバーに対して、通知を送ることができます。
  • @channel とメンションすると、その時のステータスが「アクティブ」か「離席中」かに関係なく、チャンネルに参加する全メンバーに通知が届きます。
  • @everyone とメンションすると、その時のステータスが「アクティブ」か「離席中」かに関係なく、 #general チャンネル の全メンバーに通知が届きます。
  • @here、@channel や @everyone の多用は避けましょう。特定の人物の注意をひきたい場合には、その人を直接メンションする ことをおすすめします。

Tip :  特定のグループに通知を送りたいなら  ユーザーグループ の作成がオススメです!(この機能は、スタンダードプランかそれ以上の有料プランのワークスペースで利用できます。)

注意 : スレッド内で これらのメンションを使った場合には通知が送信されません。.


@everyone

@everyone は、ワークスペース全体が参加するチャンネル (#general チャンネル) でのみ使うことができます。メッセージに @everyone を含めると、その時のステータスが「アクティブ」か「離席中」かに関係なく、チャンネルの全メンバー (例: ワークスペースの全員) に対してデスクトップとモバイルの通知が送信されます。

どんな時に @everyone を使うと便利?

  • カフェスペースでプライベートなイベントがあることをオフィス全体に知らせる。
  • 新しい休暇規則について組織内に通知する。
  • 緊急避難訓練について会社のみんなに連絡する。


@here

参加しているチャンネルでアクティブなステータスで作業をしているメンバーだけの注意をひきたい場合には、@here を使います。離席中のメンバーに通知したくない場合に特に便利です。

どんな時に @here を使うと便利?

  • オフィスから閉め出され、社内にいる誰かにドアを開けてもらう必要がある。
  • ランチなど、その場にいる人向けに即興でイベントを予定する。
  • アクティブ状態で勤務しているチームメンバーから素早く回答を得る。

注意 : 通知が大量に届くことを避けるため、@here を使用するとチャンネルのメンバーのデスクトップアイコンに バッジ通知が表示 されますが、アクティビティリスト には表示されないようになっています。


@channel

@channel は、チャンネルのメンバー全員に関連する情報をタイムリーに伝えるのに適しています。このメンションを使うと、アクティブであるか離席中であるかに関わらず、チャンネルのメンバー全員にデスクトップとモバイルでアラートが届きます。 

どんな時に @channel を使うと便利?

  • 締め切り間近の期日変更についてプロジェクトチームのチャンネルに連絡する。
  • チャンネルの構成や業務プロセスの変更についてメンバーに知らせる。
  • チャンネルのメンバーに対して新入社員や部門横断的なパートナーを紹介する。 

Tip : 6人以上のメンバーがいるチャンネルで @channel@everyone のメンションを使うと、送信前にメッセージを確認するよう求められます。ワークスペースのオーナーはこの警告をオフにすることもできます。


設定と権限

デフォルトの設定では、メンバー全員が @channel と @here メンションを使うことができます。 ワークスペースのオーナーはいつでも この設定を変更する ことができます。

Enterprise Grid プランを利用している場合、大規模なチャンネルでのメンション機能の仕様が、通常チャンネルでのメンション機能と若干異なります。1,000人以上のメンバーがいるチャンネルでは、ワークスペースのオーナーと管理者のみが @channel と @here を使うことができます。

注意 : ワークスペースで @everyone の使用を オーナーと管理者のみ に限定することができます。その場合、 @channel と @here を #general チャンネルで使用できるのはオーナーと管理者のみとなります。

ボットメッセージ : ボットメッセージを使ってメンバーに通知する場合には、メッセージに必ず <!channel> または <!everyone> を含めます。

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら 誰でもこの機能を使えます。
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事