ワークスペースにアプリを追加する

Slack を最大限に活用するためには、チームのメンバー、ツールや業務を一か所に集めれましょう。アプリを Slack に追加すれば、重要性の最も高いツールをつなげて業務を集約できます。ウィンドウの切り替えはもういりません。 

 

アプリをブラウズする

アプリを閲覧するためには次の2つの方法があります: App ディレクトリまたは Slack から直接のどちらかです。

Slack App ディレクトリを詳しく見る

App ディレクトリには Slack と連携できるあらゆるアプリが掲載されています。ご専門の領域や分野がどんなものであれ、仕事をもっと快適に、生産性を向上させ、さらには楽しいものにしてくれるかもしれないアプリが見つかります!Slack App ディレクトリをチェックして探してみましょう。🔍

ヒントをブラウズする

  • Slack の App ディレクトリにはワンクリックでいつでもアクセスできます。デスクトップから画面左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開き、App & インテグレーションを選択します。
  • 他のメンバーがすでに使用しているアプリを表示するには、右上の「管理」をクリックします。
  • ワークスペースのオーナーによって承認済アプリ機能が有効にされている場合は、ページ左側のApproved for this Workspace (このチームにつき承認されたアプリ) (Categories (カテゴリー) の下) をクリックして、メンバーが使用を許可されたアプリの完全なリストを表示します。

Slack 内でアプリを見つける

他のメンバーがすでに使っているアプリを確認したい場合や、新しいアプリを見つけたい場合にも、Slack を離れる必要はありません。デスクトップから、左サイドバー内のアプリのとなりにある プラスアイコンをクリックするだけで表示できます。

Tip: ボットを含め、Slack にインストールしたアプリは、「アプリ」の左側サイドバーの下に一覧表示されます。

  

アプリをインストールする

Slack に追加したいアプリを見つけたら、インストール (デスクトップの Slack 内で閲覧している場合) をクリックするか、App ディレクトリ内で追加したいアプリのアイコンの下にあるボタンをクリックします。手順に従い、アプリを起動させましょう。

要注意 : Slack 対応アプリは誰でもつくることができます。そのため、信頼できるツールやサービスを選択することが大切です。Slack API の利用規約に違反していると思われるアプリがあった場合は、こちらまでご連絡ください

Tip: App ディレクトリの「Slack に追加」ボタンを見つけて、お気に入りのアプリをワンクリックで追加しましょう。

 

アプリの承認をリクエストする

ワークスペースのオーナーは、メンバーのアプリを承認または制限することができます。

ワークスペースのオーナーですか?メンバーのアプリの管理方法について詳しく見てみましょう。

利用したいアプリがワークスペースの承認済アプリのリストにない場合は、次の手順で承認リクエストをワークスペースのオーナーに送信することができます。

  1. アプリのアイコンの下にある緑の「リクエスト」ボタンをクリックします。
  2. ワークスペースのオーナーから、アプリのインストールリクエストにカスタムメッセージを含めることを要求または許可されることがあります。
  3. 準備ができたら、「リクエストを送信」をクリックします。

 

アプリの上手な使い方

多種多様なアプリがあり、ひとつとして全く同じものはありません。ワークスペースでアプリを最大限に活用してもらえるよう、アプリの使い方のヒントをピックアップしました。

  • 気の散る雑音はなるべく排除しましょう。 アプリが更新情報を大量に投稿するようなら、そのアプリ専用のチャンネルを作成した方がよいかもしれません。他の会話やチャンネルと区別しやすくなります。
  • スラッシュコマンドを自在にあやつりましょう。 多くのアプリでは、カスタムスラッシュコマンドが利用可能です。スラッシュコマンドをマスターすれば、Slack でのある種の作業がさらに簡単に、効率良くなります。スラッシュコマンドについて詳しく見てみましょう
  • ワンクリックで仕事を片付けましょう。 アプリの中には、Message Button (メッセージボタン) 機能が利用できるものがあります。メッセージボタン機能とは、クリックするだけでアクションを実行したり、他のツールと連携したりできる機能です。

 

アプリをミュートする

DropboxGoogle Docs のようなアプリはミュートすることが可能です。チャンネルにそれらサービスのリンクをコピー&ペーストした際に、Never import those files/links (今後これらのファイル/リンクをインポートしない) を選択してミュートします。

ミュートした後に、これらのサービスからのインポートを再度可能にしたくなった場合は、Muted Integrations  (ミュートされたインテグレーション)のページ にアクセスし Unmute (ミュートを解除する)をクリックします。

 

アプリを作成する

自分で Slack アプリを作成してみたいですか?Slack API のページから始めてみましょう。ご質問やご意見など何かありましたら、お気軽にお問い合わせください。皆さんからのコメントを楽しみにしています!🤗

Tip : Slack でアプリを作成する際、チームメンバーを共同制作者として追加する ことができます。そうすれば、みんなで協力してアプリをビルド・管理・更新していくことができます。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバー全員この機能を利用できます。 
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事