メッセージの書式設定

必要に応じて書式設定を使うことで、わかりやすく、詳しいメッセージを作成することができます。Slack アプリの種類により、テキストの書式設定の方法には以下の2通りがあります :

  • 入力しながら書式設定 : デスクトップアプリとモバイルアプリでは、以下の記号を使って入力しながら書式設定をすることができます。
  • キーボードショートカットの使用 : デスクトップでは、キーボードショートカット を使ってテキストを書式設定することもできます。例えば、メッセージの中の「Slack」という単語を太字にしたい場合には、単語「Slack」を選択 (テキストハイライト) して B キーを押します。

Tip : テキストの同じ選択範囲に複数の書式を設定することができます。例えば、*I am _very_ excited* と入力すると、I am very excited と表示されます。

 

太文字

bold.png


テキストを太字にするには、対象のテキストの前後を次のように * (アスタリスク) で囲みます : *対象のテキスト*

デスクトップのショートカット :
Mac : B
Windows/Linux : CtrlB


斜体

italics.png

テキストを斜体にするには、対象のテキストの前後を次のように _ (アンダースコア) で囲みます : _対象のテキスト_

デスクトップのショートカット :
Mac : I
Windows/Linux : CtrlI


取り消し線

strikethrough.png


テキストに取り消し線を設定するには、対象のテキストの前後を次のように ~ (チルダ)で囲みます : ~対象のテキスト~

デスクトップのショートカット :
Mac : ShiftX
Windows/Linux : CtrlShiftX

注意 : 残念ながら「取り消し線」の場合は、日本語 (全角) 入力ができません。また「斜体」の場合は、日本語 (全角) 入力はできますが、装飾記号で囲んだテキストブロックの前後にスペースを入れてください。


引用

quotes.png

引用をする時には、テキストの文頭に次のように大なり (>) を入力します :
1つの文を引用
>>>
複数の文を引用

デスクトップのショートカット : 
Mac : Shift>  
Windows/Linux : CtrlShift>


インラインコード

inlinecode.png


インラインコードを設定するには、対象のテキストの前後を次のようにバッククォート  (`) で囲みます :
`1つの単語や1行の文を書式設定`
```
ひとまとまりのテキストを書式設定```

デスクトップのショートカット : 
Mac : ShiftC  
Windows/Linux : CtrlShiftC

注意 : 太字や斜体など他の書式はインラインコードには表示されません。より高度にコードをシェアする場合には スニペットの作成をおすすめします!


リスト

lists.png


リストを書式設定するためには、メッセージの最初に番号または黒点 (•) を入力します。 Shift Enter を入力すると、書式設定済みの行が新しく作成されます。

デスクトップのショートカット :
番号付きのリストの場合 :
Mac : Shift7
Windows : CtrlShift7
黒点による箇条書きの場合 :
Mac : Shift8
Windows : CtrlShift8

Tip :   MacならOption +  8 、Windowsなら Alt +  7 (テンキー使用)で  ●  が簡単に入力できます。

注意 : これらの装飾記号は、英数 (半角) と日本語 (全角) のどちらのモードでも入力することが可能です。(一部例外あり)ですが、英数 (半角) 入力をする場合は、装飾記号で囲んだテキストブロックの前後にスペースを入力する必要があります。

Markdown についてヒトコト

Slack メッセージの書式設定は、大多数のユーザーのニーズに対応するよう設計されています。マークダウン記法を使用されるユーザーは少数のため、対応は行っていません。

その他の装飾オプションは  ポストを作成する  のページをチェック!

注意 : メッセージでは、テキストにハイパーリンクを設定することはできません。URL を含める場合には、メッセージフィールドに URL をペーストしてください。詳しくは Slack でリンクを共有する のページをチェック! 

Tip : ボットメッセージのフォーマットについての詳しい説明は、Slack APIドキュメントより メッセージのフォーマット ページを参照してください。

関連記事

最近チェックした記事