メッセージの書式設定

Slackメッセージでは、とても簡単にテキストの装飾ができます!ここでは、デスクトップとモバイルで使用できる便利な装飾オプションをご紹介します。

強調

メッセージを強調したい時は、テキストの前後を  *  (アスタリスク) で 囲むと太字に、 _  (アンダーバー) で囲むとイタリック体にすることができます。


取り消し線

テキストの前後を  ~  (チルダ) で 囲む と、取り消し線を引くことができます。メッセージの訂正や To-Do リストで完了した項目をチェックするのに使えます。


リスト

メッセージ内にリストを作成する時は、Shift + Enterで新しい行を作成して、各項目の前に番号や黒点 (●) を追加していきます。

Tip :   MacならOption +  8 、Windowsなら Alt +  7 で  ●  が簡単に入力できます。

 

引用タグ

インデントで長文テキストの引用をする時には、メッセージの 文頭 に > (大なり) を入力します。

          >    1つの段落の長文テキストを引用する
        >>> 複数の段落の長文テキストを引用する


コードブロック

テキストの前後を  `  (バッククォート)で 囲む と、テキストを等幅フォントで表示することができます:

         `バッククォート(1つ)`      で、等幅フォントのテキストを文の途中に挿入して表示することができます。
      ```バッククォート(3つ)```  で、フォーマット済みの等幅フォントのテキストをブロックで表示することができます。

注意: 太字やイタリック体など他の書式はコードブロックには表示されません。また、シンタックスハイライトには対応していません。より高度にコードをシェアする場合にはスニペットの作成をおすすめします!

 

ボットメッセージのフォーマット

ボットメッセージのフォーマットについての詳しい説明は、Slack APIドキュメントより  メッセージのフォーマット  ページを参照してください。

ヒトコト:Markdownについて

多くのユーザーの皆様より、Slack メッセージ内で Markdown を使いたいとのコメントをいただいていますが、現時点では Markdown への対応は予定していません。Slack メッセージのフォーマットは他の人気のあるサービスに似た仕様になっており、これは開発ターゲットであるメインユーザー層のニーズに合わせたためです。Markdown はこのメイン層に馴染みがないというのが現状です。ですが今後の課題として引き続き検討していきます。 🔮

その他の装飾オプションは  ポストを作成する  のページをチェック!

注意 :  Slackメッセージでは、テキストにハイパーリンクを設定することはできません。URLを含むには、メッセージボックスにURLをペーストしてください。詳しくは  リンクの共有  ページをチェック!

関連記事

最近チェックした記事