メッセージやファイルを検索する

Slack の検索機能を使えば、以前に投稿されたメッセージやファイルが必要になった時、すぐにそこに戻って確認することができます。ここでは、Slack が誇るコア機能の1つである検索機能のノウハウをご紹介します!


Slack 内を検索する

Slack での検索はとても簡単です :

  1. Search (検索) ボックスをクリックすると検索モディファイアと呼ばれる演算子がリスト表示されます。これらの検索条件を選択するだけで、検索結果を簡単に絞ることができます。

  2. さらに、検索ボックスに検索キーワードを入力していくと、その文字列から予測されるチャンネルやメンバー、検索履歴の候補が提示されます。

  3.  Enter キーを入力して、検索を実行します。

 

検索モディファイア

検索モディファイアを使えば、特定のチームのメンバーやチャンネル、ファイル等と、簡単に検索を絞り込むことができます。以下、利用可能な検索モディファイアの一覧です。 

チャンネル/DM

アイテム

日時

in:チャンネル名

指定したチャンネル内のメッセージとファイルだけを検索

in:ユーザー名         

指定したメンバーとのダイレクトメッセージ内だけを検索

to:自分の名前

自分宛ての全てのダイレクトメッセージから検索

from:ユーザー名     

特定のメンバーからのメッセージに絞って検索
(投稿先は問わず、チーム全体を検索)

from:自分の名前

自分が投稿・送信したメッセージに絞って検索
(投稿先は問わず、チーム全体を検索)

has:link

URL を含むメッセージに絞って検索

has:star

自分がスターしたメッセージを検索 (右上の星のアイコンをクリックして、自分がスターしたアイテムを確認することもできます。)

has:絵文字コード       

絵文字で リアクション されたメッセージを検索 

before:日付 指定した日付以前のメッセージとファイルを検索
after:日付 指定した日付以降のメッセージとファイルを検索
on:日・月・年 指定した時のメッセージとファイルを検索
during:月・年 指定した期間 (月または年) に投稿されたファイルを検索

Tip :  日付を入力する代わりに、以下のキーワードを使用すれば、検索がさらに楽になります: yesterday (昨日)、today (今日)、week (今週)、month (今月)、または year (今年) 。       


日付を使う時は、以下の表記を使用します:
(MM=月、DD=日、YYYY=年)

米国ローカル方式

MM/DD/YYYY
MM-DD-YYYY

国際標準方式

YYYY-MM-DD
YYYY/MM/DD

注意 :  以下の表記には対応していません : DD-MM-YYYY

複数のモディファイアを組み合わせる

検索モディファイアを組み合わせることで、複数の検索条件を指定して検索することができます。例えば…あるファイルを探している時、@emilie か @kathryn がそのファイルをアップロードしたのは覚えてるけど、どっちだったか確かじゃない。その場合、検索ボックス内に from:emilie from:kathryn と入力して検索を実行、それから Files  タブをクリックすれば、どちらかのメンバーによってアップロードされたファイルの一覧が確認できます。

 

検索結果

探しているメッセージやファイルが確実に見つかるように、Slack は入力されたキーワードに関連するワードを含むアイテムも合わせて検索結果に表示します。例えば「Slack」で検索した場合、「Slacking」や「Slacked」などのワードを含むメッセージやファイルも検索結果に含まれてくるでしょう。

メッセージ VS ファイル

メッセージ

検索結果一覧の各アイテムごとに、投稿された日時と投稿されたチャンネルの情報が合わせて表示されます。オリジナルの会話をプレビュー表示で確認する時は  Expand  をクリックします。もしくは、右側の  Jump  をクリックして、もともとその会話が投稿された場所に戻って確認します。

ファイル

ファイルは検索結果に一覧で表示されます。探しているファイルを見つけたら、そのファイルにマウスポインターを重ねてオプションを表示させます。 

上位の検索結果

検索結果に  Top Results (上位の検索結果) が表示されることがあります。この機能は、そのアイテムの関連性や更新日、さらにユーザーの Slack における活動傾向などの多くの要因を基に、検索結果を自動的にランク付けして関連性の高いアイテムを優先的に検索結果に表示するものです。

 Top Results に「役に立った」「役に立たなかった」と評価を返すことで、今後の検索の向上に役立ちます。

 

検索結果の並び替えとフィルタリング

検索結果の並べ替えやフィルタ機能を上手に使えば、さらに探しているものが見つかりやすくなります。以下に検索結果の絞り方をいつくか紹介しますので、ぜひ使ってみてください!

並び替えとフィルタリングの上手な使い方

  • 検索結果リストの  Messages  Files  を切り替えることで、メッセージとファイルのどちらかのタイプに絞り込むことができます。
  • ファイルを検索する場合は、探しているファイルの種類を指定します。

  •   Recent  をクリックして投稿時間の新しい順に、Relevant  をクリックして関連性の高い順に、メッセージやファイルを並べ替えることができます。
  •  Include をクリックして検索条件のオプションを表示し、検索に含めたい条件にチェックします。

 

検索からチャンネルを除外する

雑談チャンネルのような検索に明らかに関係のないチャンネルがある場合、そのチャンネルを検索範囲から外して、検索結果をより関連性の高いものだけに絞ることができます。

  1. チーム名をクリックして、チームメニューを開きます。
  2.  Preferences  を選択します。
  3.  Search  をクリックします。
  4.  Don't search these channels の下のテキストボックスをクリックしてチャンネルリストを表示し、検索から常に除外するチャンネルを選択します。   

 

ショートカットリスト

以下のキーボードショートカットを使えば、さらに効率良く検索することができます。 

  Mac Windows
現在のチャンネルやダイレクトメッセージ内だけを検索

F

Ctrl F

提案される検索候補アイテム間を素早く移動 

/

 

Tab

 

Shift
tab

検索を実行

Enter

 

高度な検索

以上で検索の基本的な使い方の説明は終了です。検索についてさらに詳しく知りたい場合は、  Slack での高度な検索  のページを参照してください。 🔍 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトでは、全てメンバーゲストがこの機能を使うことができます。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事