Slack 内を検索する

スマートにテキパキと仕事をこなすためには、Slack で探している情報が確実に見つかるようにすることが大切です。Slack でチームの会話の履歴を検索すれば、業務の進行に必要な関連メッセージ、ファイル、チャンネルや人が簡単に見つかります。

Slack 内の検索方法


検索を開始する

デスクトップ

iOS

Android

  1. 右上の 検索フィールドをクリックして検索ウィンドウを開きます。または、 F (Mac) /CtrlF (Windows/Linux) のキーボードショットカットを使って、開いているチャンネルや会話から検索することもできます。
  2. 検索フィールドに探している内容を入力し、必要に応じて検索モディファイアを追加します。Slack が関連するチャンネルやファイル、最近の検索を提示します。
  3. 提示されたオプションの一覧から適切な検索結果をクリックして Slack で開くか、 Enter キーを押して表示します。
  1. 右上の  (虫眼鏡アイコン) をクリックします。
  2. 検索したいワードを入力します。
  3. 「メッセージ」または「ファイル」をタップします。 (検索の実行中でもこれらのオプションを切り替えることができます。)
  4. より簡単に結果を絞り込めるよう、検索条件の入力例が提示されます。適切なものがあれば、それを選択しましょう。
  5. 検索をタップします。
  1. 右上の  (虫眼鏡アイコン) をクリックします。
  2. 検索したいワードを入力します。
  3. 「メッセージ」または「ファイル」をタップします。 (検索の実行中でもこれらのオプションを切り替えることができます。)
  4. より簡単に結果を絞り込めるよう、検索条件の入力例が提示されます。適切なものがあれば、それを選択しましょう。
  5. デバイスのキーボードで (虫眼鏡アイコン) をタップし、検索を実行します。

Tip : メッセージフィールドに /sスラッシュコマンドを入力して、新しい検索をスタートすることができます。


検索モディファイアを追加する

検索モディファイアを使うと、Slack で探したい範囲を絞り込んで情報をすばやく見つけることができます。ひとつのモディファイアを使うことも、複数のモディファイアを組み合わせることもできます。どのモディファイアを使うべきか分からない場合には、後で検索結果をフィルターすることも可能です。


検索モディファイア

説明  検索モディファイア
他のメンバーが共有した情報を検索する from:@[表示名] from:@sara
特定の会話を検索する

in:[チャンネル名]
in:@[表示名]

in:#チーム-マーケティング 
in:@sara
日付または時間枠を検索する*

before:日付
after:日付
on:日付
during: または

before:4/8/2019
after:4-8-2019
on:4/8/2019
during:4月

特定の絵文字リアクションを検索する

has::[絵文字コード]:

has::white_check_mark:
ピン留め、スター付き、リンクのあるアイテムを検索する

has:ピン
has:スター
has:リンク

 

*Tip : 日付を指定して検索するには、MM/DD/YYYY または MM-DD-YYYY 形式 (米国内) / YYYY/MM/DD または YYYY-MM/DD (その他の国) 形式を使用します (MM=月、DD=日、YYYY=年)。また、yesterday (昨日)、today (今日)、week (今週)、month (今月)、year (今年) などのキーワードを使うこともできます。


検索結果のフィルタリング

Slack の検索機能を使いこなすには、結果をフィルターして必要な内容を見つけましょう。デスクトップアプリでは、モバイルアプリよりも多彩なフィルターオプションが使えます。

デスクトップ

iOS

Android

Slack で検索すると、検索結果はメッセージ、ファイル、チャンネル、人の4つのタブに分かれて表示されます。それぞれのタブで、関連度順や日付順に結果を並べ替えることができます。これらのオプションを切り替えるには、 (下向きの矢印) アイコンをクリックします。

Screen_Shot_2019-08-01_at_2.36.42_PM.png

メッセージ

検索条件に一致する Slack 内のメッセージをすべて表示できます。

  • 検索結果のひとつにマウスポインターを合わせ、「チャンネルで表示する」をクリックすると元のメッセージが表示されます。 (リンク) アイコンをクリックしてメッセージへのリンクをコピーすることもできます。
  • 右側のオプションを使用して、人、チャンネル、ダイレクトメッセージ、対象期間などでフィルターします。


ファイル

検索を実行すると、ワークスペースでアクセス可能なファイルのすべてがスキャンされ、ファイルのタイトルとコンテンツのどちらかに一致する結果が表示されます。ファイルをクリックして開くほか、検索結果にマウスポインターを合わせてその他のオプションを表示することができます。

  •  (ダウンロードアイコン) をクリックしてデスクトップに保存します。
  •  (矢印アイコン) をクリックしてチャンネルまたはメンバーと共有します。
  •  (その他) アイコンをクリックすると、Slack 内でファイルを表示したり、ファイルへのリンクをコピーしたり、ファイルにスターを付けたり、元のファイルを開くことができます。
  • 右側のオプションを使用して、人、チャンネル、ダイレクトメッセージ、対象期間などでフィルターします。


チャンネル

名前、説明、会話のトピックからチャンネルを検索します。

  • 結果をクリックすると Slack のチャンネルが開きます。
  • 検索結果にマウスポインターを合わせると、参加していないチャンネルの場合には参加することができます。すでに参加しているチャンネルの場合には退出することができます。
  • 右側のオプションを使用してチャンネルのタイプなどでフィルターします。


名前、役職やプロフィール情報からはもちろん、会話に上がるトピックからもユーザーを検索できます。Slack の検索対象に含まれるのは、パブリックチャンネルとダイレクトメッセージのみです。検索用語に関連するユーザーが見つかります。ワークスペースのオーナーと管理者は、検索フィルターとして使用できるプロフィールフィールドをカスタマイズすることができます

  • 検索結果にマウスポインターを合わせ、「メッセージ」をクリックしてダイレクトメッセージを送信するか、「プロフィールを表示」をクリックします。
  • 右側のオプションを使用してアカウント種別やその他のプロフィールフィールドでフィルターします。
  • 検索結果リストのメッセージファイル を切り替えることで、メッセージとファイルのどちらかのタイプに絞り込むことができます。
  • 検索結果を絞り込むには、下にスワイプして追加のモディファイアの一覧から選択します。
  • 検索結果リストのメッセージファイル を切り替えることで、メッセージとファイルのどちらかのタイプに絞り込むことができます。
  • 戻るボタンをタップして別の検索モディファイアを適用します。

注意 : Slack で検索を行うと、検索用語に完全一致した結果と検索用語を含む結果が一覧表示されます。例えば、report を検索すると、reportsreporting などが表示されます。


検索に関するその他の Tip

  • クォーテーションマークで囲むと、特定のキーワードやフレーズに一致する結果のみを表示できます (例: "レポート")。
  • 単語の一部分の後ろに * (アスタリスク) を入力すると、その文字列を含むすべてのアイテムを検索することができます (例: rep* と検索すると reply report などが返されます)。
  • あいまい検索はサポートされていないため、キーワードにスペルミスや誤字があった場合に、自動で正しいキーワードを予測して検索する機能はありません。
  • 検索ウィンドウ以外をクリックするとウィンドウが閉じてしまいますが、デスクトップで5分以内に G (Mac) または CtrlG (Windows / Linux) を押せば、検索結果ウィンドウを再度開くことができます。

 

関連記事

最近チェックした記事