メッセージとファイルのカスタム保存ポリシーのカスタマイズ

カスタムの保存ポリシーを設定すると、設定した期間より古いメッセージやファイルは日次で消去されます。

カスタム保存ポリシーは、ワークスペース全体またはチャンネルごとに設定することができます。メンバーによってピン留めされたりスターが付けられたものも含め、すべてのメッセージとファイルにこれらの設定が適用されます。

警告 :  一旦削除されたメッセージとファイルのリカバリーは不可能です。⚠️ カスタム保存ポリシーを設定する際には、十分注意をしてください。 

注意: メッセージとファイルの保存ポリシーが変更された場合、Slackbot から変更を伝えるメッセージがワークスペースのオーナー全員に対して送信されます。

 

メッセージの保存

チャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージのメッセージ保存ポリシーは、以下の4つのオプションから 選択が可能です:

  • 全てのメッセージを保存する(デフォルト)
    ワークスペースで交わされたメッセージ のすべてが Slack に保存されます。しかしユーザーによるメッセージの編集や削除の記録は保存されず、これらは、 データのエクスポートに含まれます。 
  • Keep all messages and keep edit and deletion logs  (全てのメッセージと編集・削除ログを保存する)
    このオプションを選択すると、全てのメッセージの編集と削除の記録が、編集・削除前のオリジナルメッセージと合わせて、Slack に保存されます。
  • Keep messages and logs, but only for a set number of days  (メッセージとログを一定期間の間保存する)
    この設定にすると、指定した期間を過ぎた古いメッセージは、チャンネルとダイレクトメッセージから完全に削除されます。最短1日から、期間を設定することが可能です。 
  • チャンネルの上書きを許可する
    この設定では、メンバー各自がプライベートチャンネルとダイレクトメッセージの保存ポリシーを設定することができます。ワークスペースのオーナーは、ワークスペース全体のパブリックチャンネルのポリシーを上書きすることもできます。

 

メッセージ保存ポリシーの設定

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ダイレクトメッセージやチャンネルでメッセージに関するカスタム保存ポリシーを設定するときは、以下の手順に従ってください :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから ワークスペース の設定を選択します。
  3.  メッセージの保存のとなりの 展開するをクリックし、お好みの保存設定を選択します。
  4. 保存 をクリックして終了です。

ポイント:  メンバー各自がプライベートチャンネルとダイレクトメッセージの保存ポリシーを設定可能な場合には、メンバー各自のポリシーはワークスペース全体のポリシーを上書きします。

注意: OrG のオーナーが OrG の保存ポリシーを変更する場合には、Slack にご連絡いただく必要があります。 

OrG オーナーは、Enterprise Grid オーガナイゼーションにカスタムのメッセージ保存ポリシーを設定することができます。OrG のプライマリーオーナーには、新しいメッセージ保存ポリシーの承認または却下をリクエストする Slackbot メッセージが届きます。

OrG 全体にポリシーを設定すると、メンバーが個別に保存設定を変更することはできなくなります。


メッセージ保存ポリシーの確認は以下の方法で行います:

    1. デスクトップから Slack Enterprise Grid にサインインし、オーガナイゼーションの管理をクリックします。
    2.  設定から、メッセージとファイルをクリックします。
    3. メッセージ保存ポリシーからチャンネルとダイレクトメッセージのポリシーを閲覧します。

 

ファイルの保存ポリシーを設定する

ファイル保存ポリシーの設定時には以下の2つのオプションを選択できます:

  • 全てのファイルを保存する(デフォルト)
    共有ファイルは全て、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。
  • 全てのファイルを一定期間の間のみ保存する
    この設定にすると、 指定した期間を過ぎた古いファイルは、完全に削除されます。 これには、スニペットや、Slack にアップロードされたファイル、Dropbox や Google ドライブなどのアプリケーションから共有したファイルも含まれます。(それらのアプリケーションに保存されているオリジナルのファイルには影響ありません。) ポストも最後に編集されたタイミングを基に削除されます。

 

ファイル保存ポリシーの設定

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースで共有されたファイルのカスタム保存ポリシーを設定するときは、以下の手順に従ってください :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから ワークスペース の設定を選択します。 
  3. ページをスクロールダウンし、 File Retention  (ファイル保存ポリシー) の項目を開きます。
  4. ファイルの保存ポリシーを選択したら、Save  (保存する) をクリックして設定を保存します。

注意: OrG のオーナーが OrG の保存ポリシーを変更する場合には、Slack にご連絡いただく必要があります。 

OrG オーナーは、Enterprise Grid オーガナイゼーションにカスタムのファイル保存ポリシーを設定することができます。OrG のプライマリーオーナーには、新しいファイル保存ポリシーの承認または却下をリクエストする Slackbot メッセージが届きます。

OrG 全体にポリシーを設定すると、メンバーが個別に保存設定を変更することはできなくなります。


ファイル保存ポリシーの確認は以下の方法で行います:

    1. デスクトップから Slack Enterprise Grid にサインインし、オーガナイゼーションの管理をクリックします。
    2.  設定から、メッセージとファイルをクリックします。
    3. ファイル保存ポリシーからポリシーを閲覧します。

注意 :  現在のところ、チャンネルごとにファイルの保存ポリシーを設定することはできません。

誰がこの機能を使用することができますか?
  •  ワークスペースのオーナー とOrG オーナーだけがこの機能にアクセスできます。 
  • 有料プランでご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事