ポストを作成する

プロジェクトの企画やマニュアルなど、ボリュームの大きい情報をチームで共有したい —— そんなときにはSlack上で共有して共同編集もできる「ポスト」の作成がおすすめです。

Tip : ポストや スニペットはお好みの言語で作成することができます!ポストをさらに見やすく仕上げたい時は、ポストの書式設定  のページから 詳しい書式設定の手順をチェック! 

 

ポストの作成・共有

  1. メッセージボックスの横にある (プラス) アイコンをクリック、 ポストを選択し、ポスト作成画面を開きます。 
  2. ポストを作成するときは、まずタイトルを入力しましょう。入力した文章は自動的に下書きとして保存されていきます。デフォルトでは、ポストは非公開設定になっているため、自分がポストを共有しない限り自分以外の人がそのポストを確認・検索することはできません。
  3. ポストを共有するときは、右上にある  Share  (共有) アイコンをクリックし、そのポストを共有するチャンネルまたはメンバーを選択します。ポストのプレビューが会話に送信されるので、チームのメンバーはそのプレビューをクリック&拡大して確認します。 

ポストを共有するまでは、何度でも下書きファイルに戻って編集することができます。下書きは、 my.slack.com/files  ページの  My Files  (マイファイル) タブから確認できます。

注意 : 現在、モバイルアプリからポストを作成または編集することはできません。

 

ポストを共同で作成する

どんなポストについても、ワークスペースのメンバーで共同作業をすることができます。操作手順 :

  1. ポストを共有する準備ができたら、右上の Share (共有する)ボタンをクリックします。 
  2. 共有したい チャンネルまたはメンバーを選択します。
  3. Let others edit this post (他のメンバーの編集を許可する)の隣のボックスにチェックを入れます。
  4. 共有するをクリックします。

他のメンバーの編集を許可するボックスにチェックを入れない場合でも、後で変更することが可能です:

  1.   Edit in new window (新しいウィンドウで編集する)アイコンをクリックしてポストを開きます。
  2.   More actions (その他のアクション) アイコンをクリックします。
  3. 他のメンバーの編集を許可する の隣のボックスにチェックを入れます。

ポストの編集者を自分だけにした場合でも、コメント機能を使えばメンバーと意見を交換しながら作業を進めることができます。もちろん、このコメント機能は、共同編集するときにも便利です!コメントはポストに付随しているので、ポストを参照しながら意見を交換することができ、効率よく会話ができます。 


共同編集について

ポストが共同編集可能に設定されているとき、チームメンバーは、交代でポストを編集することができます。 編集 アイコンをクリックしてテキストを編集し、終わったら 編集を終了 アイコンをクリックして終了します。その後、他のメンバーの編集が可能になります。

他のメンバーが作業中の時にポストを確認すると 編集 アイコンは灰色になって表示され、今誰がポストを編集しているかが表示されます。  

Tip :  プライベートチャンネル、またはダイレクトメッセージでポストを共有することで、編集権限を持つメンバーを限定できます。ですがこの場合でも、メンバーが選択すれば、そのポストを編集メンバー以外とも共有をすることが可能となります。

 

共同編集をオフにする

共同編集設定をオフにしたいときは、ポストの    (More actions/その他)  アイコンをクリックしてメニューを開き、 Let others edit this post  (他のメンバーの編集を許可する) のチェックをはずします。

 

ポストの共有リンクを作成する

ポストは誰とでも、Slackのワークスペース以外の人とでも、共有リンクを使って共有することができます。以下の手順でリンクを作成します。

  1. 共有したいポストを開きます。
  2. ポストの  その他 アイコンをクリックしてドロップダウンリストを表示します。
  3. Create public link  (共有リンクを作成) を選択します。
  4. クリップボードにリンクをコピーして  Done  (終了する) をクリックします。

この共有リンクを使用すれば、誰でもインターネット上でこのポストを開くことができます。  

また、共有リンクはいつでも無効にすることが可能です。上記手順後に、共有リンクを確認 を選択して 無効にする を選択します。リンクを無効にすると、Slack のワークスペース以外の人はそのポストを見ることができなくなります。

要注意 : #general のような、ワークスペースのメンバー全員が参加しているチャンネルでポストを共有すると、ポストを閲覧できるメンバーなら誰でもその共有リンクを作成することができてしまいます。もし問題がある場合は、プライベートチャンネル、またはダイレクトメッセージでポストを共有して、共有リンクの無断作成を防ぎましょう。

ワークスペース のオーナーと管理者は  設定 ページから、チームメンバーによる共有リンクの作成機能を無効にすることができます。

関連記事

最近チェックした記事