自分のアカウントを解除する

Slack ワークスペースから完全に退出したい場合は、いつでもアカウントを解除できます。複数のワークスペースのメンバーになっている場合は、それぞれのアカウントを 1 つずつ解除する必要があります。 

アカウントを解除しても、自分がワークスペースに追加したメッセージやファイルは削除されません。ワークスペースのオーナーや管理者によって許可されている場合には、アカウントを解除する前にメッセージファイルを削除することができます。

注意 : プライマリーオーナーのアカウントには、アカウント解除のオプションが表示されません。アカウントを解除する場合には、まずプライマリーオーナーの権限を他のメンバーに譲渡する必要があります。


自分のアカウントを解除する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「プロフィール & アカウント」の項目を選択します。
  3.   (その他)  アイコンをクリックして「アカウント設定を開く」をクリックします。
  4. スクロールして「アカウントを解除する」をクリックします。
  5. 「アカウントを解除する」にチェックを入れます。ワークスペース上にアプリをインストールしている場合は、どのアプリが無効になるかを Slack がお知らせします。ワークスペースのオーナーはこれらのアプリを管理することも、もう一度有効にすることもできます。
  6. 「アカウントを解除する」をクリックします。
  7. パスワードを入力して「パスワードの確定」をクリックします。

    アカウントはただちに解除されます。今後このワークスペースにもう一度参加したい時は、ワークスペースのオーナーか管理者に問い合わせ、アカウントを再開してもらいましょう。

解除のオプションが表示されない?ワークスペースのプライマリーオーナーがワークスペースから退出する時は、退出する前にそのワークスペースのオーナー権限を他のメンバーに引き継ぐ必要があります。権限を引き継いだら、アカウントの解除ができるようになります。


プロフィール情報を削除する

 プロフィール情報を削除したい場合は、アカウントを解除後にワークスペースのプライマリーオーナーに問い合わせましょう。ワークスペースのプライマリーオーナーがワークスペースを代表し、Slack に対しある個人のプロフィール情報の削除をリクエストすることができます。 

関連記事

最近チェックした記事