自分のアカウントを解除する

Slack ワークスペースから完全に退会したい場合、アカウントを解除することができます。複数のワークスペースのメンバーになっている場合は、アカウントを1つずつ解除する必要があります。 


自分のアカウントを解除する

注意: アカウントを解除しても、自分が Slack に投稿したメッセージやファイルは削除されません。もし削除したいコンテンツがある場合は、他の人の同意を持って、自分のアカウントを解除する前にそれらを自分で削除しておきましょう。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「プロフィール & アカウント」の項目を選択します。
  3.   (歯車のアイコン)をクリックします。 
  4. ブラウザで開いたページで、「アカウントを解除する」の項目を確認します。
  5. 「アカウントを解除する」 をクリックしてパスワードを入力します。
  6. 「はい、アカウントを解除します」をクリックして実行します。 アカウントはただちに解除されます。今後このワークスペースに再度参加したい時は、オーナーか管理者に問い合わせ、アカウントを再度有効にしてもらいましょう。

アカウントを解除するオプションが表示されませんか?あなたがワークスペースのプライマリーオーナーの場合には、このオプションは表示されません。詳しくは ワークスペースを削除する のページで確認してみてください。


プライマリーオーナーのアカウントを解除する

Slack ワークスペースには必ずプライマリーオーナーが存在する必要があります。ワークスペースのプライマリーオーナーがワークスペースから退会する場合には、退会する前に必ずそのワークスペースの オーナーの権限を他のメンバーに譲渡 しなければなりません。権限を譲渡後、このアカウントを解除することが可能になります。


プロフィール情報を削除する

 プロフィール情報を削除したい場合は、アカウントを解除後にワークスペースのプライマリーオーナーに問い合わせましょう。ワークスペースのプライマリーオーナーがワークスペースを代表し、Slack に対しある個人のプロフィール情報の削除をリクエストすることができます。 

関連記事

最近チェックした記事