ワークスペースを削除する

Slackのワークスペースを削除したら、戻す方法はありません:一旦削除したら、すべてのメッセージとファイルはリカバリー不可能なので、削除する際は十分注意して、削除する前にデータをエクスポートしておくことをまずおすすめします。

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプランのワークスペースはプライマリーワークスペースのオーナーしか削除することはできません。デフォルトでは、Enterprise Grid オーガナイゼーションに接続されているワークスペースはいずれも、プライマリオーナーの権限が OrG 内の他の誰かに譲渡しない限り、プライマリ OrG オーナーしか削除することはできません。

Tip: ワークスペースの名前や URL を変更したいだけですか?ワークスペースを削除する必要はありません—ワークスペース名 & URLの下のワークスペース設定ページから変更できます。

 

ワークスペースを削除する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

デスクトップから、プライマリーワークスペースのオーナーがワークスペースを削除する方法は以下の通りです:

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。 Team_Menu.png
  2. 「その他管理項目」から 「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ワークスペースを削除するまでスクロールダウンします。
  4. ワークスペースを削除する をクリックします。
  5. 本当にワークスペースを削除してよければボックスをチェックしてください。
  6. 自分のパスワードを入力したら、はい、ワークスペースを削除します  をクリックします。

デスクトップから、プライマリーOrG オーナーがワークスペースを削除し、Enterprise Grid オーガナイゼーションから外す方法は以下の通りです:

  1. Slack Enterprise Grid にサインインし、オーガナイゼーションの管理 をクリックします
  2.  オーガナイゼーション下のワークスペースをクリックしてください
  3. 本当に削除したいワークスペースを探して、その名前をクリックしてください。
  4. ワークスペースの設定を見るためにワークスペースの設定クリックしてください。
  5. ワークスペースを削除するまでスクロールダウンしてください
  6. ワークスペースを削除するクリックしてください
  7. ボックスをチェックして確認してから、プライマリーOrG オーナーのアカウントのパスワードを入力します。 
  8. はい、ワークスペースを削除しますをクリックします。

注意:ワークスペーウやEnterprise Gridオーガナイゼーションのシングルサインオンが有効でない場合、また Slack アカウントのパスワードを作成したことがない場合には、設定する必要があります。パスワードをリセットするには手順に従ってください。

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのプライマリーオーナーOrG のプライマリーオーナーのみがこの機能にアクセスすることができます。 
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事