Slack の NPO 支援プログラム

Slack の NPO 支援プログラムは、審査を通った団体に対し、1つのワークスペースの有料プランへのアップグレードを無料または割引価格で提供しています。詳細は次の通りです :

  • スタンダードプラン: メンバー数が250名以下のワークスペースに対して無料のアップグレード、250名を超える規模のワークスペースに対しては85%の割引を提供します。
  • プラスプラン: 規模にかかわらず、すべてのワークスペースに85%の割引が適用されます。

💡 これらの有料プランの詳細については、料金のご案内をご参照ください。 

注意 : Slack の NPO 支援プログラムの割引は Enterprise Grid プランをご利用のワークスペースには適用されません。


プログラム対象団体

IRS (米国)、所在地の税務署や慈善委員会、または所在地の TechSoup Global パートナーによって、その公益性が正式に認められている団体からの応募を受け付けています。

さらに、以下のいずれにも該当しない団体であることが必須となります :

  • 立法活動団体または政治活動団体
  • 教会、教会関連団体またはその他宗教団体
  • 学校、大学またはそれに関連する団体*
  •  行政機関
  • 世論に影響を及ぼそうとする団体
  • 病院、健康保険または団体健康保険制度に関連する団体、およびそれらの関連団体
  • 民営の助成金提供団体、独立財団または経営財団

*教育団体の場合は、Slack の 教育支援プログラムの対象となる場合があります。

さらに、以下のいずれも行わない 団体であることが必須となります:

  • 性別、人種、民族、出身国、宗教、政治的所属または指向、性的指向または性同一性や性別表現に基づいた差別
  • ミッションの一環またはサービスとの引き換えとした特定の宗教、教義または信条の宣伝(宗教団体の系列であるということだけでは応募不適とはなりません)


応募方法

まだ組織内で Slack を使っていない場合には、まず最初にワークスペースを作成する必要があります。すでに Slack をお使いの場合には、ワークスペースのオーナーから申請書を提出いただけます。

準備が整いましたら、Slack の NPO 支援プログラム応募フォームに記入してください。団体の登録名、所在地、Webサイト、団体についての簡単な説明の記入が必要になります。


審査のプロセス

対象となるワークスペースにアップグレードを提供するために、Slack は非営利性および公益性の評価および検証を支援するサービス、TechSoup と提携しています。

もし今回の応募が認可されなかったとしても、団体の公益性に今後変更があった場合は、ぜひまたご応募ください。それまでの間、Slack のフリープランを引き続きご利用いただけます。

Slack の評価プロセスについて

Slack は誰にでも使えますが、すべての組織が本プログラムの適格要件に合致するわけではありません。Slack では資格要件に関するガイドラインを設けて、オーガナイゼーションの資格を独自の基準で審査しています。Slack は、いつでも、またどんな理由でも、オーガナイゼーションの申請または参加を承認または拒否し、当社の資格ガイドラインを追補または変更できるものとします。


請求額の変更

Slack NPO 支援プログラムへ認可された団体(おめでとうございます!)には、メールによる通知が送信され、3日以内に無料のアップグレードまたは割引が適用されます。

注意 : Slack NPO 支援プログラムへ認可される前にお支払いいただいた利用料の払い戻しはできませんので、ご注意ください。

関連記事

最近チェックした記事