リファラー情報を管理する

ウェブサイトやサービスの中には、ユーザーのサイト訪問元(または参照元)を記録するものがあります。これは、メンバーが Slack 内で共有されたリンクをクリックした場合、外部サイトへの訪問がトラッキングされ、結果としてワークスペースや OrG の URL がそのトラッキング内容に含まれる可能性があることを意味します。

このため、Slack のデフォルト設定では、外部 Web サイトのログからワークスペースや OrG の URL を隠すように設定されています。 メンバーが Slack でリンクをクリックした場合、リダイレクトを経由してページへ移動するため、ワークスペースの情報は削除されます。これらすべては 自動的に行われるので、 何の操作や手続きも必要ありません!

このリダイレクト機能を無効化し、 Slack の URL を外部サイトと共有する必要が生じた場合には、オーナーと管理者は次のステップで無効化を実施することができます。

 

Slack リファラー情報の管理

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーや管理者が変更を行う方法は以下の通りです:

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。 Team_Menu.png
  2. メニューから ワークスペースの設定選択します
  3. 外部 Web サイトのログからワークスペースの URL を隠すまでスクロールダウンします
  4. 開くクリックして外部 Web サイトのログからワークスペースの URL を隠す横のチェックを外します
  5.  Save  をクリックして設定を保存します。

個々のワークスペースレベル

デスクトップからワークスペースのオーナーや管理者が変更を行う方法は以下の通りです:

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。 Team_Menu.png
  2. メニューから ワークスペースの設定選択します
  3. 外部 Web サイトのログからワークスペースの URL を隠すまでスクロールダウンします
  4. 開くクリックして外部 Web サイトのログからワークスペースの URL を隠す横のチェックを外します
  5.  Save  をクリックして設定を保存します。

Enterprise Grid オーガナイゼーションレベル

Org のオーナーや管理者が、Enterprise Grid オーガナイゼーションに接続されたすべてのワークスペースのポリシーを管理する方法は以下の通りです:

  1. デスクトップから Slack Enterprise Grid にサインインし、オーガナイゼーションの管理をクリックします
  2.   設定から、OrG のポリシーをクリックします。
  3. 外部リンクのリファラー情報を非表示にするのとなりのポリシーを追加するをクリックします。
  4. ブラインド転送で外部リンクを実行し、リファラー情報を非表示にするとなりのボックスのチェックを外します
  5. ポリシーを保存するをクリックします
誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペース のオーナー/管理者 OrG のオーナー/管理者が この機能にアクセスできます。 
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事