リファラー情報を管理する

Webサイトやサービスの中には、ユーザーがサイトに訪問した時にどこから来たのかと言う情報を記録している場合があります。これは、ワークスペースのメンバーが Slack 上で共有されたリンクをクリックした場合に、その訪問が記録され、ワークスペースの URL がその記録に含まれる可能性があると言うことです。

Slack のデフォルト設定では、外部 Web サイトのログからワークスペースの URL を隠すように設定されています。 メンバーが Slack でリンクをクリックした場合、リダイレクトを経由してページへ移動するため、ワークスペースの情報は削除されます。これらすべてはnbsp自動的に行われるので、nbsp何の操作や手続きも必要ありません。


 外部 Web サイトのログからワークスペースの  URL を隠す

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2.  Settings (設定) を選択します。
  3.  Hide your workspace URL from external sites’ logs  (外部 Web サイトのログからワークスペースの URL を隠す) までスクロールダウンします。
  4. Expand (開く) をクリックして、 Hide your workspace URL from external sites’ logs (外部 Web サイトのログからワークスペースの URL を隠す) の横のチェックを外します。
  5.  Save  (保存する) をクリックします。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースの オーナー 管理者のみが この機能にアクセスすることができます。 
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事