プライマリーオーナーの権限を譲渡

ワークスペースまたはオーガナイゼーションのプライマリーオーナーは、Slack で最高レベルの権限を持ちます。新しいワークスペースまたはオーガナイゼーションを作成すると自動的にその作成者がプライマリーオーナーになりますが、このオーナーの権限は希望に応じて他のメンバーに譲渡することができます。

プライマリーオーナーの権限について :

  • Slack for Teams (フリー、スタンダード、プラスプラン) 
    ワークスペースのプライマリーオーナーはメンバーをワークスペースのオーナーまたは管理者に任命することができ、また、ワークスペースを削除することもできます。
  • Slack Enterprise Grid
    OrG のプライマリーオーナーは、そのオーガナイゼーション全体 (またそこに接続されている個々のワークスペースすべて) を管理できます。OrG オーナーの種別を変更したり、オーガナイゼーションの管理者ダッシュボードへのアクセス権を取り消すことができます。 

ご注意ください :   オーナーの権限を他のメンバーに譲渡すると、その変更は即座に有効となり、この変更を自分で取り消すことはできません。(ですが、譲渡したメンバーによって、自分に権限を戻してもらうことは可能です。)


オーナーの権限を譲渡する方法

責任内容が変わった場合など、プライマリーオーナーの権限を他のメンバーに譲渡したい場合には以下の手順に従ってください :

Slack for Teams

Slack Enterprise Grid

ワークスペースのプライマリーオーナーの権限を譲渡する : 
  1.  オーナーの権限の譲渡  ページ :  my.slack.com/admin/transfer にアクセスします。
  2. ワークスペースの次のプライマリーオーナーになる  メンバーを選択 します。
  3. 自分の Slack アカウントのパスワードを入力 して、譲渡を確認します。
  4. ワークスペース のオーナーの権限をクリックする。

Slack ワークスペースでのあなたの権限は即座にワークスペースのオーナーの役割に変更されます。

OrG のプライマリーオーナーの権限を譲渡する :

OrG のプライマリーオーナーの権限を他のメンバーに譲渡したい場合は、わたしたちまでお知らせください。 feedback@slack.com 宛てに、オーナーの権限を譲渡したい相手のメールアドレスをお送りください。 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのプライマリー オーナー または  OrG のプライマリーオーナー のみがこの機能にアクセスすることができます。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事