プライマリーオーナーの権限を譲渡

ワークスペースや Enterprise Grid OrG のプライマリーオーナーは、他のメンバーにオーナーの権限を引き継ぐことができます。今の仕事を離れる時や、Slack 内の担当者を変更したい時は、次の手順でオーナーの権限を引き継ぎます。

引き継ぎのしくみ

  • ワークスペースや OrG のオーナーの権限を引き継げるのはそのワークスペースや OrG のプライマリーオーナーのみです。
  • オーナーの権限は既存のメンバーのみに引き継ぐことができます。
  • ワークスペースから退会する時は、アカウントを解除する前にプライマリーオーナーの権限を引き継ぐ必要があります。

注意 : 権限の引き継ぎはすぐに発効し、元に戻すことはできません。ただし必要であれば、新しいプライマリーオーナーがワークスペースや OrG の所有権を元のオーナーに引き継ぐこともできます。

オーナーの権限を引き継ぐ方法

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのプライマリーオーナーはひとつのワークスペースの管理をすべてを行います。ワークスペースの削除、他のワークスペースのオーナーや管理者の任命と解任、プライマリーオーナーの権限の他のメンバーへの引き継ぎなどを行えるのは、プライマリーオーナーだけです。


ワークスペースのプライマリーオーナーは、次の手順で他のメンバーにオーナーの権限を引き継ぐことができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、「メンバーの管理」を選択します。
  3. ワークスペースのプライマリーオーナー (あなた) のアカウントの右側にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  4. 「オーナーの権限を引き継ぐ」をクリックします。
  5. 次にワークスペースの新しいプライマリーオーナーとなるメンバーを選択します。
  6. 自分の Slack アカウントのパスワードを入力して、譲渡を確認します。
  7. 「ワークスペースのオーナーの権限を引き継ぐ」をクリックします。

    引き継ぎはすぐに行われ、あなたの役割は、ワークスペースの プライマリーオーナーから ワークスペースのオーナーに切り替わります。

Enterprise Grid OrG 内には、OrG 全体のプライマリーオーナーと OrG に接続された個別のワークスペースのプライマリーオーナーの 2 種類のプライマリーオーナーの権限があります。権限のレベルにより、以下のワークスペースレベルOrG レベルのいずれかの手順を用います。


ワークスペースレベル

ワークスペースのプライマリーオーナーはひとつのワークスペースの管理をすべてを行います。ワークスペースの削除、他のワークスペースのオーナーや管理者の任命と解任、プライマリーオーナーの権限の他のメンバーへの引き継ぎなどを行えるのは、プライマリーオーナーだけです。


ワークスペースのプライマリーオーナーは、次の手順で他のメンバーにオーナーの権限を引き継ぐことができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、「メンバーの管理」を選択します。
  3. ワークスペースのプライマリーオーナー (あなた) のアカウントの右側にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  4. 「オーナーの権限を引き継ぐ」をクリックします。
  5. 次にワークスペースの新しいプライマリーオーナーとなるメンバーを選択します。
  6. 自分の Slack アカウントのパスワードを入力して、譲渡を確認します。
  7. 「ワークスペースのオーナーの権限を引き継ぐ」をクリックします。

    引き継ぎはすぐに行われ、あなたの役割は、ワークスペースの プライマリーオーナーから ワークスペースのオーナーに切り替わります。

OrG レベル

OrG のプライマリーオーナーは、Slack Enterprise Grid オーガナイゼーション全体とそれにつながっている個々のワークスペースのすべての管理を行います。他の OrG オーナーの種別を変更したり、管理者ダッシュボードへのアクセス権を取り消すことができます。


OrG のプライマリーオーナーが他のメンバーにオーナーの権限を引き継ぐ時は、Slack にお任せください。

  1. このフォームを使用してSlack までご連絡ください
  2. 必ず OrG の新しいプライマリーオーナーになるメンバーのメールアドレスを添えてください。

    次の手順について Slack チームができるだけ早くご連絡します。

Tip : Slack メンバーの種別と権限について基本をチェック : 個別のワークスペースまたは Enterprise Grid OrG で利用可能な内容を確認してみましょう。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • オーナーの権限を引き継げるのは、ワークスペースのプライマリーオーナーまたは OrG のプライマリーオーナーのみです。
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事